TOP > イククルコラム > ■自称★婚活のプロの結婚指南■彼に結婚を意識させる方法

■自称★婚活のプロの結婚指南■彼に結婚を意識させる方法

  • 2015年05月05日  momo  



    これまで話した「結婚相手にふさわしい男性」を見つけてお付き合いできたとしても、実際に結婚へコマを進められなきゃ何の意味もないわよね。そこで今回は、“結婚”という二文字を前にすると、どうしても尻込みしてしまう男性の心を動かす方法を伝授するわ。ぜひお試しあれ!

     

    【 男が結婚を決断できないのは女にも一因あり!? 】

    前回は「結婚したいなら自分を磨くべし」という話をしたけれど、努力の結果、素敵な男性を射止めて交際までこぎつけられたとしても、付き合っている間に彼が「今すぐ結婚しよう!」と決断してくれるとは限らないわよね。

    私の周りにいる適齢期の女子からも、「彼氏が具体的な結婚話をしてくれない」という相談をよくされるわ。最近の男って決断力がないというか、責任感が薄いというか、とにかく『いざ結婚』となると尻込みしちゃうことが多いのよねぇ。

    だけどそんな男子から言わせたら、結婚を決められないのは女の方にも一因があるらしいわよ。

    「彼女のことは好きだけど、絶対この人と結婚したいと思える“何か”がない」
    「いつか結婚はしたいけど、今すぐ彼女とする“必要性”を感じられない」などなど。

    結婚準備万端な女子からすれば「は?」てなもんで意味不明&理解不可能な言い分だけど、なんせ結婚する・しないの決定権は男が握ってる場合が多いから、彼が「NO」な限り女はただジリジリ焦りながら待つしかないのよね。

    そんな時はいっそ「今すぐにでも結婚したい男」に乗り換えるという手段もあるけれど、どうしても今の彼氏と結婚したいなら、彼の【結婚スイッチ】を押して、その重い腰を上げさせるしかないわね。

     

    【 相手の親と仲良くなれば、結婚をプッシュしてくれるかも 】

    男性に自分との結婚を意識させる方法はいくつかあるわ。ただ、どれも計算高さ満点で、逆効果になる可能性もある『諸刃の剣』だから、試すならそのつもりで使ってね。

    まず一番手っ取り早いのは【相手の親と仲良くなる】こと。

    「一度ちゃんとご挨拶だけでもしておきたい」とか言って何とか紹介してもらい、その後ご両親の誕生日、母の日、盆正月に手紙やプレゼントを送って気に入ってもらう作戦ね。

    うまくいけば、親から彼に「早く結婚しろ」とプッシュしてもらえるわよ。でもやり過ぎて彼ママに嫌われないように気をつけるのと、結婚後のことを考えて、程良い距離感を保っておくのが必要よ。

     

    【 古典的な“家庭的女アピール”も試す価値アリ 】

    ちょっと遠回しだけど、子供大好き&和食上手アピールで、【家庭的な女】を相手の心に刷り込むのも古典的な手としてアリね。いつの時代も、結婚となると男性は家庭的な女性を選びがちだから。

    間違ってもレストランや電車で騒ぐ子供を見て、舌打ちなんかしちゃダメよ。「可愛い〜」と呟いて、にっこり微笑んでいればいいの。

    ただ、そこで「私も早く子供が欲しいな〜」なんて余計な一言は言わないこと。男は追いつめられるのが何より嫌いだから、“結婚”や“子作り”を直接的に迫らないように。

     

    【 あえて“結婚”を迫らない『太陽作戦』も効果的 】

    それで言うと、「結婚」というキーワードをあえて口に出さないのも効果ありね。

    最初に「私は結婚したい」という願望を一度だけ伝えておいて(でなきゃ「結婚したくないのかな?」と勘違いされるからね)、その後は一切何も言わない・迫らない。

    『北風と太陽』って童話を知ってる? 旅人のコートを脱がす対決をした太陽と北風の物語で、北風がビュービュー強い風を吹き付けると旅人はぎゅっとコートを強く着込むけど、逆に太陽がポカポカ暖めると旅人はあっさりコートを脱ぐ、というお話。

    これは結婚前でも後でも、男性に何かして欲しい場合に使える賢いやり方よ。

    例えば旦那さんにやって欲しいことがあっても、ヤイヤイ口うるさく言えば相手も嫌な気分になってケンカにもなりかねないけど、「○○してくれると助かるな」と優しい言葉でお願いすれば、いともあっさり動いてくれるから。

    男にガミガミ言いたくなったら、心の中で「太陽、太陽」と唱えて、相手の自発的な行動を促してみてね。

     

    【 やるだけやってダメなら、執着心を捨てるのも人生の選択 】

    要注意なのは、家庭的な女をアピールするために彼の身の回りの世話をしないこと。一緒に住んでもいないのに掃除や洗濯までしてあげると、単なる“都合のいい女”に格下げされるわよ。

    結婚を決断させるには、「この女を放っておいたら、どっか行っちゃうかも」という危機感を与えることも忘れないでね。

    これらの方法を試してもダメなら、残念だけどその彼氏とは結婚のタイミングが今じゃないか、結婚のご縁自体がないのかもしれないわ。

    女は男よりも適齢期の限界が早いから、もしあなたが本気で結婚を望んでいるなら、いつまでも結婚できない彼氏に時間を費やすのはおすすめできないわよ。

    やるだけやってダメなら、彼への執着心を捨ててきっぱり諦めるのも人生には必要な選択。もっとイイ男が、あなたとの出会いを待ってるわよ!