TOP > イククルコラム > ■自称★婚活のプロの結婚指南■初デートではまだ判断しないで

■自称★婚活のプロの結婚指南■初デートではまだ判断しないで

  • 2015年03月31日  momo  



    初デートってどうしても相手に期待してしまうものだから、実際に会った後はちょっとガッカリしちゃうことも多いと思うの。だけど、よっぽどNGなことがない限り、その一回で彼のすべてを判断したりしない方がいいわ。せっかくのご縁を、早まって断ち切ったりしないでね!
     
     
    【 たった一度のデートで、相手の全てが分かるわけはない 】
     
    前々回、前回では、相手と知り合って間もない内に年収や職業に偽りがないか、既婚者ではないか、また浪費癖がないかを見極めた方がいいと話したわよね。
    そしてそれ以外のこと、例えばあなたにとって「大きな被害をこうむること」でないものについては見逃すべきよ、って。
     
    私の周りにいる婚活女子の中には、一回目のデートで相手のことをイヤになってしまって、「もう会わない」と判断しちゃう子が多いんだけど、その理由を聞いてもとくに重大性のない、どうでもいいことが多いわけ。
     
    「おごってくれると思ってたのに割勘だった」
    「服装がダサい」
    「会話が面白くなかった」
    「マザコンぽい」
    「食べ方が汚かった」
    「何か、ピンとこない」
     
    どれも、たった一回のデートでその人を判断するには、あまりにみみっちい理由よね。
    一人の人間の全内容が数時間で分かるはずがないし、そんな小さな理由で芽生えたばかりの関係をいちいち断ち切ってたら、その内デートする相手すらいなくなっちゃうわ。
     
     
    【 マザコン問題は根が深い。交際してから見極めるべし 】
     
    割勘だったことにガッカリしたのなら、おごってくれる男に育てたらいいし(このお話はまた後日、詳しくご紹介するわね)、服装はコーディネートしてあげれば済むことだし、彼が面白くないなら自分が面白くなればいいんじゃない?
    食べ方は付き合ってから少しずつ注意していけばいいし、「ピンとこない」に関しては、もはや言い掛かりとしか思えないわね。
     
    マザコンに関しては難しいところだけど、まず世の男性のほとんどが「いくつになってもお母さんが大好き」なマザコンだと思った方がいいわよ。
     
    でもたとえマザコンだったとしても、「母親を大事にしている孝行息子」の場合はセーフよ。「いい歳して親に甘えている依存型」ならアウトね。
    母親からの電話で、ぶっきらぼうに話すタイプは後者。精神的に自立していないから親に甘えた態度を取るわけで、それを良しとしている母親も息子に執着している場合が多いから、結婚したら嫁vs姑バトルは避けられないわよ。
     
    このマザコン問題はとっても根が深くて、一回や二回会っただけで判断できるものではないから、とりあえずデートの段階ではスルーして、交際が始まってからゆっくりと見極めていってね。マザコンについては、また今度じっくり解説させていただくわ。
     
     
    【 今はつなげておいて、他の人ともデートすればいい 】
     
    とにかく誰かと真剣にお付き合いして、いずれは結婚につなげていきたいと本気で考えてるなら、初めの一回きりで終わらせないで欲しい。
    1億2千万人近くいる日本人の中から、数時間でも一緒に過ごした「ご縁ある」人だと思うから、本当にもう会う価値がないかどうか、もっと慎重に決断すべきだと思うのよね。
     
    それには、「あまり深く考え過ぎないこと」が大事よ。
    たった一回会っただけの人のことを、あれこれ考えたって答えなんて見つかりっこないじゃない? それならひとまず彼との関係をつなげつつ、他の人とも出会って効率良くデートしていけばいいと思うんだけど、どうかしら。
     
     
    【 縁があるかないかは、後になって分かるもの 】
     
    結婚した人に出会いを聞くと、よく「初対面からビビビッときた」「初めて会った瞬間、この人と結婚すると分かった」っていうエピソードを話す人がいるけど、言っとくけど世の中そんな超能力カップルばかりじゃないわよ。
     
    「最初はとくに好きじゃなかった」とか「まさか結婚するとは思わなかった」っていう夫婦は多いし、こちらの方が現実的だと思うわね。
     
    そういう私自身も、今の旦那様との出会いは、正直言ってあまり思い出せないほど印象に残らないものだったわ。
    婚活に忙しすぎて彼のことまで考えられていなかったんだけど、それが逆に良かったのか、気付いたら彼だけが残っていた、って感じだったのよね。
     
    「ご縁のあるなし」を決めるのは自分ではなく神様だと思って、あまり肩肘張らずに二回目のデートをしてみたらどうかしら?
    何度か会っている内に、何となく居心地が良くなってきたり、じわじわと恋心が芽生えてきたりするかもしれないしね。
     
    いつかその彼と夫婦になって、出会いについて「最初はそんなに好きじゃなかったし、あまり印象に残らなかったんだけど」って答えてるかもしれないわよ♪