TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫相手と「恥ずかしさ」を共有

≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫相手と「恥ずかしさ」を共有

  • 2015年08月05日  仮屋園 ユイ   



    あなたは、自分の彼氏彼女や奥様、旦那様に「恥ずかしい姿」を見せることができますか? 恥ずかしさにも、色々とあると思います。そんな恥ずかしさを不倫相手と共有することによって、何物にも代えがたい強い絆が生まれるというのを今回はお話しをしていきたいと思います。

     

    【本当は隠したい姿、それを見せるワケとは】

    例えば、自分の甘えや油断から、お腹にポッコリお肉が付いてしまったとしましょう。それを、パートナーにわざわざ見せたくはありませんよね。「それは食べ過ぎだからだ」とか「運動不足だ」とか文句を付けられるも面白くありませんし…第一、自分自身がこんなお腹に満足していないのに!と言う気持ちになるでしょう。

    でも、不倫関係にある人って、相手のことを否定したりしにくいです。自分にとって恥ずかしい部分であるポッコリお腹でさえ、不倫相手であれば「それも君のひとつだよ」と否定することもなく、かといって肯定しすぎることも無くちょうどいい温度感で恥ずかしい部分を共有してくれるものです。

    本当は隠すべき部分について相手に見せる…ということは、言ってしまえば「秘密を共有する」ようなもの。パートナーに見せられなくても、不倫相手には見せられるという、本当の姿でいられる唯一無二の存在が不倫相手ということになります。

     

    【ウィークポイントを知って、更に愛おしくなる】

    男女の付き合いにおいて、絶対的に言えるのは相手に嫌われたくないということ。相手により好感を持ってもらえるように、自分自身を演出したり取り繕ったり…皆が必死になります。でも、不倫相手にはそんな必要はありません。そもそもが不倫という社会悪、倫理に反する禁忌を犯している者同士ということもあります。ありのままの自分で過ごしても、それを理解した上で付き合えるのが不倫というオトナの付き合いの良い部分でもあるんですよね。

    普通の恋愛では知りえない相手のウィークポイントを知ることによって、より人間味が伝わることになります。「誰しもが完璧な人間じゃない」ということを十分にわかった上で関係を持てるのは不倫ならでは。良いところも、悪いところも全部ひっくるめた上で相手のことを愛おしく思えるのです。

     

    【身近な存在に感じつつ、離れられなくする】

    幼馴染って、お互いが身近な存在にも関わらず避けたくなったりした時期がありませんでしたか?自分のことをよくわかってくれている相手でも、離れたくなる心の距離だからだと思うんです。幼馴染って、心の距離が近すぎるよな…って感じませんか?ただ恥ずかしくて知られたくない部分だけではなく、本当に知られたくない部分まで知られてしまうことがあって、それが納得できなかったり歯痒かったりしますよね。本当は相手のことをわかっているけれど、なんとなく口を利くのをやめた…とか。でも、不倫関係にある2人だと、心の距離が遠すぎず近すぎない絶妙な具合になるんです。

    一緒に居て心地よい加減。相手に自分の素敵な部分も、ちょっと恥ずかしい部分もバレてしまっているという自覚。付かず離れず…といったところで、相手から完全に心も体も離れたくなくなる不思議な魔力が不倫にはあるんです。

     

    【2人しか知りえない、恥ずかしい話】

    わたし自身が経験した、そんな恥ずかしい話しの共有ですが、それはお酒での失敗です。当時住んでいたアパートの近くにあった、美味しいハンバーグとカクテルのお店…わたしはよくそこへ通っていました。飲みすぎたある日、わたしはそこの常連さんに連れられて帰宅。飲んで帰っても必ずシャワーを浴びてから寝たい派のわたしは、服を脱ぐのを忘れてシャワーを浴びてしまいました。連れて帰ってきてくれた常連さんは、奇遇にもアパートの上の部屋の人で、わたしの奇声に驚いてもう一度部屋へ駆けつけてきてくれていたのでした。

    服も髪もびしょびしょ、でも、真冬にそんな姿で一晩過ごせば絶対に風邪をひく…そう思った彼は、わたしの服を着替えさせる手伝いをしてくれたそうな。当の本人であるわたしは、それを覚えてはいませんが…朝頭が割れそうに痛くって、洗面所にはびしょ濡れになった服とタオルが数枚あって、自分自身は綺麗に着替えている…という事実でなんとなく想像が付きました。

    後日、そのお店で助けてくれた常連さんと顔を合わせると全部白状してくれました。わたしが悪いのですが、わたしの見られたくない恥ずかしい秘密を彼は全て知ってしまったカタチ。でも不思議と、彼に対しては怒りといった感情はなくむしろ「なんでも話せる、いい人」なんて気持ちになったのを今でも覚えています。蓋を開けてみたら、彼は既婚者で子供もおり、当時独身だったわたしは多少戸惑ったものの…進んではいけない道へと進んでしまいました。心を許せる相手だったからでしょうね。

    恥ずかしさの共有は、人を惑わし狂わせます。でも、許されない関係だからこそ、許されないような話でも共有して2人だけでそれを楽しむことも可能なんです。