TOP > イククルコラム > 《おばあちゃんの恋袋 第五話》略奪愛 〜阿部定事件〜

《おばあちゃんの恋袋 第五話》略奪愛 〜阿部定事件〜

  • 2013年11月26日  吉井 綾乃  



    今は昔。今は昔と言うけれど、恋のさや当てならぬ道ならぬ恋に身を焦がす男と女の物語は今も昔も、背徳の香りを纏いそっと人知れず咲いた淫靡な花のように市井の人々を魅了する。

    それもまた異形の恋の一つ、だと思う。

     

    道ならぬ恋に咲いた淫靡な婀娜花。と言うとおばあちゃんの頭にすぐ浮かぶのは近世では阿部定事件かな。その事件をモチーフにした映画や本が一杯あって、とても有名な事件なのだけれど、今どき女子は昭和11年におきたこのセンセーショナルな事件のことは知らないでしょうねぇ。

     

    今は亡き大島渚監督の愛のコリーダと言う映画もこの事件がモデルだったはずよ。

    何を隠そうおばあちゃんもこの映画が警視庁に摘発されてそこで初めて阿部定事件の存在を知ったのだから、今どき女子やおの子が知らないのは当たりまえね。

    この映画が作られたのは、おばあちゃんが24,5歳ぐらいの時だったかな。映画のストリーももちろんのこと、この事件そのものも、まだうら若き乙女(24.5歳じゃあ乙女でもないか)だったおばあちゃんに取ってはとってもショッキングな内容だったわね。

     

    映画は日仏共同制作でフランスのカンヌ映画祭では大変な評判を得て、日本でも上映されたけれどおばあちゃんは残念なことに映画は見ていないのよ。今でも日本では規制上無修正での上映は無理らしいけれど、その当時からフランスでは無修正のハードポルノとして上映されたみたいね。

    当時はあまり興味がなかったけれど今ならちょっと見てみたい気持ちでいっぱいだわ。

    余談だけどそれからのちに裁判も大島渚監督の勝訴で結審したはずよ。

    あとね、コリーダってスペイン語で“闘牛士”と言う意味らしいわ。“愛の闘牛士”って・・。ちょっと笑えるかもと思ったのはおばあちゃんだけかしら。

     

    阿部定の事件は略奪愛と言うより猟奇的な愛・情念と言った方が近いかも・・。かいつまんで事件の概要をお話するわね。

     

    阿部定と言う女性が自分の勤め先のご主人の(既婚)に一目ぼれしてたちまちオトコとオンナの関係となり、それが奥さんの知るところとなると今度は二人で出奔。挙句の果てにその男性を絞殺。そしてそのあとにこの女性が取った行動が前代未聞だったために、昭和史に残る猟奇事件として語り継がれることとなるのね。

     

    うら若き女性たちには少々刺激が強すぎるかもしれないお話よ。

    でももし、今どき女子もこの情念の世界に興味が有ればちょっと調べてみては如何かしら。少しだけ、ほんの少しだけだけど婀娜花の色香が垣間見られるかもよ。興味のある人限定だけど。

     

    おぞましいと言えばおぞましいのだけれど、さんが警察で供述したと言われているセリフ“愛しい人の一番愛しいものを肌身離さずに持っていたかった。”

    これを聞かされるとう〜〜ん。何とも切ないオンナの性・情念みたいなものに圧倒されて言葉を失ってしまう。事の善悪を無視すれば、究極の愛の形と言えないこともないかなと思ってしまうわよね。異形の愛だけれど。勿論善悪を無視しちゃダメよ。

    やっぱり愛も恋も暗闇で深淵を覗き込む様なもの。幾つになっても、とても不思議で興味深いものだわねぇ。

     

    阿部定事件と言う略奪愛の最右翼とも言えるお話が、思った以上に長引いてしまったわね。なぜだかさんのお相手の殿方がとても気になるし・・。

    実はそれには訳があるのよ。このおばあちゃんが映画・愛のコリーダさんの相手役を演じた藤竜也さんが大好きだから、ついつい妄想をふくらましてしまうの。

     

    おばあちゃんは阿部定と逆バージョン。もしあと30・40歳若かったら藤竜也さんの様な殿方に一目ぼれで略奪されて、そしてあっという間に日常の世界から二人だけの世界に遁走してしまうのよ。

    そしてその殿方が望むならその方に殺されてもいい、そんな刹那的で嵐の様な恋に狂うの。

    そう、おばあちゃんだけの為に全身全霊をかけて一途に愛して、そして奪い去ってくれるそんな殿方に出逢いたかった。それこそ見果てぬ夢ね。

    大好きな藤竜也さんに妄想の殿方を重ねてついつい想像の世界で遊んでしまったみたい。

    おかげでおばあちゃんの身近にある略奪愛のことをお話するつもりだったのに、またゝ取りとめもない無いお話で時間がすぎてしまったわ。ごめんなさい。

     

    もう今どき女子やおの子の一大イベント、クリスマスまであと一カ月もないわね

    兎にも角にも人から奪ってでも自分のものにしたい程のおの子や彼女を見つけるのが先決だわね。

     

    皆が奪われたい、奪ってしまいたいと思える様なお相手が見つかります様に。頑張って頂戴な。