TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫許されない2人の記念日の過ごし方

≪人妻ユイの不倫文化論≫許されない2人の記念日の過ごし方

  • 2016年01月27日  仮屋園 ユイ   



    お付き合いをはじめて、何か月経ったとか何年経ったとか…記念日のお祝い、皆さんはしていますか?ユイもはじめのうちはしていましたけれど、主人は結婚3年目から記念日を忘れたようで…わたしも問い詰めなかったので、記念日はなんてことない普通の1日に成り下がりました。さて不倫仲の2人は、どう記念日を過ごしているのでしょうか。

     

    【お泊りデートに興じてみたパターン】

    バレたら身の破滅…な不倫ですが、記念日はお泊りデートだ!と男気溢れるサプライズをしてくれた方が今まで関係を持った中でいます。W不倫でしたから、奥さんにバレたりしないか心配でハラハラしましたが…そこはきちんと根周しをしてくださっていたので問題なくお泊りデートへ出発しました。

    いつもは行かない遠くへ2人でドライブ。友人に借りてもらったというレンタカーに乗って、高速道路のパーキングエリアで一息つき、日々の暮らしを忘れるような恋人気分を味わうことが出来ました。お泊り先は、某有名系列ホテルのスイートルーム。この時の彼は、株で一儲けしたという方だったこともあり、お金の遣い方が物凄かったです。楽しむためなら、何にだって遣う!というワイルドさ…お金の遣いっぷりに関しては彼を超える人とまだ出会っていません。記念日にお泊りデート、とても嬉しかったです。ただ、足が付かないように細心の注意を払わなければならない点だけ大変だったと思います。そこは疑い深い彼だからこそ、徹底して用意できたプレゼントだったのかな…とも思います。

     

    【特別なディナーにご招待してくれた】

    よくあるパターンとして挙げたいのが、いつもより少し豪華なディナーに招待してくれること。夜景の綺麗なお店でフルコースを頂くとか、隠れ家的な居酒屋さんを紹介してくださって、個室でゆっくり周りの目を気にすることなくのんびりしっぽり飲んでお話しが出来る…といった場を提供してくれるのが不倫経験豊富なわたしの中で一番多かったように思います。

    金額的にも、先程紹介したお泊りデートをプレゼントしてくださった彼のように湯水のように遣われては正直気にしてしまいます。申し訳ない気持ちと、いつかお礼しないといけないよな…という気持ちで重く感じてしまいます。ですので、記念日デートは個室でディナーがわたしは一番好きですし、楽しめます。紹介してもらえないと入ることのできないお店、結構ありますよね。「あそこ美味しいらしいけど、行ってる人いる?」なんて噂だったお店に記念日に招待されたときは、とっても嬉しかったです。最近はそういう隠れ家的な店に招待してくれる男性がいないので…そろそろまたそういう男性と巡り会いたいものです。

     

    【バレると困る…けれど、素直に嬉しいプレゼント】

    不倫仲の相手から、プレゼントをもらう機会というのは少ないのが現状。既婚であるわたしに気を遣ってくれているのでしょうね。見覚えのない時計やブランドバッグが家にあったら「これ、どうしたの?」と主人に勘ぐられるかもしれませんから。そういう不倫を疑われるようなことは一切しないのが大人の関係です。でも、たまにいるんですよ、記念日にプレゼントを渡してくる男性。贈り物は嬉しいのですが、困ったものが数個あります。

    まずは、花束。お花を貰って喜ばない女性はいない!と言いますが、わたしは正直喜べませんでした。誕生日に友達から貰うのであれば、嬉しかったと思います。でも不倫相手から記念日にもらっても、それを持って家に帰ることが出来ません。あまりに立派な花束でしたので…。

    次に、ゲーム機とソフト。わたし自身根っからのゲーマーで昔はよくゲームをしていました。ゲームの話で盛り上がった男性が、お食事に初めて行った日を記念日としてプレゼントをくれたのですが、それがポータブルゲーム機本体とソフトでした。「ネット環境があれば、一緒に家にいながら出来るから…ゲームの中で会えるよ!」なんて言っていたのですが、わたしがいきなりそんなゲームを家でやり始めたらさすがの主人も「どうしたの?」

    というに決まっています。友達から貰ったのであれば、嬉しかったのになぁ…と悔しい思いでいっぱいになったプレゼントでしたね。

     

    【それぞれの楽しみ方がある不倫仲の2人の記念日】

    不倫仲だから、記念日のお楽しみは無し!なんていうのは寂しすぎます。不倫といえども恋は恋。肉体関係があってもなくても、日常に疲れた心の拠り所がお互いだから続く仲です。わたしは大体食事に行くかプレゼントをもらうかでパターン化してきていますが、もしかしたらもっと素敵な記念日のサプライズを用意してくれる男性がいるかもしれません。

    バレないようにと周りを気にしながらのデートにはなってしまいますが、記念日をきっちり覚えていてくれる…ということだけでも今まで以上にその相手のことを思うことが出来ますよね。よりお互いが深い関係になるために、記念日は大事にしておきたいものです。