TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫で得た人脈を仕事に生かす男

≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫で得た人脈を仕事に生かす男

  • 2015年10月28日  仮屋園 ユイ   



    世の中、ゾッとするような人種も居たもので、なんと不倫して広げた人脈を実生活で堂々利用する男性が現れました。不倫コラムニストとして取材を始めて早3年…こんな特殊な人種を始めて知りました。今回は、隠すべき不倫を堂々行う恐ろしい男について、お話ししていこうと思います。

     

    【鬼畜、外道!でも、モテる…そのワケは?】

    不倫にわざわざ足を突っ込もうと思う女性は滅多にいません。女性の悩みを見抜き、心の隙間にスッと入り込むような男性が不倫の成功率が高いと取材を重ねて実感してきたわたしですが、ある日の取材でまさかの展開に遭遇したのです。それは、不倫相手がたくさんいるだけではなく、その相手方と実生活でも堂々社会的関係を持っているということ!なにがなんでも隠したい、日中は顔を会わせたくない人だっている不倫相手と、わざわざ実生活まで関係を進んで持つなんて人は前代未聞でした。一体そんな厄介な男なのになぜたくさんの女性が引っ掛ってしまったのか。

    まず、第一印象は爽やかそのもの、不倫なんてドロドロしたものを微塵も感じさせない清潔感。そして、既婚ということをにおわせない徹底した姿勢でしょう。更に取材させていただいている中で感じたのが、なんでも話しやすいオーラ。気さくで物腰穏やか…人とのコミュニケーション能力に長けている証拠です。あとは見た目、多少童顔で甘目のルックス。声をかけられたらイヤな気持ちには絶対にならないでしょう。

    そうして話しを聞いていくこと1時間…彼の腹黒さを知っても、わたしは何の不快感も得ませんでした。普通であれば鳥肌モノの体験談だったにも関わらず、です。それはもう彼の魅力によるものでしょう。ルックスと性格、語り口、表情…全てが彼の魅力となって、決して許されない行為をなんとなく許せてしまう空気感を作り出しているのでしょうね。

     

    【1度関係を持ったら、お仕舞です】

    さて、彼についてはこのくらいにして、一体実生活にまで関わりを持つとはどういうことなのか…といいますと、取引先の会社として出入りするということです。彼は営業職。たくさんの人と知り合って、立ちまわって、仕事の依頼を勝ち取るのがお仕事。ですから不倫相手と関係を持って、その相手の会社へ乗り込むワケです。「この前はありがとうございました…!」と挨拶をし、仲良く接し、「ところで…」と本題を切り込むんだとか。下手なことを言われたら困ると思った女性はもう少し上の立場の人間へ取り次ぐ。そして彼はその会社からひとつ、案件をGETしていく…という流れです。

    世の中そんなにうまくいくもんか!とお思いの皆さん、それが彼の場合今のところ上手くいっているそうです。中々のペースでお付き合いする女性を増やし、更に営業成績も相当なものにしているというから驚きです。不倫相手になってしまった女性は、それからたまに会うものの、もう一度関係を持ってしまったらアウトと考えて良いでしょう。昼間に見たくない顔が、ある日突然ひょっこり堂々と現れるかもしれないのですから。そしてそこからが悲劇です。職場で下手なことを大勢の前で言われたくありませんから、相手女性としては早くやり過ごす方法を考えることでしょう。そこで相手男性にてっとり早く仕事を与えてしまうワケです。

     

    【いつか彼に制裁を…と思う女性】

    彼に対して恨みを持っている女性は多く、彼本人から紹介された女性二人にお話をお伺いすることが出来ましたが、それぞれに煮えたぎっていました。ちょっとした心の隙間に入り込まれたことで不倫関係を持ってしまい、日常にまで浸食されてしまう…不本意ながら自分にも非があるから、誰にも言えない!とツラい胸の内を話してくれました。そんな女性の好意を踏みにじるような行動を重ねている彼に制裁を…と考えているともお話ししていました。そりゃ、なんとかして痛い目に遭わせてやりたいと思うのが普通でしょうね。でも、あまりにオープンな制裁を与えるには自分自身にもリスクが伴います。結果、思いを行動に移すことができない女性達は泣き寝入りしているとのことです。

     

    【不倫だから内々で…と思わない人もいることに注意】

    不倫は誰にも内緒で…と思うに決まっている!という固定観念を逆手にとって、実生活そして実社会に利用するしたたかな人間もいるということも頭に入れておかなければ、不倫の代償は更にヒドイものになってしまうことでしょう。心の拠り所が欲しい…そんな気持ちで許されないとはわかっていても寄り添うことにした2人。そんな相手に実社会で利用されてしまうなんて、裏切られたようなものです。人の恨みなど、可能である限りは買わないほうが良いに決まっていますよね。恋をするときは傷つく覚悟がいるかと思いますが、不倫ならなおのこと。様々な理由で泣き寝入りしないためにも、お付き合いする相手は身長に選びたいところです。