TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫なぜか見透かされる…女心がわかる男と不倫

≪人妻ユイの不倫文化論≫なぜか見透かされる…女心がわかる男と不倫

  • 2016年04月06日  仮屋園 ユイ   



    最近のユイは少々大人しくしています。それはなぜかというと、心が満たされているから。もちろん、主人に満たされているワケではありませんよ。生活に新しい男性を必要としないワケは、今の不倫相手が最高に女心のわかる男性で、心地良いお付き合いが出来ているからです。なぜか心が見透かされているような、女子力が高い男性とのお付き合いがどんなものなのかをお話ししてきます。

     

    【可愛らしい見た目と、女子っぽい性格でラク】

    女心のわかる彼との出会いは実は数年前。共通の友達がいて、海で遊んだときに居合わせた一人でした。そのときはなんの意識もしていませんでしたが、ほんの数か月前偶然に街で会ったんです。カフェで隣の席に座っていて、「あれ?ユイさんですよね…?」って声をかけられて。なんで彼を覚えていたかというと、彼の顔がとっても可愛らしい顔だったから。小柄で細身、パッチリ二重の彼は、中性的でインパクトがかなりあったんですよ。そこで話をして意気投合して、連絡先を交換しました。

    彼とのLINEは可愛らしいスタンプ満載で、文字だけで最低限のやりとりしかしない主人との味気ないLINEとは大違い!女子特有の“話を聞いてもらいたい”というのをわかっているのか、彼はわたしのつまらない長話にも積極的に付き合ってくれましたし、ただ側にいて欲しいときにはそれらしい一言を発するとすぐに飛んできてくれました。女心が抜群にわかる男性なんです。

    彼はわたしが既婚者であることを知っていましたし、彼は独身だけど彼女がいるのも知っていました。それでも「2人で会おう」という展開に。きっと彼もなにか満たされていない部分があったんでしょうね。わたしもちょうどその時の、当時の不倫相手に飽きていた頃だったので、まさに渡りに舟。ラッキーと思って2人で会うようになりました。

     

    【“不倫=不潔”なイメージを払拭するほどの付き合い】

    不倫といえば、家庭がありながら“女”や“男”の部分を全面に出す…なんだか不潔なイメージが付きまといますよね。でも、彼とのデートはそういった不潔な感じがしないんです。彼の見た目の爽やかさが良いのかもしれませんし、彼の気遣いが不倫関係というよりも恋人同士という感じだからかもしれません。とにかく、彼とのお付き合いは本当に清潔。食事に行っても遊びに行っても、まさか2人が不倫関係だとは見えない感じです。取材のパートナーとして飲食店に行ったこともあります。ビジネスパートナーとして一緒に行動していることにすれば、主人も変な疑いを持つことはありません。連れて歩いても怪しまれないほど、恋人同士のような2人になれたのです。それでいて気が利いて、共感してもらえて、負担になるようなことを言ってこないんですから…これはもう、心が満たされて当然!

     

    【欲を言えばもっと刺激が欲しいかも…】

    彼とカラダのお付き合いをするようになったのは、ビジネスパートナーとして取材に同行してもらうようになってから2か月後でした。ホテルのレストランで一緒に食事をしたあとのこと。「部屋とったんだけど、どうかな」と彼が一言。こんなに可愛らしいルックスで、女心がわかる(というよりもう心は女子?)感じの彼が、いきなり男らしさ全開のお誘いだったので、キュンとしちゃいました。もちろん、うなづいて彼とは時間差で部屋に行きました。スイートというわけでもなく、普通のシングルの部屋だったけれどホテルメイドのケーキを用意しておいてくれました。シャワーを先に浴びさせてもらって、ワインを飲みながらケーキを食べて、それからたっぷり時間をかけて繋がりました。

    セックスそのもののテクニックがあるわけではなくって、ごくごく普通の愛し方かな?という印象。特別立派なモノを持っているわけでもなかったけれど、前戯にとっても時間をかけて丁寧にしてくれたり、挿入中もこっちを気にして手を添えたり握ったり…。ただただ乱暴に抱かれても、なんだか不安になってしまうし、最初のセックスくらいは優しすぎるくらいが心地良いと思っている派なので、ここも女心がわかっているんだなぁと心で満たされました。ただ欲を言えば、もっと刺激が欲しいかなといったところ。抱き方も、最初から最後まで優しく丁寧だったし、フィニッシュへ向けて一直線というところくらいは思いっきり激しく男の顔を見せてくれても良かったのになぁと思いましたよ。

     

    【ガツガツしなくなった自分に危機感】

    そんな女心がわかる優しくて可愛らしい彼との不倫関係が始まってからというものの、わたし自身がガツガツしなくなったと感じます。前であれば、不倫相手が2〜3人いてもなんとなく心細かったり、足りないものを補うために新たな男性と出会うために新規開拓をしたりしていたのに、最近はそういうことも全然しなくなってしまいました。心を満たすための不倫をする性格なせいか、彼によって心が十分に満たされているので全然他を求めなくなってしまったんです。

    ここで問題になってくるのが、彼を失ったときの喪失感。もしも、彼が目を覚ましてわたしの元から去っていったしまったとき、わたしは荒れてしまうと思います。彼に夢中になりすぎて、自分自身がダメになってしまわないように気を付けて過ごそうかなと考えているのでした。