TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫“不倫バレ”のリスクを避ける方法

≪人妻ユイの不倫文化論≫“不倫バレ”のリスクを避ける方法

  • 2016年06月22日  仮屋園 ユイ   



    最近、芸能人の不倫がニュースを賑わせていますね。バレるリスクが人一倍高いともいえる、広く知られている芸能人でも不倫にのめりこんでしまう…不倫には、不思議な魔力があるように感じてなりません。不倫バレのリスク管理をきちんとできているかどうかで、不倫の未来が大きく変わります。不倫は一体、どこからバレてしまうのでしょうか。バレずに不倫を楽しむために、不倫のリスク管理について考えていきましょう。

     

    【一番気をつけておきたいのがスマホ管理】

    不倫や浮気がバレる原因として一番考えられるのが、スマホです。しっかりと画面をロックしておかなかったために、不審に思ったパートナーにチェックされて情報や行動が筒抜けになってしまう場合が危険です。不倫バレを防ぐスマホの管理について望ましいことをいくつかご紹介します。

    ・画面は必ずロックをしておく
    画面ロックしていない人が結構多いのですが、これは危険すぎるので今すぐにロックしましょう。怪しいなと勘繰ったパートナーがいつでもチェックできる状態でスマホを置いておくのは自殺行為といえます。不倫をするということはとてもリスキーな行いをしているということ。バレる可能性があるものに鍵をかけてしまっておくのは当然の行いです。

    ・ロックのパスワードは推測できないものにしておく
    せっかく画面をロックしても、パスワードを簡単なものに設定してしまっていては仕方がありません。また、文字でのロックではなくパターンでのロックを設定してしまっている方は、指の動きでパターンを推測されてしまう可能性があるので必ず文字でのロックにしましょう。数字とアルフェベットを絡めて強固なものに設定をしておくことを忘れずに。自分自身もロック解除に手間取るくらいのほうが、安心できます。パスワードを解除される心配がなければ、お風呂やトイレにもスマホを持ち込まずに済みますよね。スマホをパートナーの目が届く範囲でフリーの状態にしておけるということは、パートナーにとっても「スマホを肌身離さず持ち歩いてないから安心ね」という意識になれるので望ましいといえます。

    ・LINEは使わずフリーのメールアドレスで連絡を取る
    いつでも手軽に連絡を取ることができるLINEで不倫相手と連絡を取るのは大変危険です。危険な行為はやめて、無料で取得できるメールアドレスを不倫専用にすることをオススメします。自分で管理できるようにするのが大事ですが、頻繁にログアウト等を行ってそのフリーのアドレスを取得していること自体を悟られないようにするのが大事です。

     

    【つじつまを合わせる“ウソ”はしっかり覚えて】

    内緒で時間を作って会うためには、ウソをつくことが必要になってくることでしょう。その際に、つじつまを合わせるためにウソにウソを重ねることがあるかもしれません。そんなときに必要になってくるのは“ついたウソの管理”です。自分がいつ、どういったウソをついているかを把握しておかないと、自分でパートナーに隠し事をしているのをバラすことになってしまいます。ウソにはウソを重ねなければなりません。メモをするのも危険ですのでいかに自分にウソを覚えていられるかが勝負所になります。

    マメな人でなければ浮気ができないとよく言いますが、それは自分のウソの管理ができるくらいマメでなければ浮気がすぐにバレてしまうからと言っても過言ではありません。

     

    【人の口には戸が立てられぬ…と肝に銘じましょう】

    見られたくないときに限って、口数の多い人に見られてしまったりすることってよくありますよね。出会いたくないと思っている人と、なぜかバッタリ会ってしまって「あのひと、奥さん(旦那さん)以外の異性とコソコソ会ってた…」なんて噂をされてしまうと大惨事になってしまいます。人の口には戸が立てられぬということわざの通り、見られたくない人に見られてしまっては元も子もありません。いかに知人友人に見られないようにするかが肝心です。筆者が実践していることとして2つ挙げてみました。

    ・近所では不倫相手と会わない
    近場でサックリあって、欲望を満たし合いたいと思ってしまいがちですが、不倫こそ遠くで時間とお金をかけて会う必要があります。あまりに身近な相手を選んだり手頃に会おうとしてしまうと、ご近所さんに目撃されてしまう可能性があります。

    ・仕事の体で会うことを徹底する
    もしも知人友人に見られてしまっても、「あれは仕事の関係の人だよ」という言い訳ができればこちらの勝ちです。仕事相手は男性女性問わず、関わりを持つことは想定できます。仕事の体で会うということを徹底しておくとみられても安心ですよ。

    いかがでしたか?不倫を今すでに楽しんでいる人も、これからそういう出会いに恵まれればするかもしれないと思っている方も、不倫バレのリスク管理をしっかりと行って、テレビで懺悔している芸能人のようにならないようにお気をつけくださいね。