TOP > イククルコラム > ≪人妻ユイの不倫文化論≫高スペック女性が不倫に走る理由とは?

≪人妻ユイの不倫文化論≫高スペック女性が不倫に走る理由とは?

  • 2016年02月17日  仮屋園 ユイ   



    顔立ちが整っていて、スタイルも抜群。学歴も高くて、一流企業に勤めていたり、専門職でバリバリ活躍していたりする女性、カッコイイですよね。でも、そういういわゆる高スペックな女性に限って不倫に走ってしまうことをご存じでしょうか。今回はわたしの周りで不倫という泥沼にハマった、デキる女性達について紹介していきたいと思います。

     

    【自分がデキるゆえに、同年代男性とは合わない…】

    神様ってイジワルなもので、綺麗な女性に整ったカラダを与えるし、回転の良い頭も授けるし…二物も三物も一人に与えてしまうから、筆者のように一物もない女性が生まれるんですよね。で、そんな秀でた女性を高スペック女子というのですが、自分自身がデキるゆえに、同年代男性とは会話さえうまくかみ合わないという方が多いんです。そもそも、男性の精神年齢って女性よりも低いって言いますから、同年代男性は基本夢を見がち。地に足が付いていない男だっていますし、ただのビッグマウスでガッカリ…なんてことも。野心だけはあるけど、実際のところどんな暮らしをしているのかなんてサッパリわからないってのがオチ。そんなイケてない、デキない同年代男性とのお付き合いよりも、よっぽど大人で社会の酸いも甘いも知り尽くした大人の男性との出会いのほうが素敵に見えてしまっても仕方ないよなぁと思いませんか?

    さらにいうならば、経験値ってあると思うんです。人生における経験値。長く生きて、いろいろな場面に遭遇しているからこその対応力…これが備わっているのは必然的に同年代ではなく年上の男性なんです。結婚している男性が、余裕感があっていい!とよくいわれるのはそんなところでしょう。一世一代のプロポーズをすでに経験していますから、もう女性相手にガツガツなんかしない。でも親しみと尊厳を込めて女性に接することが出来る…既婚男性にハマってしまう高スペック女子は、実は頼れる男性に甘えたいし自分の弱みを見せたいんです。

     

    【バリキャリ女子=高収入。男性の稼ぎが厳しい現実】

    バリバリ仕事をしているのも高スペック女子の特徴です。定職に就き、しっかりと稼いでいるから彼女らは経済的には潤った生活をしています。最近は女性の社会進出の場が広くなり、男性顔負け!という経済力のある女子が増えてますよね。そんな高収入な彼女たちだからこそ、同年代でフツウの仕事に就いている男性には決して惹かれない。「俺が幸せにするから…」と言われたところで「その稼ぎで?」とシラケてしまうんですよね。彼女らはお金があれば幸せになれる、と思っているワケではないようです。某広告代理店で働く容姿端麗な20代女性にお話しをお伺いしてきました。

    「お金は、ある程度あれば暮らせると思うんです。お金持ちと結婚したら幸せになれるというワケでもないし…。でも、お金っていくらあっても困らないと思うんですよね。だから、最低でも自分よりは稼ぎの良い男性と仲良くなりたいかな…」

    うーん。正論といえば正論ですが、『自分より稼ぎの良い男性』という括りで必然的にターゲットが同年代から外れていく気がします。

     

    【コスパの悪い独身男性よりも、コスパの良い既婚男性へ】

    結婚するにはいろいろな妥協が必要かもしれません。でも、交際相手を選ぶ際にはそういったことをあまり気にしない方が多いのではないでしょうか。できるだけストレスフリーな自分でいられて、楽しく過ごせる相手を選ぶのと思うんです。となると、稼ぎが自分よりも悪く、さらに心の余裕感もない独身男性よりも、余裕感たっぷりで経済的にも潤っている既婚男性のほうに心惹かれてしまう…ということに。

    わたし自身、なぜ不倫をくり返すのかなぁと考えたときにやはり既婚男性とのお付き合いは『コスパが良い』ように感じるんです。たくさん電話やメールをしなくて良いし、こっちの都合をわかったうえで必要な愛情だけ注いでくれる。金銭的な負担についてこちら側はほとんどかからないのに、向こうからのリターンは高価で高級。喧嘩になんてほとんどならないし、いつだってこっちの気持ちに寄り添って味方をしてくれる。いうならばハイリスクローリターンなのが同年代の独身男性で、ローリスクハイリターンなのが既婚男性。さぁ、どちらに投資するのが良いと思いますか?…そうです、後者ですよね。

     

    【そしてある時、気付くんです】

    高スペック女子は不倫という泥沼に浸かり切っているある日、気付くのです。友人知人が結婚したり子供が生まれたりしたら、「あれ、わたしってそういう関係になりそうな相手がいない…」と。傷つくことを恐れず、コスパも気にせずに心向くまま真っすぐな恋愛をしてきた人と、恋愛偏差値に開きが出来てしまっている事実に後になって気付くのです。あなたの周りに、綺麗だし仕事もバリバリ出来るのに恋愛がうまくいっていない女子はいませんか?それはきっと、不倫にハマる高スペック女子。泥沼から出るには一人では難しいものです。誰か、彼女らに救いの手を差し伸べてあげてみませんか?