TOP > イククルコラム > ≪一生恋人なしでもいいの?≫恋愛無精から脱却して新しい恋を始めよう!

≪一生恋人なしでもいいの?≫恋愛無精から脱却して新しい恋を始めよう!

  • 2013年02月08日    



    男女ともに恋人がいたことがない人や現在恋人がいないという割合が増えているようです。出会いから発展まで、全ての恋愛過程が面倒くさい。確かにそれはあるけれど、それを乗り越えてこそ初めて幸せを得られるのです。

     

    ◎恋愛が面倒くさい理由その1

    仕事は忙しい上、スキルアップも必須。プライベートは自分磨きや趣味、友達付き合いでスケジュールはいっぱい。さらに恋愛のために時間を割いたり、エネルギーを注ぐなんて無理だし、そもそも好きになれそう人がいないから相手を探すのが面倒くさい!そんな風に、一から恋愛関係を築くのすら億劫だと思っている人が少なくありません。

    恋愛を面倒くさがる大きな理由として、1人でいることの気楽さが挙げられます。何をするにも自分の都合を優先できて、自由気ままに動くことができます。“おひとりさま”を満喫している人は、どうしても恋愛が面倒くさくなりがちなようです。濃いコミュニケーションが必要なわりに、傷つくリスクも高い恋愛は、気楽さからは一番遠いところにあると言えるでしょう。

    束縛を嫌う人も、ここにカテゴライズされます。恋人からの詮索が苦手で、存在を重く感じてしまうような人ですね。買い物だって、夜遊びだって気兼ねなしでしたいから、面倒な恋愛はあえて避けるのです。

    自分1人で全てをコントロールできる 身軽な生活は、相手が不在の恋愛レスだからこそ成立するのでしょう。

     

    ◎恋愛が面倒くさい理由その2

    昔とは違い、個人の価値観が多様化し、趣味や娯楽も増えた現代社会において、もはや恋愛の優先順位は高くありません。面倒くさがる理由の2つ目として、恋愛よりもたくさん楽しいことがあるので、手間ひまかかる恋愛は敬遠という結論に達したようです。

    恋愛ものの作品を多く執筆していますが、“どっぷり恋愛もの”というよりも、“恋愛テイスト”が軽く含まれるストーリーの方が読者受けが良い傾向にあります。メインテーマは別にあって、そこにスパイスとして恋愛の要素を入れるというスタイルです。

    リアルな恋愛も静かで落ち着いた関係をゆるゆると続けている人たちが多い印象ですね。恋愛スイッチがなかなか入りづらい状況を感じます。恋愛至上主義は今どき古いというか、全ての気持ちを恋愛に向ける気持ちが理解できないとか、そこまで恋愛に入れ込む意味が分からないという人が増えているようです。

    人間を「好き」の対象にすると、思い通りにいかないことが多くて面倒くさくなってしまいます。そう考えると、他のことやものを大切にした方が、ずっとずっと楽ちんだし面白いのですね。

     

    ◎面倒くさいのが恋愛

    ぶっちゃけ、恋愛なんてしなくても生活に支障はないし、結婚していなくても何ら不自由はありません。むしろ、しない方が生活に余裕が出ることすらあります。

    煩わしさが先行して恋愛へのハードルが高くなっている昨今ですが、恋愛も対人関係もその“面倒くささ”が醍醐味とも言えるのはないでしょうか。

    せっかくの自分磨き、異性からの反応を感じた方が楽しくないですか?異性からの視点で磨かれる魅力もあります。感情を激しくやりとりする恋愛は、自分を高めるために大いに役立つものです。恋愛は、しないよりもした方が、断然に人として深みが出ます。心の成長というか、感情を育む素晴らしい機会です。

    人を大切にし、愛して愛される特別な気持ちをぜひとも感じて欲しいものです。

     

    ◎それでもやっぱり恋をしよう〜1人より2人で感じる幸せな時間〜

    おひとりさまや恋愛未満の状態は確かに楽ちんですが、「面倒くさい」なんて理由で恋愛離れになるなんてもったいない!と思いませんか?

    寂しいとき、困ったとき、切ないとき、悲しいとき…ネガティブな気持ちでいるときに、救ってくれるのは愛おしい人です。手を差し伸べてくれて、抱きしめてくれる人の存在は自分を強くするものです。

    友達や家族とは違う次元で愛してくれる恋人やパートナーという大事な人とは、1+1=2以上の感情を生み出すことができます。1人でいるよりも当然大きいし、単純に2倍じゃない、楽しさや幸せを感じることができるのです。

    メリットよりもデメリットが多いように言われる恋愛や結婚ですが、損得勘定で計ることのできない価値が多いということを知って欲しいと思います。

    大変なことは2人で分かち合うことで早く立ち直れるし、乗り越えることができます。そして、幸せは2倍以上の喜びになる…なんて、小説やドラマのセリフでも昔から言われ尽くされたありきたりな言葉ですが、あながちウソじゃないですよ。恋愛や結婚を面倒と切り捨てる前に、体験することをオススメします。