TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫お金が壁になった不倫関係

≪人妻ユイの不倫文化論≫お金が壁になった不倫関係

  • 2016年05月11日  仮屋園 ユイ   



    男女のお付き合いには、少なからずお金が必要になります。それは誰しもわかっていることなのですが、不倫に関して言えばその傾向は普通の恋愛よりもさらに顕著になると感じています。自宅で簡単に会うわけにはいきませんし、相手を繋ぎとめておくためのプレゼントやディナー等、投資が必要になってきます。今回は、すごく素敵な人だったのに、金銭的な問題で別れざるを得なくなった不倫関係についてお話をしていきたいと思います。

     

    【性格も顔も◎!でも、なんだか服装が…】

    彼との出会いは友達の紹介。「すっごくイイ奴なんだけど、ずっと彼女が出来ないんだよね…」と連絡を受けて、「彼女が出来るように色々レクチャーしてあげて!」と言われてLINEのIDを紹介されました。わたし自身、もう人妻だし恋愛関係には陥らないだろうと踏んで、恋に不慣れな彼の恋愛相談相手にわたしを紹介したのでしょう。わたしとしては、せっかく紹介してもらったんだから味見くらいはしておきたいものです。LINEを始めて、段々と親密になっていきました。すると、簡単に彼のウィークポイントが明らかになったのです。そればズバリ“金銭的な問題”でした。

    彼の服は、なんだかとても年期が入ったようなものばかり。会う日も会う日も毛玉のついたようなカーディガン…流行を追うわけでもなく、可もなく不可もなくという服装で毎回会いにくるので、心を痛めながらも「モテたいなら服装なんとかしないと」と指摘することにしました。そして一緒にショッピングに行くようになり、段々と彼とわたしの心の距離は縮まっていきました。

     

    【聞けば薄給。格差が否めない2人に】

    彼は、大学生活に必要な学費を奨学金で調達していたようで、社会人になった今、その返済に追われているというのです。そんなの、たくさんいるよ!という意見が聞こえてきそうですが、実はこれが大問題。大卒でも、彼が就職できたのは地元の零細企業で、お給料から税金が引かれ、奨学金の返済で引かれ…となると、ごくごく少額しか手元に残らないというのです。しかも、それなのに親への仕送りはしているというから泣けてきます。「今まで、ここまで、育ててくれたからこれは当然こと」と苦しそうな表情をひとつせず、凛として言い放った彼の男気に感動したくらいです。でも、結局はわたしとは金銭的な格差が発生してしまいました。待ち合わせ場所がファミレスになったり、ディナーが大衆店になったりと不倫関係には向かない“たくさんの人の目に触れる場所”で会うことが増えてしまったんです。

     

    【愛があればOKなのは“普通の恋愛”だけ】

    「愛とお金、どっちが大事?」なんて質問、誰もが一度は聞いたことがあると思います。わたし自身も、独身の頃に恋愛をしていた頃「お金なんてなくたって、愛さえあればなにもいらない」なんて思っていました。でも、現実問題はそんなことはありません。お金ってとっても大事で、特に不倫にはお金がかかります。足がつかないように手間がかかる関係ですし、お金もかかる関係なんです。うち来る?なんて簡単に言えないので、ホテルを一部屋取らなければいけません。2人きりになるのであれば、地元から離れた場所で会わなければなりませんので移動に交通費もかかります。先ほど少し触れましたが、大衆店で食事をしていると多くの人の目に触れることになりますので、あまり人がガヤガヤこないような格式の高めな店、しかも個室完備の店での食事が一番安心できます。そういうお店は、やはり大衆店よりもお金が高くついてしまうものです。

    大好き同士の2人であれば、どんなお店で食事をしたって平気です。お金がなければ家に行って、二人でテレビを見てお菓子をつまんで、ラブラブしているだけで大満足ですよね。でも、不倫にはそういうお金を使わないデートが出来ないのです。彼とはもっと会いたいと思いましたし、なんでも買い与えてイケてる男に仕立て上げたいと思いました。でも、“わたしと会うこと”そのものが彼にとって負担になっていることに気付いたんです。

     

    【彼のために別れを選択し、涙…】

    大好きだからといって、必ず結ばれる2人とは限らないのと同じ…不倫も、気が合うなぁ、波長が合うなぁ…と思っても関係を続けるべき人とそうでない人がいるんです。彼の場合は、わたしにとっては後者でした。このまま彼と一緒に過ごす時間を増やしていくと、彼はわたしの生活水準に合わせてムリをすることになるでしょう。ムリをしていることを隠して会おうとするでしょう。

    彼は友達がいうように本当に性格が良く、人懐っこくて気も利くイイ男でした。でも、彼にはお金が無かった。そこから、自身の無さにつながってしまっていました。そんな彼を変えてあげたいと思う反面、男としての彼を見てみたくなりました。彼ともう会わないと決めたとき、自然と涙が出たのを覚えています。恋愛以上に不倫にはお金は大事、この一言に尽きます。