TOP > イククルコラム > 《おばあちゃんの恋愛説教部屋》ダメね〜歌謡曲的な恋の行方〜

《おばあちゃんの恋愛説教部屋》ダメね〜歌謡曲的な恋の行方〜

  • 2016年03月01日  吉井 綾乃  



    弥生三月、三月は年度替わりの月。
    卒業式や送別会と別れの季節でもあり、同時に旅立ちの季節でもある。
    こと、恋愛に関しても別れがあれば新しい出会いが必ずあるが世の常である。
    出会いのための別れならまた、別れも一興。大いに、別れも出会いも楽しむが吉。
     
     
    皆さま、ごきげんよう。今日から三月よ。お変わりないかしら?
    さてさて、今日は…。兵庫県のヒミツさん、あなたに決定よ。でも、ちょっと長めのお悩みなのね。難問かしらん?
    よ。
     
    以前サイトで知り合った人と出会いました。。
    ライン交換して何回か食事行ったり買い物行ったりしました。。
    お互いに交際に発展すると思っていました。
    でもあたしの子供が彼氏作るのは嫌だと言われて。。
    子供の為に断りました。
    それからは連絡はあたしもしませんでした。。
    携帯が壊れてLINEも消えてしまって連絡が一切出来なくなりました。。
    でももう一度会いたいです。
    男の人は交際になりかけていた時に断ってしまったら、もう連絡はしたくないのでしょうか?
    忘れられてしまったのでしょうか?
    あたしの履歴とかもあたしが消えてしまった時に消えてしまったのでしょうか?
    やっぱりもう連絡は無いのでしょうか?
    ♀ ヒミツ 40代後半 兵庫
    なるほど…。お子さんがいらっしゃるのね。
    あたしの子供が彼氏作るのは嫌だと言われて。。
    子供の為に断りました。
    お子さんはお嬢さんかしらね、お幾つなのかしら?ところで、子供のために断ったなんて言ったら、ダメ。ルール違反よ。お断りは、自分の意志でお断りしたというべき、よ。
    じゃないと、お子さんにもお相手の方にも失礼だと思うわ。責任転嫁はダメよ。こと、男女のお付き合いにおいては、特にね。
    あら!まだお付き合いしていたわけじゃないから、この場合は別かしら…。
    とにかく、年頃が微妙なお子さまなら少し考慮の余地があるにしても基本的には男女の出会いにお子さんを言い訳にしちゃダメ。
    だって、これからあなたが何人の男性と出会おうと一生、お子様はあなたと一緒。だって、あなたのお子さんですもの。当たり前でしょう。
    お子様の希望がどうあれ、一人の女性として一人の男性に出会ったなら、一人の女性として考えるのが正解だと思うわよ。
    当たるも八卦当たらぬも八卦、あなたは、決断力に乏しく何事も人任せにしてしまう傾向が強い女性ね。よく言えば、『あなたについていきます』タイプね。だから、若いときは(失礼)そこが、可愛らしいと思ってくれる男性もいたはずね。
    それで、今でも心の中では自分は男性から見たら可愛い女に見えると信じているのね。
    忘れられてしまったのでしょうか?
    あたしが消えてしまった時に消えてしまったのでしょうか?
    あらまぁ〜!せつない女心ですねぇ。…、
    でも、ちょっと芝居じみている気がするのはおばあちゃんだけかしらん。
    ヒミツさん、ご自分で読み返してみて、どうかしら、どんな感じ?
    何故か、昭和の歌謡曲の匂いがしないこと?ヒミツさん、あなたはちょっとした歌謡曲の中のヒロインよ。『わたし』じゃなく『あたし』なのも歌謡曲調だし、ね。
    でね、残念ながら、昭和の歌謡曲の中のヒロインはほとんどが、悲恋に泣くのが定番なのよ。結論から言えば、彼はあなたのことはすっかり忘れているわね。
     
    昔々、おばあちゃんの知っている女の子で、とっても可愛い女の子がいたのよ。
    本人はブリっ子のつもりはないようだけれど、周りの同年代の女の子からはブリっ子と思われていて女のお友達は少なかったわ。でも、それに反比例するように男性陣から人気はあったの。やっかみで女の子に人気がなかったのかも知れないけれど、いつも取り巻きに囲まれている感じかしら。
    仮にA子ちゃんと呼ぶわね。A子ちゃんは多くの取り巻きに囲まれることに慣れてしまったのか、その決断力のない性格のためか、本当に彼女のことを知り、愛してくれる男性の交際の申し込みにはっきりと返事をせず、自分では保留状態のつもりで『あなたは好きよ。でも今は、仕事のことで頭がいっぱい〜』的なことで、お茶を濁していたのよ。自分が、嫌われるはずがないという自信もあったのでしょうね。
    ここで、肝心なのは仕事が忙しくてもお付き合いはできるという事実。
    そう、あなたもお子さんの希望がどうあれあなたの意志がはっきりしていればお子さんがいてもお付き合いはできたはずなのよ。
    で、A子ちゃんもヒミツさんあなたと同じだったのよ。
    時が過ぎ、彼の良さを再認識して彼に、『付き合ってやってもいいわよ』と上から目線で伝えようと考えたらしいけれど、時すでに遅し。すでに、彼には交際相手がいたわ。
    A子ちゃん、それで諦めればいいものを逃がした魚は大きいとでも思ったか、自分以外を好きになるはずがないとでも思ったのかしばらくの間、彼に食い下がって最後にはストカー状態に…。彼にしたら大迷惑だしA子ちゃんにとっても不幸なことだわよね。
    でももう一度会いたいです。
    男の人は交際になりかけていた時に断ってしまったら、もう連絡はしたくないのでしょうか?
    もう一度会って、ヒミツさん彼に何を伝えるおつもりなのかしら?交際を自分から申し込むつもりかしらん。
    冷静な人間様はまるで可能性を感じないことに時間をかけたりしないものよ。
    心のどこかで、まだ、彼が自分のことを好いてくれているとあなたは思っているのよね。
    でもそれは単なる未練よ。
    おばあちゃんの独断と偏見によれば、彼は大人のお付き合いのできる人。今や、彼はあなたに何のお思いも残していないと思うわよ。それに、縁が少しでも残っていればもう少し違った展開になっていたはず。
     
    女は灰になるまで女だといわれていますし、そのことに異論はござんせん。
    精々お気張りなさいませ、と言いたいところだけれど、ヒミツさんにはなぜか、幼さが目立つわ。きっとお父上や周りから可愛がられて育ったのでしょう。でも、これからの恋は、自立した大人の恋を目指してほしいわね。彼のことはきれいさっぱり諦めて、次の出会いを楽しんで頂戴な。

    「過ぎた恋 独りよがりが 空まわり」