TOP > イククルコラム > ■自称★婚活のプロの結婚指南■相手に求める条件は3つまで!

■自称★婚活のプロの結婚指南■相手に求める条件は3つまで!

  • 2015年02月17日  momo  



    現実を思い知り、それまで掲げてきた、高すぎる“理想の条件”を見直すことにした私。自分が理想だと思う男性の条件を箇条書きにして、ばっさばっさと削除していったの。そして最終的に“絶対に譲れない”項目を3つに絞ったのよ。
     
     
    【 存在しない王子様を追い求めてもムダよ 】
     
    前回は「結婚したいなら、結婚に向いている男を探せ」という話をしたわね。でも“理想の条件を全て満たす王子様”なんてどこにもいないし、そこそこ条件の揃った人が見つかったと思ったら、今度は生身の女性に対してコミュニケーション能力が著しく乏しい「ちょいキモ男」ばかり…。
    ま、そんな簡単に結婚相手が見つかるなら、世の中こんなに少子化になってないわよね。
     
    婚活を始めてすぐこの現実にぶち当たった私は、まず自分の高すぎる“理想の条件”を見直すことにしたわ。いつまでも、存在しない王子様を追い求めてたって仕方ないしね。
    でもこれが結構、難しい。子供の頃からマンガやゲームやドラマで植え付けられてきた理想の男性像って、なかなか捨て切れるもんじゃないのよね。
     
    だから私、あらゆる“断捨離”の情報を集めて、いい方法を見つけたのよ。あんたも結婚相手を見つけたいって思ってるなら、やってみるといいわ。
    それはね、『理想条件のリスト作成』と、その『削除』よ。
     
     
    【 その条件って、本当に必須項目? 】
     
    まず思いつくままに、自分が相手に求める理想の条件を箇条書きにしてみるの。頭に思い浮かべるだけじゃなくて、実際にノートや携帯のメモなんかに書き出さなきゃダメよ。
     
    例えば…
    ・目が大きくて、たれ目で、切れ長
    ・笑顔がかわいい
    ・おもしろい
    ・優しくてマメ
    ・オシャレ過ぎず、ダサ過ぎない
    ・年収800万円以上
    ・身長175cm以上
    ・自分と趣味が同じ
    ・AB型以外
    ・国立大学卒、浪人・留年歴なし
    etc…
     
    誰も見てないんだから、もう思う存分書き出しちゃって! これ、かなり楽しい作業よ〜。一人でニヤニヤ笑いながらやるといいわね。
    そして全部書き出せたら、数日間、保存しておくの。じっくり寝かせて、寝かせて…
    はい数日後。
    『どうしても譲れない必須項目』以外は、すべて削除するのよ。
     
    「ねぇ私、本当に趣味が同じじゃないと付き合えない?」
    「ねぇ私、本当に目が大きくて、たれ目で、切れ長じゃなきゃ付き合えない?」
     
    自問自答しながら、少しでも「別にいっかな」と思った項目は即削除。
    「全然、削除できないんだけど」って時はね、ちょっと想像してみるの。
     
    『もし“その項目に当てはまらない人”が現れたとして、なのにあなたは彼を好きになったとする。さて、なぜあなたは彼を好きになったのでしょうか?』
     
    その答えがあんたの“譲れない条件”であって、それ以外は別にこだわる必要がないってこと。物事ってシンプルに考えれば、案外いらないことだらけなもんよ。
     
     
    【 長所と短所は紙一重。一緒に理想に近づいていけばいい 】
     
    そうやって私も削除に削除を重ね、どうしても譲れない条件を3つだけに絞ったの。
     
    ・穏やかな性格である
    ・尊敬できる仕事をしている
    ・私のことを尊重し大事にしてくれる
     
    これ以外の理想は、すべて忘れてしまうことにしたわ。
    顔が良くても浮気するんじゃ付き合えないし、高学歴でも高慢だったら嫌だし、年収が高くてもケチだったら意味ないし。
     
    逆に、例えば「くちゃくちゃ音を立てて物を食べる」「タバコをポイ捨てする」「お金にセコい」「足・体・口が臭い」など、『こんな男、絶対ヤダ!』って思うところがあったとしても、『私のことを尊重し大事にしてくれる』人だったら、注意すれば直そうと努力してくれるはずじゃない?
    気になる収入面でも同じ。こんなご時世だもの、どんな大企業に勤めていたってこの先どうなるかなんて分からない。それなら『尊敬できる仕事をしている』方が、今は稼ぎがそんなに良くなくても、将来性があると思うんだよね。
     
    そもそも自分だって完璧な女じゃないんだしさ、付き合いながら2人で一緒に理想に近づいていけばいいだけのことなのよ。
     
     
    【 長い人生を共にする相手は、視野を広く持って探すべし 】
     
    あとね、過去の男と比べても何の意味もないわよ。それって脳の記憶が勝手に元カレを理想化しているだけだし、もう隣にいない男のことなんて、とっとと忘れることね。
     
    実際に私が結婚した旦那様も、それまでの彼氏とは全然違うタイプで、もし20代の頃に出会っていたらたぶんお付き合いしてなかったでしょうね。
    好みのルックスじゃないし、全然マメじゃないし、スマートにカッコ良くリードとかできないし、どう考えたって理想からはかけ離れていたわ。
     
    だけど結婚したら彼ってとても優しくて、子煩悩で、稼いだお金は全部渡してくれて、何でも私の思い通りにさせてくれる“超理想的な旦那様”なのよ!
    だから私は、独身の頃よりも結婚した今の方がずっとずーっと幸せ♪
     
    結婚相手は長い人生を共にする人だもの、くだらない条件並べて自分の視野を狭くしていたら、いつまでたっても見つからないわよ。
     
    まずは求める条件を絞りに絞って!あとは冒険とチャレンジよ。
    そうすれば、“今まで見えなかった何か”が見えてくるかもしれないから。