TOP > イククルコラム > ■自称★婚活のプロの結婚指南■自分に合った“婚活”の探し方

■自称★婚活のプロの結婚指南■自分に合った“婚活”の探し方

  • 2015年03月03日  momo  



    ひとえに婚活といっても、その手段は様々よね。ツールによってシステムも違えば、そこで見つかる相手のタイプも違う。今回は私が経験した婚活ツール(ほぼ全部だけど)をご紹介するわ。まぁみんなは断然「ネット派」だと思うけど、参考までに読んでみて!
     
     
    【 相手探しは長い目が必要! 続けられなきゃ意味がない 】
     
    今や月9のドラマにもなるくらいポピュラーになった「婚活」だけど、そうなってくるとまた情報過多になって、今度はどの“婚活ツール”を選べばいいか分からなくなってくるわよね。
    お見合いパーティー? 街コン? 出会い系サイト? Facebook? 結婚相談所?
     
    まぁ私はどれもひと通り経験済みだから教えてあげるけど、この中で「自分に合っていないもの」を選んでしまったら、彼氏や結婚相手が見つかるどころか、自信喪失 & 意気消沈 & 婚活疲れ という三重苦を味わうはめになるわよ。
    人には何事にも“向き不向き”っていうのがあって、無理すると長くは続かないものなのよね。
     
     
    【 1人で参加できるパーティー系は忍耐力が必須 】
     
    例えば『お見合いパーティー』は、一度に何十人もの男性と出会って、話して、愛想笑いをひたすら続ける、という根性の2時間を耐え抜く覚悟がないと無理。しかもだいたいのパーティーでは、最初に全員と「3分ずつ話す」という自己紹介トークタイムが設けられていて、トークが盛り上がろうとなかろうと、チン!と鳴ったら「はい次!」よ。
     
    ただ、おひとり様の参加者が多いから、友達がいないっていう寂しい人や、婚活してるなんて友達には死んでも知られたくない!っていう見栄っ張りにはもってこいね。
    それに初めに年齢や年収、職業などを書いたカードを交換するから、“条件こだわり派”にはおすすめかもしれないわ。
     
    あと私の経験上、『男性セレブと出会うパーティー』みたいなのにヨダレ垂らして行ってみても、医者や弁護士なんていないわよ。彼らはお見合いパーティーなんて来なくても、相手に不自由してないからね。
    どっちかっていうと、自営業や公務員が多いわね。そういうパーティーって女性の方が参加料が高いから、そのつもりで行くことよ。
     
     
    【 ネットでの出会いは可能性が無限大!? 】
     
    『街コン』はやや若い人向けね。
    ある一定のエリアにある飲食店を時間内に次々巡って行き、コンパ形式で相手グループと出会っていくのが街コン。これはおひとり様の参加者だとかなり浮くから、誰かと一緒に参加する方がいいわね。
    30分から1時間くらい相手の人たちと飲み食いするんだけど、お酒が入るから連絡先の交換がしやすいし、グループでの出会いっていうのも、「じゃあ、また次もみんなで」っていう流れが作りやすい。恋愛っていうより「まずはお友達から」的な、ライトな出会い方ができるわね。
     
    『出会い系サイト』での出会いは、会うまでに一定の時間があって、お互いの情報を探れるから慎重派の人にはいいかもしれないわ。お見合いパーティーや街コンと違って全国区で相手を探せるから、とにかく対象者が無限大!(言い過ぎかしら?)
    だって、“運命の人”がたまたま同じエリアに住んでたらいいけど、もっと広範囲で探した方が本当に気の合う人が見つかる確率はかなり高くなるわよね。
     
     
    【 相手のことをちゃんと観察&勘を働かせて! 】
     
    ケータイでのやり取りは平気でも、会うのに躊躇してしまってなかなか一歩が踏み出せないなら、休日の昼間にランチかお茶だけするのがいいわよ。もし想像してた感じの人じゃなかったら、短時間でサヨナラできるしね。
     
    ただネットって、結構自分のことを盛れるし嘘がつきやすいから、ちゃんと見抜かなきゃダメよ。万が一相手が既婚者だったり彼女持ちだったりして、後から「騙された!」なんて悔やんでもそんなの自己責任だから。
    左手の薬指に指輪の跡が付いてない? 会ってる間にやたらケータイがブーブー鳴ってない?
    ちょっとでも「?」って思うことがあれば、その疑問は当たってるわよ。信じるべきものは、相手の言葉じゃなく『女の直感』だからね。忘れないで。
     
     
    【 どんなツールでも探すべきはたった1人 】
     
    「知らない人と出会うなんて無理!」っていうお堅い女子にはFacebookね。小学校の同級生から、友達の友達のそのまた友達まで、あらゆるほそーい糸をたぐっていけば案外ヒットするわよ。
     
    結婚相談所は、まぁ最終手段として取っておいた方がいいわね。ハンパなくお金かかるし。
    参考程度にご紹介すると、結婚相談所って大手の会社がやってるところと、“仲人おばちゃん”みたいな人が個人でやってるところがあるんだけど、どちらも魅力は「相手の身元が確か」なことね。
     
    私は大手の有名相談所に入ってたけど、そこのシステムは“会員サイトの中で探す→お互い興味があれば掲示板で話す→会う”っていう、ネットでの出会いと同じだったわ。ただ「独身証明書」や「免許証」なんかを提出しなきゃいけないから、“盛りや嘘”が少ないってだけね。
     
    婚活ツールについては、ざっとこんな感じかしら。結婚相手を探してる女子は、これを踏まえて自分の性格や状況に合わせて選ぶといいわよ。
    ま、どんな形で出会おうと将来の旦那はたった1人(であることを望むわ)だから、根気よく探し続けることね!