TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫梅雨時の不倫デートコース

≪人妻ユイの不倫文化論≫梅雨時の不倫デートコース

  • 2016年06月29日  仮屋園 ユイ   



    雨の日が続くと、デートをするのも一苦労ですよね。雨に濡れたくない一方で、雨に濡れるのがイヤな人達がみな屋内の施設に集まり、必然的に室内の人口密度が高くなります。出来るだけ人の見られないように会いたい“不倫”は、梅雨時期になるとデートコースに非常に悩むのです。そこで今回は、不倫妻であるわたしが毎年梅雨時になるとおこなっているデートについてご紹介していきます。

     

    【毎年、ドライブデートは鉄板です】

    雨が続くと恋人同士だとしてもわざわざ車を出して遠出しよう…とはいきませんよね。不倫と違って健全なお付き合いをしている2人であるならば、おうちデートをしてまったり過ごしたり、近場のショッピングモールを見て歩いたりということが多いのではないでしょうか。不倫相手とは、そういうデートをするわけにはいかないので、必然的に遠出をしなければなりません。知人友人との遭遇率を下げるために、梅雨時は特にドライブデートを推奨させてもらっています。

    車の中は密室。2人でどんな会話をしていても誰にも聞かれることはありません。車に乗っていれば雨に当たることもありませんし、ご当地の美味しい食べ物をサッと降りて買って来れば、車でゆっくり食べることができる。屋内の施設はどこも満席で人もわんさかいますから、そこさえ避ければ普段よりも関係者との遭遇率を下げられます。雨の日の運転を男性にはお願いしてしまうので、そういった疲れは男性側に蓄積されてしまうことでしょう。ペーパードライバーだという彼に、レンタカーでドライブしてもらったときはヒヤっとすることが何度かありました。それでも、人目を避けられるというのが大前提の関係ですので、ドライブ毎年梅雨時期になるとドライブデートを行っています。

     

    【人が出歩かないからこそ、外を歩くという手も】

    逆の発想なのですが、ジメジメした曇天で不快指数が高い屋外でデートする人は少ないですよね。人が出歩かないからこそ、あえて屋外でのデートにいそしむという考えもあります。花畑や果樹園といった場所には通常であれば晴れの日に行くもの。でも、洪水等ではない限り、そういうところは常に受付してくれます。誰の目も気にせず屋外でわいわいデートが出来るのは、1年を通して梅雨時期だけかもしれません。それこそ、昔に梅雨時期にキャンプをしたことがあります。キャンプ道具をすべて貸してくれるところで、泊るところもテントではなく綺麗なコテージ。キャンプ気分を味わうには十分なところでした。屋根のあるところで火を起こして彼とバーベキューしながら、ちょっとした自然と不自由を味わう。季節的にもまだ肌寒いことからキャンプ客はほとんどおらず、のびのび不倫旅行を楽しむことが出来たのを覚えています。

     

    【人を避けられる“高級”な場所は安全】

    また、“お金のかかる場所”は基本的にどの季節でも人の数が限られてきます。カラオケ店だと安いので、雨の日なんかはとても繁盛しています。が、高級料亭といった大衆向けではない場所は雨でも晴れでも人が少ないのです。梅雨時にデートする相手は、お金持ちだと本当に安心。とっておきのお店で人も少ない場所を紹介してくれるので、危なげがなく恋愛気分に浸れます。一番素敵だったのが、郊外にある温泉旅館。一見さんお断り、の高級温泉宿で、ガイドブックにも載っていない。車を停める場所から客室に行くまでの過程、お風呂まですべて自分達専用の空間なんです。不倫大歓迎!といわんばかりのおもてなしを受けることが出来ます。

    いかに人を避けるかと考えたとき、いつも行かないくらい遠くにいかなければ…と思うものですが、実はそこまで遠くに逃げなくても“金銭的な壁”があれば大抵の人からは避けられるのです。経済力のある人が不倫しやすいというのは、まさにこういう手段があるからでしょう。いつでも安心して不倫相手と会える場所があると思えば、お金持ちに限っていえば梅雨時期だなんて関係ない、ということです。

     

    ■梅雨時に気を付けたい外出先も…

    一度、危なかったのがテーマパークでのデートです。通年混んでいるんだし、梅雨時だと雨対策で皆周りを気にするヒマもないだろう…と勝手に思って当時燃え上っていた不倫相手と弾丸旅行したことがあったんです。すると、まさか男性側の知人と遭遇してしまって。「入場券買ってたし、こんな天気だけど来るしかないよな」とその知人男性が漏らしているのを聞いてハッとしたのを覚えています。すでに前売り券等を購入してしまっているような、“計画をして出かけるようなところ”だと梅雨時期であろうが出かけてしまうということです。幸い、わたしのことを知っている人ではなかったのでセーフでしたが、内心ヒヤヒヤものでした。そんなスリルがまた楽しかったりするのですが、本当にバレてしまってはゲームオーバー。スリルをスリルのままで楽しみ続けるために、今後こういう軽薄な行動はよそうと誓いました。

    梅雨でもデートはしたいものです。不倫相手とだって、デートはしたくなります。バレずに不倫を続けるためには、人混みを避けてなるべく鉢合わせになるリスクを抑えたデートコースを考えたほうが良いでしょう。不倫を楽しんでいる方は、思い付きでの行動のせいで、不倫バレしてしまうリスクの高い時期だということを肝に銘じておきましょう!