TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫職場には不倫が溢れている?!

≪人妻ユイの不倫文化論≫職場には不倫が溢れている?!

  • 2014年10月22日  仮屋園 ユイ   



    不倫人妻のわたしが経験した数々の不倫経験の中でも、ダントツで多いのが職場での不倫でした。そして、わたし以外にも職場で不倫関係にある人達をたくさん目撃してきました。職場に溢れる“不倫”、今回はそのお話をしていきたいと思います。

     

    【会話というコミュニケーションを利用して…】

    異性と接する機会は家を出た一歩先からたくさんあるにも関わらず、なぜわたしは職場の男性と数多く不倫関係になってしまったのか考えてみました。同じ職場の男性との出会いというのは、いつも大体が挨拶程度のささいな会話に始まって、仕事の内容を話したりするくらい。それが段々、休憩時間なんかに私生活のことをチラッと話始めるのが、仲良くなる第一歩です。

    女性というのはとにかく話を聞いて欲しい生き物ですから、自分が相手に知ってもらいたい話というものは積極的に話す傾向があるように感じます。わたし自身、話しをしたいと思った男性には、自分のことをつい進んで話してしまいます。でも、男性というのはあまり自分のことを話したがらないように感じてなりません。既婚男性に至っては、半端じゃないくらい私生活話に対するガードが堅いです。根っからの浮気症のわたしは、そんな高い壁に阻まれた既婚男性の家庭の話を少しずつ、話したくなるように仕向けるのがとても楽しくて仕方なかったんです。

    仕事場の雰囲気が良くなるようにするには、同じ空間に居るもの同士がある程度仲良くなければならないと思います。仲良くなるには飲みに行くのが手っ取り早いですから、職場での飲み会は頻繁にありました。そんなお酒の席での甘く優しい冗談が、女のわたしにはとても響いたんです。ビジネスの観点から、良い職場環境にしようと考えるなら不倫なんてもってのほか。でもわたしは職場でも“1社員”というよりは“1女性”として見てもらいたかったのだと思います。特段容姿が綺麗だとか、スタイルが抜群とか、そういった女ではないわたしは“なんでも話しやすい人”という立ち位置で、公の話を入口に私生活の話まで出来る存在になって、職場の男性の多くとより親密な仲になっていったのです。

     

    【“仕事が出来る”ことは、家庭からは見えない】

    “仕事の出来る”男性というのは、本当にカッコ良いと思います。視野が広く、常にたくさんの人や関係にプラスになるように働きかけることのできる…。そんな上司だと、つい私生活でもリードしてもらいたいな、なんて気持ちになってしまいます。素敵な上司や信頼できる同僚、かわいい後輩くん…。そんな彼らとわたしがグッと距離を縮めようとする時、ポイントである“仕事中のカッコ良い姿”が、肝心のパートナーには見えていないということ。

    彼らの奥様達は、仕事モードがオフになった彼らしか知らないということに気づいてからというもの、わたしのトーク力は格段アップしました。それに従って、不倫成功率も大幅にアップしたと感じます。彼らも、仕事で頑張っているのに、家庭でなかなかその苦労が報われないということに不満を持っています。そこをつつけば自ずと気持ちは揺らいでいくワケです。職場で不倫が蔓延しやすいというのは、ここに原因があるのではないかと思います。

    仕事を頑張った分、しっかりと給料に全てが反映されるほど社会は優しくありません。世の奥様達は、ご主人がどれだけ仕事に熱心に取り組んでいるか、苦労しているのかなんて知ったこっちゃなく全て“お給料”で推し量るのが現実です。こんなに頑張っているのに、不条理な扱いに耐えているのに「お給料、これだけ?」なんて言われた日にはもうガッカリしますし頭にもくるでしょう。そんな傷ついたスーパーサラリーマン達の心の支えに、職場の女性はなってあげるのです。職場の男性の傷を癒し、笑顔で家庭に帰っていけるようにする。職場不倫というのは、なにも不倫につけこんで職場も家庭も根こそぎブチ壊してやろう!なんて考えてはいないのです。

     

    【家庭から離れ完全にフリーな時間が職場!】

    既婚者は、仕事が休みの日となれば家族サービスに大忙し。ここ最近の“イクメンブーム”で、男性には自分の趣味に充てる時間など微塵も存在しなくなってしまいました。家庭から離れて、身ひとつで行きたい場所へ行き、話したいことを話せる場は職場くらいになってしまったのです。ですから、そんな職場でつい誰かと深い関係になってしまうということは、わたしのように一生懸命蜘蛛の巣を張って待ち構えている女性社員がいたらもう仕方のないことでしょう。

    男性も女性も、ガス抜きというのが必要です。いつも緊張している状況で、気が休まる瞬間が無いと心が疲れて壊れてしまいます。素の自分でいられる場所だったり、自分を認めてくれる相手がいる場所が職場だったりしたのなら、それはツラい仕事もはかどりますし、意欲もグングン湧きあがってくることでしょう。わたしが職場不倫を見てきて、自分自身も経験して思うことはとにかく仕事がはかどること。仕事が楽しくなって、仕事に対するツラさを感じなくなるということです。職場不倫は、社会的信用も失墜させてしまうほどのリスキーな行為ですが、そのリスクに十分ふさわしいメリットも存在しているのです。