TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫相手とのお風呂事情

≪人妻ユイの不倫文化論≫不倫相手とのお風呂事情

  • 2015年04月29日  仮屋園 ユイ   



    恋仲の2人なら、必ずといって良いほどお風呂に一緒に入るかと思います。でも不倫仲の2人にとってお風呂を一緒に入るって、普通の恋仲の2人とはまた違った緊張感や不安があるんです。今回はそんな、不倫相手とのお風呂事情についてお話ししていきたいと思います。

     

    【すべてをさらけ出すお風呂。本当に信じられる相手か要確認】

    不倫妻であるわたしは、男性のことを好きになる機会がたくさんあります。一歩外へ出れば、ママという肩書きや嫁というレッテルを脱ぎ捨てて一人の女として歩きますから、フィーリングが合った男性とは親しくしたいと思うのが普通です。一緒に食事に行ったり、楽しいデートを重ねて段々と心の距離が縮まっていった先に待っているのはカラダの関係。避けようにも避けられないのがラブホテルやシティホテルでのお風呂タイムです。相手の体を求めるときには、シャワーを浴びたりお風呂に入るのがマナーですよね。普通の恋人同士であれば、こういう時に一緒にお風呂に入ってイチャイチャ…ラブラブするのでしょうが、不倫関係だとそうはいきません。

    そもそも、不倫相手ということですから、自分の所在がバレないように偽名を使っているかもしれないですよね。ということは、相手の本名を知らない状態かもしれません。そんな相手と同じ浴室に入り込むのは大変危険ですし、相手を部屋に残したまま自分だけ裸一貫になって浴室でゆっくりシャワーなんて浴びてられないのです。汗を流している内にカバンの中を物色されて金銭的な被害に遭うかもしれませんし、ホテルの部屋にビデオカメラやボイスレコーダーが仕掛けられてしまう可能性だってあります。社会的にも、人間的にも、相手のことを信じられるかどうかを確認してからでないと、不倫相手とはお風呂タイムを過ごすワケにはいかないのです。ただでさえ危険な不倫…もしも自分の不注意でなにかしらの被害を被ったとしても、それを警察に被害届を出すワケにもいきません。そうしてしまえば、自分から不倫をしていましたと白状しなければならなくなるのですから。

     

    【自分の体に自信の無い女性、たくさんいます】

    とはいっても、不倫をしている男女が皆信頼の出来ない悪い人間かといったらそうではありません。不倫をしていても心が綺麗な人はいますし、きちんと善悪がわかった上で大人の遊びをしている人が大半です。不倫相手として信頼できる人と巡り会った時には、進んでカラダの関係を持ちたくなることもあるでしょう。男性はカラダ目当ての不倫もあるかもしれませんが、わたしの場合カラダは二の次。心の隙間を埋めてくれる相手が見つかって、段々と心を許せるようになったらカラダを捧げても良いかな…と思うんです。でも、相手のことを好きになればなるほど悩ましいのが“体のコンプレックス”。不倫妻だから遊んでいる…そのせいで“黒ずんでる”とか思われたとしたら悲しくって、明るいお風呂場で対面するなんて恥ずかしくて出来ないのです。

    それに、既婚者で出産経験のある女性が皆持っている悩みが乳輪の大きさや色。妊娠を経て出産すると同時に、なぜか乳輪がみるみる大きくなったり、綺麗なピンク色だったのが真っ黒になってしまったり…“女”が“母”になると、体が変わってしまうんですよね。赤ちゃんに「おっぱいはここだよ」とわかりやすくするため体が勝手に変わってしまうらしいのですが、こっちにとってみればいい迷惑です。妊娠しても出産しても自分の体は綺麗なままが良いのに、良くない変化がもたらされて好きな人に抱かれることはもちろん、一緒にお風呂に入ることにさえ抵抗を感じてしまうんですから。それに、わたしの場合は帝王切開で出産しているので、お腹に大きな手術痕があります。ミミズが這っているような大きな傷…その傷は勲章だ、と言ってくれた男性も過去にいましたが、大抵の男性はなんとも言えない顔をしていました。そういった体のコンプレックスが、不倫にはつきもの。仲を深めるためのお風呂のはずが、不仲になるキッカケになってしまいそうで怖くって、遠ざけてしまいがちなんです。

     

    【“その気”になっても出来ない…もどかしさ】

    どんなカラダでも大丈夫、心を通わせ合っているんだから嫌いになんてならないよ…寛容な心の男性と、意を決してお風呂に入ったとします。お風呂に浸かりながら抱きしめ合えば、キスしたくなります。キスをすれば、更にその先の行為がしたくなります。でもお風呂の中では避妊できません。不倫相手の子供を身籠ることは、自滅行為です。どんなに愛していても結ばれない関係だからこそ、楽しくて燃えるのが不倫。避妊せずに行為に及ぶことは許されません。一緒にお風呂に入ってたとしても、その気になっても出来ないというのがとてももどかしいのです。なにかともどかしさの付き纏う関係が不倫関係。不倫の醍醐味でもある不便さが、お風呂事情にも影響を与えているのです。