TOP > イククルコラム > ■自称★婚活のプロの結婚指南■相手の年収&金銭感覚を見極める方法

■自称★婚活のプロの結婚指南■相手の年収&金銭感覚を見極める方法

  • 2015年03月24日  momo  



    結婚は価値観が似ている人との方がうまくいく、ってよく聞くけれど、金銭感覚も同じ。幸せな暮らしに必要な収入額が相手にあるかどうかや、夫婦喧嘩・離婚の原因になりやすい浪費っぷりは、お付き合いする前に知っておいた方がいいわよね。今回はそれを探る術をご紹介するわ。
     
     
    【 相手に求める年収は現実的な数字にすべき 】
     
    婚活女子に相手に求める年収を聞くと、「やっぱり1000万円はないと〜」とか「最低でも800万円以上かな〜」なんてバブリーなことを未だに言ってる子がいるけど、その条件ってほんとに現実的なのかしら?
     
    平成25年度の国税庁調査によると、20代後半の男性の平均年収は371万円、30代前半で438万円、後半は499万円らしいわよ。
    ちなみに年収1000万円以上を稼いでいる日本人男性は、全体のたった6.2%しかいないんですって。その中で未婚者の確率は…、もんのすご〜く低いことは明白よね。
     
    結婚相手の年収にこだわることは間違っていないけど、あまりに非現実的な数字を求めていてもムダじゃない?
    結婚後も働きたい人、専業主婦希望の人、贅沢したい人、普通の暮らしでいい人。金銭感覚ってそれぞれ違うものだから、自分にとっての『幸せな家庭』に、どれくらいのお金が必要かリアルな数字を思い描いてみるといいわ。
     
     
    【 お金を甘く考えていると、愛は簡単に破綻する 】
     
    もしリアルな金額が分からないなら、自分が育った家庭の世帯年収がいくらぐらいだったか親に聞いて、その数字からちょっと高く見積もれば(物価の上昇分ね)いいと思うわよ。
     
    金銭的な価値観は育った環境に左右されるものだから、子供時代にお金に困った経験があって「もっと豊かな暮らしがしたいの!」と強く願っている人以外は、親が築いた家庭と同じぐらいを目指すのが妥当じゃないかしらね。
     
    年収、年収って言うといやらしく聞こえるけど、「お金」の持つ破壊パワーを甘くみていたら、愛や情なんていとも簡単にぶっ壊されちゃうわよ。結婚前は「お金なんて無くても、愛があれば十分♪」とか言ってた女に限って、結局は金銭問題が原因で離婚したりするからね。
     
    お金ってあり過ぎても無さ過ぎても、人の気持ちを変えてしまうものだから、あまり軽く考えない方がいいわ。
     
     
    【 会社名が分かれば、年収はネットで検索可能 】
     
    相手に求めるリアルな年収がだいたい決まったとして、今度はそれをどうやって確認するかが問題よね。婚活中はなるべく付き合う前に知りたいし、でも直接聞けることじゃないでしょ?
     
    業種にもよるけれど、20代なら日本の平均年収値とあまり大差はないと考えて。だいたい30代以降から会社の大小や業種、役職によって変わってくるわ。
     
    まずは彼がお勤めの会社名を聞いて、できれば名刺も貰っておくと確かね。もしそれが上場企業の場合は、「Yahoo!ファイナンス」のサイトで平均年収が調べられるわよ。
     
    同サイトから「企業情報」に入って会社名を検索したら、会社概要の下部に「平均年収」という欄が出てくるの。これはあくまで全従業員の平均だから、彼がまだ若いなら平均より低いと思うけど、将来的にはそれぐらい稼げるという目安にはなるわね。
     
     
    【 相手の趣味から浪費具合を推測 】
     
    年収についてそこまでこだわりがない場合でも、彼の「浪費」については探っておいた方がいいと思うわ。
     
    まず趣味を尋ねて、車やバイクだったら危険ね。彼氏の趣味としてはカッコイイけど、結婚したら喧嘩の元よ。維持費だけでもバカにならない上に、パーツを変えたり塗装したりとにかくお金がかかり過ぎるもの。
    収集癖の場合、マンガやDVDなら可愛いものだけど、フィギュアや希少価値の高い物をコレクションしてたら要注意。お金もかかるし邪魔だし、妻にとってはいいことないわ。
     
    ブランドにこだわりがあるような洋服好きも、浪費家である可能性大。
    日曜日の公園を見まわしてごらんなさい、どこの旦那さんもユニクロしか着てないから。結婚したらオシャレさなんて必要ないってことよ。
     
    そこまでお金を使わなくても、お酒を飲みに行くのが好きな人は夫婦喧嘩の材料になるわよ。
    彼氏の間は友達付き合いが多くて社交的に思えるかもしれないけど、結婚して子供でもできたら、毎日早く帰って来て家事育児を手伝ってもらわなきゃ困る。外飲みは月1〜2回、家でまったり飲むのが好きって人なら安心ね。
     
    ゲームの場合は、パチンコやギャンブルよりマシに思えるけど、飲みと同じで家事育児を手伝わずにずっと家でゲームしてる可能性があるから、あまりにハマッてる人は注意が必要よ。
     
     
    【 たかがお金、されどお金。金銭感覚が同じ人を選んで 】
     
    最も好感度の高い趣味はスポーツよ。草野球やサッカーなら健康的だし、将来は子供と遊んでくれそうだからその彼は有望株かもしれないわね。
     
    とにかくお互いの趣味やお金が原因で、夫婦喧嘩をしたり離婚まで発展してしまったらバカらしいと思わない? 
    家族や夫婦にはもっと大事なことがたくさんあるはずだから、お金のことなんかで揉めないように、金銭感覚が同じ人を選ぶようにした方がいいと思うわよ。