TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫本当に気持ちいいセックスをするための不倫

≪人妻ユイの不倫文化論≫本当に気持ちいいセックスをするための不倫

  • 2015年10月07日  仮屋園 ユイ   



    既婚者の性生活について、興味のある方はいませんか?独身であれば、付き合う相手によってプレイも変わり、相手の性器の形状も変わりますから様々なセックスが楽しめます。しかし、結婚したらそうはいきません。基本的にパートナーとしか行為に及べなくなる既婚者は満たされない性欲をなんとかしたい…と、「気持ち良さ」を求め不倫する人が後を絶たないんです。

     

    【本当の気持ち良さを知らない女性】

    男性であれば、どんな女性が相手であろうが基本的に射精までたどり着けることでしょう。多少のユルいキツいはあれど、女性器って根本的に男性器にとっては気持ちの良いものですからね!しかし、女性はそうはいきません。

    セックスの際に男性に主導権を握られることが第一の原因として挙げられます。ホントはこっちを触ってほしいのに…とか、こう触ってほしいのに…とか、行為の最中女性は満たされない思いでいっぱいなんですよ。女性の体の気持ちの良い部分が本当に解っている男性って、ごく少数しかいないように思います。

    性器の大きさと長さにも女性の快感は左右されます。太いのがお好みの女性がいれば、細めで長いのがお好きな女性だっています。性の好みは十人十色、性格も顔も社会的側面も、そして性の趣向まで一致する異性と出会えるなんてあり得ない。するとどこで妥協するのか…というと、つい性の優先順位を下げてしまうのが女です。そうして一緒になったパートナーが間違った性に関する知識を持っていたり、女性の快感のポイントを押さえていなかったり、そもそも自分本位のセックスに没頭してきたような人だと、それはもう災難としか言いようがありません。本当の気持ち良さを知らないまま、人妻へとなってしまうわけですから。

     

    【既婚イコール性生活に満足、ではない】

    行為中に男性のプライドを傷つけてしまわないようにとつい、気持ちがいいと演技をしてしまう女性がたくさんいるように、気持ちいいポイントを押さえていないセックスでは女性は本当に気持ち良くなることなんて出来ません。女性はそもそもオナニーをしない人もいますし、する人でもオナニーならイケるのに、相手とのセックスだとイケないという人がとても多いです。結婚しているから、最高のセックスライフを送れている!ということでは無く、むしろ既婚者の方が性生活は荒んだものだと考えて良いでしょう。

     

    【誘い文句は「本当の気持ち良さを教えてやる」】

    「わたしって、イッたことあるのでしょうか?わかりません。」そんな疑問を抱え誰にも言えずに不倫コラムニストのわたしへメッセージを問い合わせしてくる既婚女性がたくさんいます。そういう質問をわたしへ投げかけてくる女性の100パーセントは「イク」という経験をしていません。「中イキ」というのはそもそも違った原理で起こるもので、一種の催眠といいましょうか…信頼関係と、たっぷり時間をかけて開発して発生するオーガズムのことで、これについてはまた次回以降にお話ししようと思いますが、大抵の人が経験する可能性のある「外イキ」についても経験したことのない既婚女性が大勢いるんです。男性でいえば、まずありえない話ですよね。でも、女性なら結構いるのが悲しい現実。そして、その多くがイクってどんなに気持ちが良いのだろう…と気になって仕方ない状態です。

    こういった性への好奇心を持った人妻の心を射止める誘い文句が、「本当の気持ち良さを教えてあげるよ」というもの。俺なら君に本当の快楽を与えられるよ、というアピールです。そんな直接的なこと言って引かれないだろうか…と心配になった男性諸君、安心してください。このくらいが、いいんです。外イキに関していえば、男性の体力と向上心次第。女性が高まる前に、男性が入れたくなってしまい前戯をやめてしまうからイケないだけという場合が多いんですよ。

     

    【共に快楽を追及する不倫セックス】

    男性は男性で、ただ単に射精までしたら気持ちがいいセックスになる…というわけではありませんよね。快楽にも様々な感じ方があります。男性だと、自分の好意で女性が気持ち良さそうにしている姿を見るのが好きだし、そういうエッチがしたい!という方が多いように感じます。女性が感じる声や、気持ち良さで歪んだ顔を見るのが好きで、たまらなく興奮するという男性結構いますよね。ですので、不倫で女性に徹底的に尽くして、気持ち良さを提供してあげることは男性にとって大変オイシイ機会といえます。

    それと対照的に女性は、自分のカラダへの気持ち良さを追求する本能的なエッチを不倫相手に求めると同時にそのためには、心もある程度相手に許さないといけませんから結果心も体も欲しくなってしまいます。本気と不倫の線引きの難しい関係になりがち。ですが、不倫だとしても本当の気持ち良さを知るチャンスですから、快楽を追及する女性にとって、性に積極的かつ献身的な前戯が出来る男性は大変重宝されるんですよ。