TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫旅行は旅館で決まり!

≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫旅行は旅館で決まり!

  • 2015年04月08日  仮屋園 ユイ   



    主人にバレないように、不倫旅行に出かけたい。わたしの頭の中はいつもこの欲望でいっぱい。

    家族との旅行だって楽しいです。イベントいっぱい夢いっぱい、それに欲しいものいっぱい買ってもらって幸せです。でも決定的にドキドキが足りません。

    わたしは不倫相手と旅行に行くならば、絶対にバレずにゆっくり過ごせる旅館が良いと思っています。今回はそんな不倫旅行に旅館を選ぶワケについてお話ししていきたいと思います。

     

    【“隠れ家”的な旅館の魅力とは…】

    最近は、ホテル業界も2極化していると感じています。サービスを最小限度に抑える代わりに宿泊代がかなり割安になるというものと、徹底したサービスにこだわり、客室の豪華絢爛…その分金額はかなりお高くなってしまうもの。子連れで旅行するとなると、もちろん前者に宿泊しますから、そういった日常では泊まることの出来ない高級旅館に憧れているという部分も否めません。しかし、一番に旅館が良い!と思えるところは“時間を忘れさせてくれる”ということです。

    旅館は大抵、温泉街といった都会の喧騒から離れたところにあると思います。不倫といえば「部屋、とっておいてるから。」なんて言って、シティホテルの最上階に予約してある…なんてシチュエーションを想像しがちですが、それだと窓の外を見た瞬間に現実の世界に戻ってしまうんですよね。街を足早に歩く人々を見ると、仕事やらなきゃなぁとか今晩なに作ろうかなぁといったような考えが頭を過ぎって、主婦のわたしに戻ってしまうんです。ホテルの一室で、心も体も重ね合うオトナの時間は悪いものではありませんし、むしろとっても心地良い。でも、非日常を味わいながらのんびり過ごすには、旅館の静けさの方がわたしは好きなんです。

     

    【普通のホテルであった残念な話】

    「取材に行くから、家のこと頼むね。」そう主人に伝えてホテルのディナーへ…当時不倫していた男性と楽しんでいた夜がありました。そうです、わたしは仕事を理由に堂々異性と交遊しています。一見すると、ビジネスライクなそのメイクと服装に仕事帰りかな?といった感じですが、違います。それはバレないようにするための一種のコスプレです。美味しい食事を終えたあと、ルームキーを渡されました。「先に行ってて。」と彼が一言。広告代理店に勤める17歳も年上だった彼は、バツ2で子無し。人生を謳歌しているかのような恋愛の楽しみっぷりは、かえって清々しく笑える程だったのを覚えています。さすがは人生経験豊富な男性、きちんとホテルの部屋もとっておいてくれました。でも、そこのホテルが余計な情報を漏らしてしまったんです。

    突然娘が熱を出したということで、主人からホテルに電話がかかってきました。取材に行くときは、きちんと行き先を伝えてあります。そこを隠したり嘘を付くと、誰かに見られたときに辻褄が合わなくなるのでここは正直に話してあるんです。取材中は携帯を使うと迷惑にあたると知っていましたから主人は直接ホテルに連絡をしたのでしょうけれど、これが想定外でした。ホテルの担当者は、ディナー会場にわたしが居ないことを話してしまったのです。ディナー会場でディナーバイキングの取材だと言っていましたから、「なんでいないんだ?」「なにしているんだ?」と主人に疑念を抱かせてしまったのです。急いで取り次げなかったとしても、電話があった旨伝えますので…とでも言っておいてくれれば良かったのに!とホテル側の対応を少し残念に思ってしまった苦い経験です。

     

    【最上級の安らぎを不倫で得るための空間】

    そこでプロの対応をしてくれるのが旅館です。まず、問い合わせに積極的に答えようとはしません。旅館の中には、なんと独立した離れが数棟あるような旅館があり、そこは入口も部屋もなにもかも宿泊者のみのプライベートな空間なんです!仲居さんがじろじろ怪しんでこっちを見てくることもありません。必要なときだけお呼びして、それ以外はゆっくり不倫相手と2人の時間を楽しむことが出来るのです。旅館で更にオススメしたい要素が、客室にお風呂がついているタイプです。シティホテルのユニットバスでは感じられない趣が旅館の客室風呂にはあります。2人で身を寄せ合いながら浸かるも良し、日々の疲れを流して、ゆっくり一人で浸かるも良し…。家族の前で、いい嫁いい母を演じる日々で凝り固まった肩を、揉みほぐしながら不倫相手と温泉に浸かる。わたしって、なんて悪い女なのでしょうか。

     

    【本当に器用に不倫を楽しむなら…】

    バレないように、でも最大限に不倫を楽しむのなら、ある程度の出費は予想されますが、都会から離れた旅館がオススメです。他人と会う確率を下げられるのはもちろん、完全に他人から隔離された空間でゆっくり過ごすことが出来るのは旅館ならでは。日常と隣合わせの空間では得られない安らぎを得られるので、不倫カップルにとって高級旅館は金額以上の価値があると思うんです。スマートに、より楽しく安全に不倫を楽しみたいというあなた、ぜひ、旅館でのデートを計画してみてはいかがでしょうか?