TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫って、コスパが良い?!

≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫って、コスパが良い?!

  • 2016年05月18日  仮屋園 ユイ   



    筆者の周りに、もうすぐ結婚式を挙げる友人がひとり。「結婚式、挙げなくてもいいかな…とか今更思って。だって、式1日のために何百万も飛んでくんだよ?結婚式ってコスパ悪い」と愚痴ってきました。夢のような1日には、たくさんの労力とお金を必要とします。その反面、不倫関係の2人には結婚というゴールは来ないのですから、大きな出費がなくコスパがいいんじゃないの?なんて意見もたまに耳にします。一体、不倫はコスパが良い恋愛なのでしょうか。考えていきましょう!

     

    【会う場所を作るためにお金がかかる】

    恋愛をしている2人のデート場所、それはどこになるでしょうか。景色のきれいな公園でしょうか、はたまたテーマパークでしょうか。不倫関係の2人が会うとしたら、そういった人目に付くような場所ではなくて、誰にも邪魔をされずに2人だけで会える場所。かといって、自宅に招くことは最大にリスクがあるのでできません。ホテルの1室を抑えたり、友人知人がいないような遠い場所で会うことになります。すると、必然的に交際費がかさんでしまいます。

    不倫って手頃に出来る!と思っていた方は、ここで少し考えを改めてみてくださいね。確かに、既婚者の出会いそのものはSNSや出会い系サイトを通じれば溢れています。でも、問題は出会ったその後、どこでどう落ち合うか。手軽に出会えて手っ取り早く関係を期待できるのに対して、デートをするのにお金がかさむのがウィークポイントといえるのではないでしょうか。

     

    【普通の恋愛では許される妥協も、不倫では認められない】

    付き合って半年経つ彼女のすっぴんを見て、かわいいなと思う男性は少なくないのではないでしょうか。いつもワックスでキメキメの髪な彼氏が、自分の家でぐちゃぐちゃの寝癖をつけた寝起き…これも女性にとってはたまらないワンシーンです。でも、これは純粋な恋愛関係にある2人だから許される生活の中での“妥協”。完璧に飾りった2人でなくても、愛おしく思えて見せあえる…身だしなみの処理を妥協して素を見せても許されるということ。これが残念ながら不倫にはほとんどないのです。

    まず、こういった日常の些細な妥協に触れる機会が無いというのもひとつの原因といえます。そして、“ベストな状態のお互い”で出会ってリスクを冒してまで会う時間を作っているわけで、手を抜いた状態の鱗片を見せてしまっただけで「あ、こんな程度の人か」なんてすぐ切られてしまう場合だってあるんです。髪の毛の染まり具合が、根本がプリンになってきているだけで「身だしなみに気を遣えないようじゃ、リスクを冒してまで会うのは割にあわないな」なんて展開になってしまうワケです。厳しいようですが、それだけ失うものの大きなお付き合いをしているのが不倫なので、身だしなみに手を抜くことは基本許されません。髪にも肌にも服装にも持ち物にも最新の注意を払っておかないといけないのでそれだけお金を自分に投資することになります。やはりここでもコスパが良い!とはいえないですよね。

     

    【お金の使い道が、分かれ道になる】

    相手とどんな関わり合い方をしたいか、そして将来的にどういう関係性になりたいかを考えたときに、お金の使い方が分かれ道になることは大いに考えられます。最悪、その価値観がズレていると別れに繋がってしまいますから注意が必要ですよね。筆者の友人は前述のとおり、結婚式へのまとまったお金を惜しいと思ったようです。でも、結婚式は不倫関係の2人は到底なしえないこと…人生に一度(いや、一度きりであってほしい)の式に多額の資金を投じることにさえ“惜しい”と感じる人はいるわけです。ですから普通の恋愛が特別コスパが悪いということではないように思います。彼氏彼女が式を挙げるのにそこまでお金を使うのは…と渋ったら、親族だけの小さな式を挙げて費用を抑えたり、フォトウエディングだけで済ませてしまったりするかもしれません。共通の目的がある2人でも、こんなにお金の使い道が変わってくるのですから“足りないものを埋め合う不倫関係の2人”だとさらにお金の使い道によって別れに繋がるパターンが多いのでは?と筆者は考えています。

     

    【でも、コスパの良い不倫相手も存在する!】

    さて、ここまでお話しをしてきましたが筆者の不倫遍歴の中では数人、とってもコスパが良いと思えるお相手に恵まれたことがあります。それは“とーってもお金持ちの方”との不倫です。相手は時間にもお金にも余裕があるので、こちらのお財布が傷むことがありません。飲みたいワインも、欲しいものも、そういう人はなんでも買ってくれます。美味しいディナーなんて当たり前。普通ではいけないような高級旅館にも連れていってくれます。一概に“不倫はコスパが悪い”と言い切れないのは、こういったように相手によって状況が大きく変わるということがあるからです。

    もしも、コスパの良い恋愛をお望みであれば、まずは普通に金銭的な価値観の合うお相手と夢中で恋愛をしていき、そしてお金を大事に暮らすことが一番。そういうことに疲れたり、あきらめたくなったときはお金持ちの方との不倫に走ると最高にイイ思いをすることが出来ますよ。