TOP > イククルコラム > ■自称★婚活のプロの結婚指南■男の将来性を見抜く方法

■自称★婚活のプロの結婚指南■男の将来性を見抜く方法

  • 2015年05月19日  momo  



    結婚が幸せなものになるかそうでないかは、夫婦の価値観やお互いの理想像があまりにかけ離れてしまわないのが大事。イメージ通りの結婚生活を送れている人なんてほとんどいないかもしれないけど、少しでも理想に近づくためには、相手の将来性を冷静に見極めることが必要よ。
     
     
    【 10年後、どんな結婚生活を送っていたいのか? 】
     
    結婚は恋愛と違って、長期間のスパンで物事を考えなきゃ長くは続かない。結婚した時は良くても、10年20年経つにつれてお互いの状況も変わるし、世の中の情勢や自分自身の考え方も変わっていくもの。だから結婚相手を選ぶ時は、今の自分だけでなく、未来の自分にもちゃんと意見を聞かなきゃダメなのよ。
     
    まぁ実際にはターミネーターみたいに未来の自分とは会えないから、想像するしかないわよね。結婚10周年を迎えた自分はどんな生活を送っていたいのか、それにはどんな夫がふさわしいのか、ってことをね。
    その未来像に向かって一緒に歩める素質を持った男性こそが、あなたにとって必要な「男の将来性」ってことじゃないかしら?
     
     
    【 結婚に何を求めるかで、将来性のジャンルが変わる 】
     
    「男の将来性」と一言でいっても、ジャンルが色々とあるわよね。
    まずは出世や稼ぎなど、いわゆる「甲斐性」といわれる『金銭面』、次に子育てや家事を積極的に協力できるかの『家庭面』、太ったりハゲたりしないでそこそこのビジュアルを保てる『未来の容姿』、そしてお爺ちゃんになるまで健康・元気でいられるかの『体力面』。
     
    多くの女性は結婚相手の将来性において、よく考えもせずに『金銭面』ばかりを気にするけれど、自分の結婚生活にとって本当にお金が一番大事なのかをもっとよく考えないといけないと思うわ。
     
    稼ぎの良さに惹かれて結婚したのに、「育児を手伝ってくれない」「夜早く帰って来ない」「いつも忙しい」と文句ばかり言って離婚しちゃった人を知ってるけど、稼ぎが良くて育児も手伝えて、毎日早く帰って来るヒマな人っている?
     
    結局、彼女が結婚生活に本当に求めていたものは、金銭面よりも家庭面だったんじゃないかと思うの。
    そりゃあお金がなくちゃ困るけど、「収入は平均的でいいから、家庭生活を一緒に充実させたい」と初めから気付いていれば、彼女は相手選びを間違わずに済んだかもしれない。
    「もっとお金があればいいのになぁ〜」と不満に思うことはあっても、離婚するほど不幸にはならなかったんじゃないかしらね。
     
     
    【 大企業にお勤めのエリートも将来は分からない 】
     
    ただ「将来性」といっても決して“確定事項”ではないから、見極め方を間違えたら高い確率で外れるわよ。
     
    例えば『金銭面』を重視する場合、現在彼が勤めている会社や役職で判断するのはダメ。こんなご時世だもの、どんな大企業でも安泰ではないし、社長でもすぐ辞任させられちゃう時代だから、ちょっとした役職なんて付いていても会社の経営が傾けばあっという間に早期退職よ。
     
    男の将来的な甲斐性を見抜くには、彼自身の「社会性」を見なきゃいけない。どんなジャンルの仕事であっても真面目にコツコツ働けるか、会社が潰れてもすぐやり直せる精神的な強さを持っているか。仕事に専門性、いわゆる“手に職”があれば尚良しね。
     
    自営業や株なんかで羽振りが良い人は要注意。それが長年続いているなら信用できるけど、まだ10年以上継続していないなら、将来はどうなるか分かんないわ。
    何事も必ず“山あり谷あり”だから、“谷”を経験してそれでも這い上がって続いている人だけが本物だと思うわよ。
     
     
    【 男の将来性で重要なのは、稼ぎだけじゃない 】
     
    お金をたくさん稼いで来てくれても、自分や子供との時間を大切にしてくれなきゃ寂しくて死んじゃう!って女子は、『家庭面』を重視すべきね。
     
    だけど注意しなくちゃいけないのが、今「彼女」であるあなたを大事にしてくれるからといって、結婚後もそうとは限らないってこと。これは以前にも言ったけど、家庭面においては自分の家族を大切にしている人が有望株だから、そこをちゃんと見定めてね。
     
    いつまでもカッコイイ旦那さんでいて欲しいなら『未来の容姿』を見抜く必要があるけど、こればっかりは予測通りにはいかないでしょうね。
    だってハゲるかどうかなんて、家系図を見なきゃ分からないし、そもそも中年オヤジになってもカッコ良さってほんとに必要かしら? ちょっとぐらい太ってハゲた方が、浮気封じには効果的かもしれないわよ?
     
    「一家の大黒柱には定年まで働いてもらわなきゃ困るから、健康で頑丈な人がいい!」と思うなら、『体力面』が重要よね。体の健康はこれから調整できるかもしれないけど、精神面が不安定だったりひ弱な人はちょっと心配。
    神経質で細かい男性よりは、呆れるくらい楽観的、嫌なこともすぐに忘れられる、そんな「図太い」タイプがおススメだと思うわ。
     
     
    とにかく、結婚相手の将来性はお金だけが重要ではないということを忘れないで。
    実際に10年後の自分がどんな考え方をしているかは分からないけど、幸せってイメトレしていれば実現しやすいものだから、理想の未来像をしっかり描いて、それに近い旦那様を見つけてね!