TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫夢のため、資金と人脈を不倫から得た女性

≪人妻ユイの不倫文化論≫夢のため、資金と人脈を不倫から得た女性

  • 2016年01月06日  仮屋園 ユイ   



    夢を叶えるためにはお金が必要だというお話し、確かにそうでしょう。生きていくのに必要なお金は、自分が求めるものによって変わってきます。手元にあるお金で暮らすのが一般的ですが、無いお金を不倫で捻出して夢を叶えようとしている女性とコンタクトをとることに成功しました。彼女はなぜ、そういう道を選んだのでしょうか。

     

    【一人では無し得ない。自己実現に資金が必要】

    なにかをするにはお金が要ります。それが世の摂理です。女性の貧困が最近問題視されてきて、なにかと話題に上がりますよね。やはりまだ日本は男性の方が、高所得であるパターンが多いような気がします。今回お話しを伺った女性は、元キャバ嬢の容姿端麗な20代の女性です。水商売を5年間頑張ったこともあって、同年代よりも短期間で多額の財産を築いたはずの彼女。でも、彼女の野心を遂げるにはまだまだ資金が必要だったそうです。

    「自分は、雇われて働くタイプに向いていないと思っていたんですよね。経営者になりたいってずっと思っていました。自分のブランドを持って、売って、大儲けして…って夢があるんです。そのためには人脈もお金も必要でした。」

    彼女の話していることに間違いはありません。その通りです。でも、その必要なものを補う方法が斬新過ぎました。それが、キャバ嬢時代に知り合った既婚男性との不倫愛だったからです。

     

    【お付き合いは、対価と割り切る】

    「彼が業界人だと知ってから、まず自分を気に入ってもらえるように一生懸命に色々な勉強をしました。すると、お店に会いに来てくれる度に『勉強熱心だね〜!』と言ってもらえるようになりました。まずは自分に興味を持ってもらうこと。そして、段々と親密な仲になっていくこと…既婚者だとは知っていたけれど、成りたい自分に成るためにこの人が必要だって思ったんです。段々と仲良くなって、アフターをするようになって、そして個人的な関係を持つようになりました。わたしの野心に満ち溢れる感じ、嫌いじゃないといって全面的にバックアップしてくれると言ってくれたんです。その代わりに、愛人になれ…と。投資してもらっている以上、求められれば捧げようと覚悟を決めました。」

    なんだか寂しい気がしてしまった筆者ですが、彼女はサラりと言ってのけました。報われない愛に身を委ねたとしても、彼女は自分の夢を遂げるために不倫を選んだのだとか。彼に付いて行けば、自分の将来が拓けると思ったとのこと。お互いに足りない部分を補いあって、欲しい部分を埋めて…そして自分の野望を遂げる。いいことづくめに見えますが、内心は様々な感情が渦巻いているようでした。

     

    【友達を見ると、うらやましい気持ちでいっぱいに】

    キャバ嬢を辞めて不倫相手に様々なことをレクチャーしてもらいながら夢の実現へ向けて一歩ずつ近づいていくなかで、彼から求められれば疲れていても何をしていてもすぐに応える毎日だそう。堂々と胸を張っていられるワケもなく、友達を見ると羨ましい気持ちでいっぱいになってしまうんだとか。

    「最近、友達の結婚ラッシュで…結婚式に呼ばれて、友達が幸せそうな顔をして笑っているのを見ると、自分はどこで道を踏み間違ったのかなぁと少し悲しい気持ちになる瞬間があります。スゴい仕事をしているねと褒められても、自分の力じゃここまで来れなかったと感じることもあって…。結局、自分で勝ち取ったようで勝ち取ってない今なので、正直納得がいってないです。本当に自分自身の夢を実現させるには、彼から離れて本当に自分の力だけでやっていくしかないのにと、わかってはいるんです。けれど、彼と縁を切って本当にやっていけるかどうかと思うと正直不安で。」

    不安に駆られて、安心を得るために人は保険に加入したりしますよね。重要なようで、保険ばかりかけて貧乏になってしまう人もいるくらい、不安に対して必要以上に恐れ慄く傾向のある日本人の気質。彼女もまた、これからどうなるかという誰にもわからないことに対して不安を抱きすぎなのでは?と感じてしまいました。どうなるかはわからなくても、自分自身で乗り越えることによって、自分を成長させるキッカケにもなるはず。今の彼女と彼の不倫関係は、都合良く相手を利用する共依存の関係にあるのではないでしょうか。

     

    【不倫は不倫。自己実現は、自分の手で…】

    男女の付き合いに、正解も不正解もないかもしれませんが、なにかを育んでいるようで実はお互いに自分の伸びしろをつぶしてしまっているような、空虚な関係を今回の体験談からは感じました。

    自己実現にはお金が必要、それもわかります。でも、それならば正当な方法で資金を調達しなければ、本当の意味での自己実現には至らないのです。わたしも不倫妻としてイケない関係をたくさん築いてきていますが、こういった社会的な関係の利用はありません。通常の恋愛と違って、様々な思惑がうごめく大人の関わり合いが不倫ですが、まだ愛欲に溺れいるうちが可愛いくらいでちょうど良いのかな。なんて思ったユイでした。