TOP > イククルコラム > ■ちぃこの恋愛心理学■言わなくてもわかって欲しい?

■ちぃこの恋愛心理学■言わなくてもわかって欲しい?

  • 2013年04月17日    



     

    「その位言わなくてもわかるでしょ!!」「その位察してよ!!」多くのカップルの喧嘩のきっかけにある”言わなくてもわかってよ”。言わなくてもわかるのが当たり前? その”当たり前”は当たり前ではないかもしれませんよ?
     
     
    先日、電車の中で近くにいた女子高校生の会話が何気なく耳に入りました。
    「恋バナ」で盛り上がっている楽しそうな声は、同じ車両に乗り合わせた人たちに筒抜けで、聞き耳を立てなくても自然と耳に入ってきました。
     
     
    「彼氏が何も決めてなかったんだ、どう思う? 普通考えてくれるでしょ?」
     
    「デートの日、彼がノープランだった」
     
    一人の女の子が話しているのは、そんな内容でした。
     
    ノープランで現れた彼に対して、彼女は不満を感じます。
    彼女の不機嫌を察知した彼は「どうしたの? なんかあった?」と彼女を気遣います。
     
    楽しみにしていたデートにノープランで現れたことに腹を立てている彼女は、不機嫌ながら答えます。
    「怒ってなんかないよ。なんでもない!!」
     
    そんな会話を彼と何度か交わしていくうちに、今度は彼が不機嫌になっていきます。
    彼女が意味もなく不機嫌なことに苛立ってきたのです。
    結局その日はデートもせずに、その場で喧嘩して別れました。
     
    彼女はそう話した後、友達にこう言いました。
     
    「その位、いちいち言わなくても普通わかるでしょ? 」と。
     
    このセリフは私の元に訪れる女性たちからも、よく聞くセリフです。
     
    『その位、言わなくてもわかって欲しい』
     
    そう思う彼女は不機嫌になる。
     
    その不機嫌さを察した彼は「何かあった?」と気遣う。
     
    「なぜ不機嫌か、言わなくてもわかってよ」
     
    彼女は益々不機嫌になる。
     
     
    ・彼と喧嘩ばかりで疲れる
    ・彼が私のことを全然わかってくれない
    ・彼がKYすぎる。
     
    彼女たちは、
     
    「気持ちを伝えなくても(彼に)察して欲しい」「"普通"察してくれるものだ」
     
    と期待しているのです。
     
    元々、日本人は空気が読める民族だと言われています。
    相手から求められなくても、相手の心情や状況を察して、相手に合わせた行動をする。
     
    これは素晴らしい、誇れる心だと思います。
     
    一方で空気が読めない人のことを『KY』と言ったりしています。
    しかし、KYは本当にいけないことなのでしょうか?
     
    「彼はきっと(私の気持ちを)察してくれるだろう」
    「彼は察してくれるはず…」
     
    これは、「きっと彼は私の期待通りに行動してくれるはず。」
    と、無意識に彼に期待と要求をしていることになります。
     
    その結果、彼が期待通りに行動しないと、苛立って不機嫌になる。
    「なんで怒ってるか察してよ」と思うのです。
     
    この言動をよく考えてみると、そもそも期待や要求は、こちらが勝手に抱いたものです。
    一方的に期待して、一方的に苛立って…不機嫌が収まらない。
    一方的に「期待通りに行動してくれなかった」彼に不満が爆発します。
     
    彼にとっては、何が何だかわからないままでしょう。
     
     
    せっかくいい雰囲気になったのに、恋人同士になれたのに、上手くコミュニケーションがとれず、別れてしまうカップルの中には、
    もっと早く、きちんと自分の思いを"丁寧に"伝えていたら、違う結果になっていたかもしれない…
    そう思うことがよくあります。
     
    相手の心情を察する"空気を読む"は「思いやり」の心からはじまります。
     
    しかし、相手に無言で要求する前に、自分の気持ちをきちんと伝えることも「思いやり」です。
     
    相手に「思いやり」を要求する前に、自分から「思いやり」を見せることも大切なのではないでしょうか。
     
    何年も共に暮らしている夫婦や家族でさえも、言わなければわからないことはたくさんあります。
    お互いにわからないことも、伝える合うことでわかり合えるようになります。
     
    知り合って間もない人や恋愛時期に於いて、お互いの気持ちを伝え合うことは、最も大切なことだと思います。
     
    それ以外に、わかっていても言われたら嬉しい言葉もあります。
    例えば「好きだよ」なんて言われたら、わかっていたとしても嬉しいですよね?
     
    「その位、言わなくてもわかってるはず」
     
    私たちは、無意識に「伝えること」を省略してしまいがちです。
     
    『伝えること』は相手に対する「思いやり」であり、お互いをより深く知る機会です。
     
    伝えること、聞くこと、察すること。
    人と繋がるということ。
     
    すべてに「思いやり」を持ち、省略せず、丁寧に伝えていきたいですね。
     
     
    あなたは、相手にばかり要求していませんか?
     
    思いやりある言葉で、自分の気持ちを相手に伝えていますか?
     
    ほんの少しの思いやりが、あなたの未来を明るく変えるかもしれません。
     
    あなたの未来が今よりもっと明るい日々となりますように。