TOP > イククルコラム > ■自称★婚活のプロの結婚指南■未来の旦那様を最短で見つけるには

■自称★婚活のプロの結婚指南■未来の旦那様を最短で見つけるには

  • 2015年05月12日  momo  



    長期間のスパンで婚活していると、気持ちが付いていかなくなって活動が嫌になる「婚活疲れ」に陥る可能性があるの。だからこそ、結婚相手探しは期限を決めて短期決戦で行うのがベスト。そこで今回は、運命の人を短期間で効率良く見つける方法をご紹介するわね!
     
     
    【 出会いから真剣交際までは、トーナメント形式で効率良く 】
     
    真剣に結婚相手を探そうと思っているなら、だいたい「○○までに結婚、せめて婚約」と自分の中で目標期限を決めている人も多いはず。
    それは「30歳までに」と年齢だったり、「今年中に」と月日だったり色々だけど、何事も目標を設定するのはいいことだと思うわ。もし仮に達成できなくても、自分の中だけの問題で罰があるわけじゃないから、気軽に延長すればいいだけだし。
    婚活でもダイエットでも、期限を決めずにダラダラやってると、達成する前に心が折れちゃうからね。
    その期限の中で未来の旦那様と出会い、お付き合いして、結婚にたどり着くには、正直言ってこの手順を1人ずつ繰り返している余裕はない。
    だって1人当たりの期間が3か月だったとして、1年でたった4人としか出会えないのよ? そんな少人数の中から運命の人を見つけるなんて、一体何年かかることやら…。
    そこで私がおススメしたい婚活の進め方は、『トーナメント方式』よ。最下層が一番多くて、勝ち残っていく度に数がしぼられていくやり方ね。
     
     
    【 出会いはまだ予選。少しでも気に入ったら次に繋げて 】
     
    まず出会いについては、【大量に釣り上げる】こと。ちょっとでも「この人いいなセンサー」が働いたらひとまずキープして、出会った順にデートしていくの。
    ただ無理なスケジュールで詰め込むと自分が疲れちゃうし、誰とどんな会話をしたのか混乱してしまうから要注意よ。
    それに、あまり頻繁に会うと「付き合うか・否か」という結論をすぐ出さなくてはいけなくなるから、キープ中はなるべくメールやLINEでの繋がりを引っ張ることが大事ね。
    「そんなにたくさんの人とデートできるかなぁ?」と不安を感じるかもしれないけど、中には1回もデートせずに脱落していく人も出てくるから心配無用。とにかく“可能性”を出来る限り広げておくことが肝心なの。
    そして、2回3回と会う度にちょっといい感じになってきても、よほど相手に惚れてしまわない限り「付き合う」という決断を焦らないこと。じっくり見定めて判断してね。
    また「お付き合い」を複数人とカブらせてしまうと、それはいわゆる「股をかける」ことになって、未来の旦那様に不誠実なことをしてしまうからダメよ。
    誰かにしたことは必ず自分に返ってくるからね、ギリギリのラインは越えないで。
     
     
    【 自分の話は小出しにして、相手の興味を最後まで引っ張ること 】
     
    何人かの男性と食事したり映画を観たり、公園でまったりするだけでもいい。たくさん話してお互いを少しずつ知っていけば、おのずと「合わない人」とは疎遠になっていくものよ。
    ただ、自分は結構気に入ってるのに相手から離れて行ってしまわないようにするには、自分の話をベラベラ喋らないことね。
    複数と会っていると、同じ人に同じ話を何度もしてしまう危険があるし、どうしても1人に対する集中力が欠けるから、あまり自分のことを多く語らず、「ミステリアスな雰囲気」を漂わせておく方が無難。
    それに、出会ったばかりの男性に、過去の恋愛話を隅から隅までぶっちゃける女子がたまにいるけれど、あれは男性からすれば「聞きたくない話」だと思うわよ。
    自分の全てを知った上で好きになってもらいたい気持ちも分かるけど、男の人は女が思っているよりずっと繊細だから、もっと自分を演出して夢を見させてあげて。あなた自身の話は小出しでチラ見せしておいて、最後まで興味を引っ張ってね。
     
     
    【 最終的には“一緒にいて寛げる人”を選ぶと◎ 】
     
    出会いから1〜2か月もすれば、おそらくトーナメントは最終の決勝戦を迎えているわ。生き残ったのは2〜3名。出来れば、この中の誰か1人と真剣交際に進みたいものよね。
    だけど彼らはトーナメント戦を勝ち抜いてきた強者ばかりだから、1人にしぼり込むのは相当悩むかもしれない。
    じゃあ何を決め手にすればいいかと言うと、ルックスや条件ではなく“居心地の良さ”よ。すでに何回かはデートしているはずだから、一緒にいて寛げる、何となく落ち着く人を選ぶといいわ。
    逆に、「何かが引っ掛かる」と感じる人はNG。女の直感は侮れないからね、たとえお付き合いしてもそういう人とは上手くいかない場合が多いわよ。
    こんな風に、たくさんの出会いから最終1人にしぼっていく方法だと効率的だし、同時に男性を見る目も養われていくから一石二鳥。
    「どこかで偶然、運命の人と出会えないかなぁ〜」なんて少女マンガ的発想はやめて、本当の幸せをつかみたいなら行動あるのみよ☆