TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫なぜか不倫ばかりする心理状態

≪人妻ユイの不倫文化論≫なぜか不倫ばかりする心理状態

  • 2016年08月04日  仮屋園 ユイ   



    不倫はいけないこと…そうわかっているのに、なぜか不倫ばかりしてしまう人っているんです。わたしのように既婚者だと、これから先離婚するまで出来る恋愛といえば不倫しかありえないのですが、実際のところ独身なのに既婚者相手にばかり恋心を抱いてしまうという人ってたくさん存在します。そういった人の心理は、どういった状態なのか…今回はそんなお話をしていこうと思います。

     

    【見た目は普通、真面目な人ほど不倫する】

    不倫人妻のわたし自身、特別きれいな方ではなくむしろ中の下かしらと思います。それでも不倫相手が尽きないのは“マジメ”だからかな?と思っているんです。不倫なんてしておきながら、マジメだなんて矛盾している!とツッコミを入れられそうですが、真面目な人でなければ不倫なんてやってられません。基本的に相手と都合を合わせることだけでも難しく、通常の恋愛よりも“待つ”ことや“我慢”が多いんです。まぁその分、欲求が満たされたときの快感は大きいのですけれどね。なので、顔面ハイスペックで恋愛し慣れている人は時間的にも精神的にもコスパの悪い不倫をするとは考えにくいんです。今までそこまで恋愛をしてきていない人、真面目で相手の都合に合わせることができる献身的な人そして、自分の思いが少しでも満たされたときに得られる快感への耐性がない人が不倫してしまう傾向にあると感じています。

    わたしも、主人と結婚してしまった時点で、マトモな恋愛経験はほぼゼロといっていいほどでした。恋愛なんて叶う人はそうそういないし、1番好きな人と結ばれる幸せな人間なんてごくわずか…生活に困らない程度の経済水準での暮らしが一生保障されるならと思って籍を入れてしまったんです。フタを開ければ、不倫妻。愛されることの快感への耐性がありませんから、ちょっとの愛と刺激で満たされて、またそれを求めて…と、ある種の中毒のような感じでしょうかね。真面目そうな見た目のおかげで、不倫を望む男性からのニーズがあるのがありがたいところ。綺麗な女性は普通にしても目立ちますから、不倫相手にするには向いていない…真面目で不倫を秘密にできそうな風貌、そして地味で目立たない空気感の人が不倫しやすいのでしょう。

     

    【誰でもわかる潔い“嘘”なら許せる心理】

    不倫にどっぷりハマってしまったという30代の友人女性がいます。そんな恋なんてする予定はなかったと声を大にして話す彼女。それには、前の恋愛でのつらい過去の影響がみえました。

    「前の彼に浮気されて別れた。男って、ウソが苦手。それなのに平気でウソをつく。こっちはなんでそんなウソをつくのか不思議で仕方ないんだけど…。それで傷心中に、出会いの場をもたないと!と思って通い始めたフットサルサークルで今の彼と恋仲に。既婚者だから、ウソをついて当たり前。それがなんか逆に清々しくって、不思議と許せちゃう。」

    浮気が理由で別れた友人は、今、某大手証券会社勤務の男性と絶賛不倫中。彼は彼で奥さんも子供もいながら、その友人とはカラダの関係までもってしまっているから下衆ですよね。それでも友人がその男性を許せるというのは、“潔いウソ”だからというから笑えます。「わたしにウソをついて奥さんのところへ帰る。奥さんの前ではウソをつき、わたしのところに会いにくる。まさに男って感じで許せる。自分の思いに素直だから、変に飾ってバレバレな嘘で固めた男よりも、堂々と不倫している彼のほうが余程いい男だと思って」

    言いたいことはわかります。信じて裏切られるくらいなら、最初から信じ過ぎないことが大事かもしれませんよね。それって少し、寂しい気がするのですが…それでも彼と会うとき、彼女は心もカラダもお財布も潤わせてもらっているようで満足しているみたいです。

     

    【悲劇が終わらないのは、即効性を求めるから】

    ケンカして、またラブラブして、ケンカして…と、通常の付き合いではケンカがつきもの。でも、不倫だと下手にケンカしてしまっては別れの危機になってしまいます。ケンカという時間もエネルギーも使うトラブルを目一杯避けられるのも不倫のいいところ。仕事熱心で真面目な方は、恋愛する暇も労力も惜しいといいます。不倫という恋愛の一種の悲劇を繰り返してしまう人は、恋愛に“即効性”を求めるからなのではないでしょうか。ダラダラ片思いするまでもなく、不倫はイエスかノーの2択。面倒なことを避けて、一気に秘密の恋愛関係へワープできます。仕事優先の生活の人のほうが、不倫相手に待たされることも平気なので不倫の辛さを感じずについ、続けてしまいがち。手っ取り早く恋愛ができる…この世から不倫が無くならないのは、そういった魅力があるからなのでしょう。

    まさか自分が!とか、自分の友達が不倫なんて…と思っている人に限って、好きになった相手が既婚者だったというパターンに遭遇しやすいので、どうかご注意を。そして、不倫を否定するのは簡単ですが、自分の気持ちを否定するのは難しいことです。既婚者が気になってしまったときはどうか頑張って、自分の中の素直な気持ちと倫理観とを向き合わせてみてほしいと思います。