TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫人妻が好き!なイケメン。その理由とは?

≪人妻ユイの不倫文化論≫人妻が好き!なイケメン。その理由とは?

  • 2016年04月20日  仮屋園 ユイ   



    世の中には変わったモノがお好きな人種が存在します。焼き鳥屋さんに行って、鶏肉を食べずに豚肉、いやカエルの肉を食べる…くらいの変わり者を、最近出会いを果たしました。その変わり者というのはズバリ“人妻が好き”という性癖。そんな彼、イケメンなのに彼女なし、その代わりに不倫相手はたくさんいるというまさに変態さん。彼が人妻を選ぶ理由、そしてどうやって人妻の心に入り込むのか…今回はそのお話しをしていこうと思います。

     

    【同年代の女って、ウザイしダルい…】

    高身長でイケメン、学歴は大卒。今は製薬会社勤務のSクンは、パッと見だと確実に彼女がいそうなタイプです。爽やかだし、服装もオシャレ!それなのに彼女無し。筆者の数少ない不倫友達である女性から、「出会い系でとんでもない変態ひいたわ!」と連絡があり、急いで待ち合わせ場所に向かったところ、変態とはかけ離れた容姿の彼が座っていたんです。わたしの友達には漠然と“とんでもない変態”としか聞いていなかったので、どんな変態なのかまず聞いてみることにしました。アナルプレイが好きとか、ドSじゃ済まないような極Sな男子なのか…と覚悟して聞くと、意外な答えが返ってきたんです。

    「同年代の女って、いちいちウザいんですよ。スマホチェックするだとか、構って構ってしつこいし。ちょっと構ったところで、わたしのこと好き?とかめっちゃ聞いてくる。ダルいんですよ。だから、もっと大人の女性が良くって。熟女ってことじゃないですよ、ガツガツしていなくて、求められたときに応えて、求めたときに応えてくれるような余裕感が最高に心地いいんです。まぁ、その、人妻が好きってことです。」

    おー!不倫人妻であるわたしとしては、そういう需要があるのは嬉しい限り。ただ、人妻の心の中を見透かしたような彼に、段々と嫌悪感も抱くことになったんです。

     

    【人妻の“余裕感の下に隠された孤独”に付け込む】

    彼は、人妻の心理をものすごーく理解していて、それを自分のニーズを合わせて利用しているようでした。悔しいけれど、その通り…といった感じで、なんだか人妻の敵のような…。でもこんなイケメンな独身男性とお近づきになれるのなら、利用されるとしてもいいかなと思ってしまうくらいで複雑な気持ちになったんです。

    「結婚してみんなが幸せかといったら、そうじゃないんだって人妻さんの話を聞くたびに思うんですよ。出会い系でよく人妻さんと連絡をとって、まずはお茶しに行くんですけど、たいていが毎日の愚痴。旦那さんのこと、子供のこと、パート先の人間関係…なんか知らないけど、人妻さんって不平不満が多い。そのくせ、聞き役がいないみたいで、こんな俺でも必要としてくれるんです。話を聞いてあげるだけで感謝される。同年代の女なんて、着地点のない話を延々聞かせてくるくせなんの感謝もない。だから、疲れた人妻さんの話を聞いて、寄り添えば、後腐れのない肉体関係をゲットできるとわかって付き合いを始めたんです。」

    筆者も、不倫に走ったキッカケは心のよりどころが欲しかったからでした。主人に何を話したって、なんのアクションも起こしてくれなかったのが寂しかったんでしょう。周りから見れば、結婚して幸せそう…でも、実際のところは満たされない思いでいっぱいで、寂しいのが世の人妻。彼はそれを理解したうえで、人妻にターゲットを絞っていたんです。

     

    【寝取りによって満たされる征服欲】

    人妻と結局寝ちゃうってことは、不倫男じゃん…リスキーなんじゃない?と思いますよね。でも、彼は足がつかないように不倫相手の人妻さんには仕事はおろか本名さえ明かしていないんだとか。

    「だって、もしなにかバレたら大変だし。サブスマホでやり取りしているから、もしなんかトラブったらスマホ解約すればいいし…まず、勤務先も名前も教えていないから、足はつかないと思って関係をもってます。誰かの奥さんを、俺がこっそり犯してるんですよ。寝取りってやつ。興奮しませんか?これ、征服欲が満たされてめっちゃハマります。しかも、人妻さんって欲求不満なのか好奇心旺盛なのか、顔射とかしても全然抵抗しないし」

    誰かの大切な人を寝取ることによって得られる精神的快楽に、彼はドップリはまっているようでした。

     

    【普通の恋愛から遠ざかる毎日に寂しさも】

    でも、やっぱり彼は見た感じイケメンな好青年。人妻ばっかり漁っていて、男友達に彼女が出来たり結婚していったりするのを見てなにも思わないのか疑問になったので聞いてみました。

    「友達の彼女がめっちゃ美人だったり、優しいとか、料理むちゃくちゃ上手かったりすると正直いいなぁーと思いますね。寂しい。俺と付き合えよって。(笑)いや、でも、きっとその子もきっと粘着質で面倒なんじゃないかなとか…今はまだ、普通の恋愛から遠ざかっていてもいいかなと考えてます。でも、いつかは同年代の女と恋愛して、結婚して、子供も3人は欲しいかな」

    なんだかんだいって、よく見る普通の家庭を望んでいる彼。彼の性欲と好奇心が落ち着くまでは、数人の人妻が必要とされ彼に抱かれていくのでしょう。