TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫奥さんの不倫を追ううちに自分も…

≪人妻ユイの不倫文化論≫奥さんの不倫を追ううちに自分も…

  • 2016年03月23日  仮屋園 ユイ   



    不倫って、男女どちらにもしてしまう可能性がありますよね。わたしのような不倫妻がいる反面、男性だって不倫に走る人は少なくありません。今回は、奥さんの異変を感じ取ったご主人が不倫を追いかけていくうちに、一緒になって追いつめていった女性と関係を持ってしまったという“ミイラ取りがミイラになった”ようなお話しをしていきます。

     

    【いきなり職場が変わり、時間帯も変わり…】

    共働き世帯が増えた現代社会、今回お話しする不倫で崩壊したご家庭も共働き世帯でした。お子さんはまだおらず、夫婦2人、2馬力で仕事をバリバリこなす日々。貯金も増えマンションでも買おうかと思っていた矢先の出来事だったとご主人はいいます。

    「いつの間にか嫁の仕事が変わっていたんですよ。ちょっと急ぎの用事があって携帯に連絡しても出ないから職場にかけたら『退職したの、聞いてなかったんですか?!』と驚かれてしまって。今までの職場では事務でデスクワークだったのがガラりと変わって営業職。なんでそんな大事なことを言わないのかとその夜は夫婦ケンカをしました」

    奥さんはその時、“本当にやりたい仕事が出来た”と言っていたそうです。それからというものの、奥さんは仕事の時間帯がどんどん夜遅くまでになり、朝早くに家を出ることから家事はほとんどしなくなったそうです。なぜそんな激務を…と思いつつ、やりたいことをやれるならと応援する気持ちでご主人は納得しようとしていたといいます。

     

    【一人で尾行する勇気が無くて】

    ある夜、奥さんにLINEをしたところ返信がなく既読にもならず…モヤモヤしたというご主人。

    「嫁がかえって風呂に行ったときに、スマホ見ちゃいましたよ。そしたら、俺のLINEが鳴らないように設定されていて。浮気相手っぽい人とのやりとりはLINEで見つけられなかったんですけど、でも旦那からの連絡を鳴らなく設定するってワケがありますよね。それで、嫁の行動を監視しようと思ったんです」

    でも、監視といっても興信所へ…とも行動を起こせず、一人でくすぶっていたところに共通の友人女性と再会したそうです。

    「一人で尾行する気にもなれなくてね。嫁とも古くからの知り合いだし、LINEのことを話すのは少し気が引けたけど…それでも転職内緒にされてたこともあって『夫婦仲きちんと確かめないと』って協力してくれることに。それから、彼女とは内緒で待ち合わせして嫁の勤務先に近くのカフェで張り込みしたり、出てきた嫁の行く先を尾行したりしました。」

     

    【共通のことをしているうちに、親密な仲へ】

    ご主人の胸騒ぎは残念なことに的中し、奥さんは男性との密会をしていたんだとか。あるときは高級レストラン、またある時はラブホテルへ…。完全に不倫で慰謝料を取れるレベルまで達したところで、ご主人にも心境の変化が現れたそうです。

    「ずっと嫁一筋でマジメに生きてきました。仕事も家事もせっせとこなして、自分の趣味だったジム通いもやめました。それでこの結果ですよ、笑うしかないでしょう。許す気には到底なれませんでした。でも、なんか収まらなくて…共通の目標に向かって一緒に頑張ってきた彼女のことが気になってきていたんですよね。で、嫁だった好き放題やってたんだから!って気持ちになっちゃって…つい。」

    ご主人は、奥さんの不倫の動かぬ証拠をそろえたところで、一緒に尾行してくれた女性に手を出してしまったそうです。その女性も、古くからの友人だったにも関わらず、奥さんの行動に幻滅してしまったのかご主人と意気投合して心も体もつながりを持ってしまったんです。それから、離婚に踏み切るまでの数週間ダブル不倫状態が続いたのです。

     

    【問い詰める側から、問い詰められる側へ転落】

    ツメが甘いのなんのってイライラするのが、ご主人のガードの甘さです。不倫妻であるわたしなら、スマホのロックは欠かせませんし、簡単に足が付くような連絡手段はとりません。でもご主人は違いました。不倫相手と堂々LINEをし、本名で登録をし、さらに履歴も消さず携帯にロックもかけていなかったんだとか。そして運命の時が来ます。

    「嫁にスマホ見られたんです。『不倫してたなんて最低よ、離婚よ、慰謝料よこせ』と。でも、お前が先に不倫してたんだろ!ってラブホテルから出てくるところの写真とか見せました。そしたら黙って…。でも、『お互いさまでしょ。なにもいわれたくない』と開き直って、きちんと謝罪もされず慰謝料ももらえないままケンカ別れになりました。証拠をそろえて問い詰めるはずが、問い詰められる側になっちゃって。しかも、再出発資金になると思っていた慰謝料まで取り損ねましたよ。俺なにやってんだろって感じですよね」

    尾行を一人でしていれば…と後悔しても、あとの祭り。時間は戻せません。結局、離婚し元奥さんは不倫相手と再婚したと風のウワサで聞いたとか。ご主人はというと、一緒に尾行し親密になりすぎた彼女とは破局し、今は新たな出会いを求めて日々奔走しているそうです。不倫は伝染するのでしょうかね。自暴自棄になってする不倫はキケンなので、オススメできないな…と再確認できたエピソードでした。