TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫ツラく悲しい不倫から立ち直るために

≪人妻ユイの不倫文化論≫ツラく悲しい不倫から立ち直るために

  • 2015年10月21日  仮屋園 ユイ   



    恋は盲目、そして麻薬。その時々は自分のベストを選んで進んでいるはずが、気が付いた時にはおかしな方向へ進んでいってしまい、取り返しの付かない恋をしてしまうことも…。ツラく悲しい不倫を経験してしまった女性は、いったいどう立ち直っていくのでしょうか。不倫経験のある女性に、お話しを伺ってみました。

     

    【既婚者なのに好きになっていた】

    不倫なんてするつもりは毛頭ありませんでした。ハッキリと言いきってくださった女性は30代前半でピアノ講師をしている女性です。周りの友人知人と同じように恋愛をして結婚をしたいと思っていたごくごく普通の女性が、なぜ不倫をしてしまったのかというと、気が付いたら好きになってしまっていた、とのこと。「合コンで知り合った彼。まさか既婚者だとは知らず2人で会うようになり、そろそろ…と思った時期にカミングアウトされました。そのときにはもう遅くって…好きになってしまっていました。」

    お子さんはいなく、奥様と不仲で離婚秒読みだと聞かされていたそうで…彼が本当に奥さんと離婚してくれるのをただひたすらに待ち続けていたんだとか。「お付き合いを始めたのが24歳のときで、結果6年間も関係を持ち続けていました。」

     

    【相手の本心が見えなくて泣いた日】

    「奥さんと不仲で別れると言っていたのに、全然別れてくれない。ケンカしたとか出て行ったとか言うくせに、肝心の離婚をしてくれなくって。わたしの年齢はもう30代間近になってきて、彼の本心が見えなくて泣きました。きっとわかっていたんです…遊ばれたんだな、って。でもそれを認めたくなかった。純愛で、きっと結ばれるって信じていたくて彼の本心に気付かないように触れないようにってしてきてたんですよね。で、思いっきり泣いて泣いて…彼とはもう会わないと決めました。」口で言うのって簡単。でも行動に移すとなるととっても難しかったりします。彼女もそうで、心の中で満たされない思いをひた隠しにし、そしてついに決心したんだとか。

    「別れ話を切り出すと、彼はついにこの時がきたか…といったように動揺することもなく、なぜ別れたいのかとか当たり障りのない、わかり切ったようなことを聞いてきました。別れると言って何年も別れてくれないあなたのせいと言い放ち、今夜別れないならあなたとは一生会いませんと告げると大きく息をつき『わかったよ。今までありがとう。』とサラリと言われ詫びの言葉も無く彼は去っていきました。涙も枯れましたよ。あんなに長い時間共にしたのに、最後ってこんなに呆気ないものなの?って。そして友達に全て話して、飲んで、しゃべって、また飲んで…あんな男よりもっとちゃんとした人を見つけてやるんだ!って思うように心境が変化してきました。」

     

    【見限るタイミングの難しさ】

    今となってはもっと若いうちに彼を見限ることが出来ていたら…と考えることが多い彼女。でも、不倫愛を見限るときって、普通の恋愛の終わりを決心するよりも難しいことなんです。そもそも不倫という関係が始まった時点で、普通の恋愛にはある結婚というゴールは無いワケです。結婚するためにはまず今のパートナーと離婚しなければなりませんからね。終わりのない2人が終わりを決めるには相当な理由が必要になります。

    強制的に終わるのが、2人の関係が明るみに出てしまうこと。社会的にバレてしまい別れざるを得ない状況になること。それ以外だと、不倫と言う不毛な関係にどちらかが終止符を打たなければなりません。性格の不一致でしょうか、いえ、性格が合うからわざわざ不倫していたんです。経済的な問題…でも無いでしょう、生計を共にしている訳ではありませんから。もっともらしい理由が付けられないことから、関係を終わりにするタイミングが非常に難しく、彼女のように深手を負ってしまい立ち直るまでに時間がかかってしまう場合は多々あるのです。

     

    【次の恋よりも、自分が納得できるように】

    よく失恋をしたら次の恋をしなきゃ!なんて言いますよね。彼女も友達からはそう言われたそうなのですが、次の恋をしても傷は治らないし本当の意味で立ち直ることにはならないと言います。「恋をしたら楽しくて一瞬は過去の過ちを忘れることが出来ます。けれど、過去を克服したことにはならないんですよね。自分の過ちは自分自身が決着をつけるしかないと感じました。時間がかかりましたが、彼との出会いにさかのぼって自分が不倫関係に浸らずに済んだ分かれ道を思い返しました。あの時あの道を選んだせいで、長く苦しい恋をすることになったんだということを自分自身で分析して納得しておかないと、結局なにをやってもただの気分転換程度にしかならないんです。」

    不倫してしまったことに対して、自分を悔いること…そして、どこで人の道を踏み外してしまったのかを確かめ、過去の自分を認めることでこれからの自分に焦点を合わせることが出来るのです。不倫から立ち直るには、次の恋をすることではなく、自分自身を今一度冷静に見つめることが重要なのだということ…彼女の話しを聞いて心からそう思えました。