TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫あるある!アブノーマルプレイのお誘い

≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫あるある!アブノーマルプレイのお誘い

  • 2015年09月30日  仮屋園 ユイ   



    人に言えない性癖の方、いませんか?不倫妻ユイも、その一人です。教科書通りに愛を深め合うのも楽しいですが、たまにはレールから逸脱して思い切り快楽へと落ちていきたくなる…そんな相手をしてくれるのが、不倫相手!という既婚者、結構いるんです。今回は欲望渦巻く既婚者のアブノーマルプレイの体験談をご紹介していきます。

     

    【昼は保育士さん、夜は女王様】

    なぜでしょうか。女は受け身で男は責める…確かに人間の体の構造的にそういった力関係になるのが当たり前なのかもしれませんが、その逆の性癖を持っている人だっていますよね。

    「毎日、日中子供を相手にしていて本当に疲れます。子供のことは好きなんですけどね…純朴、素直、良いことですけど、そんなキラキラして前途有望な子供ばかりを相手しているとちょっと疲れるんです色々な意味で。だから夜はとにかく相手を支配したくなります。でも、この性癖言うと大抵引かれるんですよね。付き合った男性の中で、『俺、Mだから大丈夫!』って言ってた男性も、一晩を共にしたらその日の日別れようってメールがきましたし。でも、不倫でそういう性癖をお互いに持って悩んでいる相手だったら、プレイに没頭できちゃいます。出会い系で思い切って性癖をバラして相手を募集した結果、そういった関係の男性と何人かお付き合いすることが出来ました。」

    気持ち良くなるためには、自分の望むプレイが必要不可欠ですよね。本当はSなのに、Mに徹するなんて無理をしていては気持ち良くなんかなれません。不倫だと、そういったお互いの性癖も曝け出すことが出来、恥ずかしさを感じずに堂々とアブノーマルプレイを楽しめるんです。

     

    【縛りたい男と縛られたい女】

    手首を縛られて、自由が利かない状態でプレイをしてみたい…というMな女性の願望って、結構あるんです。社会現象にもなった「壁ドン」だって、壁に追い込まれて手を付かれ、逃げ場がなくなった状態…日本女性は今、ちょっぴり襲われたい欲求に満ちているのではないでしょうか。その主従関係というか、力関係を明確にしながらエッチが出来るのが縄を使ったプレイです。

    縛る側の男性の意見がこうです。「縄を使ったプレイって、簡単そうに見えて好奇心だけでやっちゃうアホが結構いますけど、そういう輩とセックスするのは本当にキケンです。まず、女性が気持ちいいと思える強さで縛らないとただただ痛いだけになってしまう。痕が残らないように気を配り、女性には自由が利かない襲われてる感が気持ちいいくらいで縛ってあげないといけませんからね。それなりにテクニックと経験が必要になるプレイだと思います。わたしがお付き合いした女性のなかには綺麗に縛りあげた後、縄が体に食い込む妖艶な姿に感動して写真を撮ってくれと頼んできた人もいました。正しい知識と技術のある男とすれば、とても気持ちがいいし美しい。それが縄を使ったプレイだと思います。」

    確かに、プレイに没頭した翌日に体に縄で縛られた痕が残っていたら大変!好奇心半分で…という男性とは、そういったプレイはキケンですからやめましょうね。安心して望むようにしてくれる男性とプレイをする、その道の知識や技術、経験のある男性と性的関係を持ってアブノーマルプレイデビューするというのも不倫でよくあるパターンです。

     

    【たくさんの濡れた声が聴きたい】

    純粋にたくさんの人と行為がしたい人もいます。アブノーマルプレイの中で代表的なものが、アダルトグッズを使ったプレイ。おもちゃを使って女性を気持ち良くさせたい男性、結構います。

    「まず、なんで不倫相手におもちゃを使うのかというと嫁にはこんなもの使えないからです。でも、おもちゃを使っていじって気持ち良くなっていく様子が見たいんですよね。段々と我慢できなくなって声を上げちゃう女の子が可愛くって仕方ないです。おもちゃで気持ち良くされちゃうのって、女性は恥ずかしかったりするんじゃないでしょうか。辱めてる感が楽しいので、僕自身が挿入しなくて全然OKです。女の子も、それで満足してくれますしおもちゃオンリーのプレイなら病気の不安を感じず、安心して行為に没頭してくれているみたいです。」

    なんとなく、おもちゃで気持ち良くなってしまうことに抵抗感を覚える女性もいるのではないでしょうか。縄と同じくおもちゃも、使い方によっては痛いことはなく気持ち良くなれるセックスツールです。

     

    【欲望に忠実な不倫関係】

    パートナーには試しにくくても、不倫相手には試せる!それは、不倫相手がどうでもいいということではなくて、快楽という共通の目標に対して突き進む協力関係が築けているためです。欲望に忠実、なんと素晴らしいことでしょう。パートナーとの性生活に満足が出来ない場合、こういったアブノーマルプレイを不倫で…というのって、よくあることなんですよ。そもそも不倫自体が後ろめたい行為ですし、更に恥ずかしいようなプレイも楽しんでしまうのはいかがでしょうか?