TOP > イククルコラム > 《吾輩はおっさん女子である》良い人なのにいつも二番手な人

《吾輩はおっさん女子である》良い人なのにいつも二番手な人

  • 2016年07月09日  霜降 どいや  



    可愛いし性格も良いし愛嬌もあるし、それに気が利くっていうパーフェクトな「良い子ちゃん」な友人がいる。けれど、恋愛が実を結ばない彼女を見ていると、「良い子ちゃんすぎるのは恋愛では不利なのかな」と思ってしまう。現に、なんとなくその理由もわからなくはねえんだよな。

     

    ・私が「もったいねえなあ」と感じる人

    私はおっさん化が止まらねえ女だ。格好もイマドキの言葉を借りれば「メンズライクな格好」しかしねえし、手入れが面倒って最悪な理由から髪もショートカットだ。人一倍オシャレを頑張ってやっと人並みの私がこんな格好だと、まーモテねえ。「モテたいか?」と聞かれても「別に」って感じな私だから、くっそ適当な格好と髪型でも別に何ら問題がねえんだ。問題もねえし、私のようにおっさん女子をこじらせている人間がモテないのは、我ながらすごく納得がいく。モテる努力もせず、かと言ってモテたいとも思ってねえんだからよ。だからこそ、恋愛で成功するどころか恋愛の「れ」の字もねえんだ。

    でも、世の中には「どうしてこの人はなかなか恋愛で成功しないんだろう」って疑問を抱かざるをえない女性がいる。性格も良い、見た目も可愛い、愛嬌もある。おっさんみたいな私からすると、100点満点を付けるレベルのパーフェクトなスペックを兼ね備えているのに、恋愛で成功しない女性がたまーにいるんだよな。すげえ「もったいねえなあ」って感じるんだよ。

    私の友人にもこういう女性がいる。可愛いし性格も良いし、それにめちゃくちゃ気が利くしニコニコしていて、「もしも私がおっさん女子じゃなくて男だったら、絶対にこの子と付き合いたい」ってそばで見ていて思うんだ。でも、残念ながら私は男でもないし、女性には興味がねえんだよな。そんな友人を見ていると、「良い子ちゃんすぎるのは、恋愛の市場では不利なのかな」とすら思えてくるんだよ。

     

    ・「良い子ちゃん」は二番手になりやすい?

    可愛くて性格も良くて、気が効く。そんな友人には、もちろんたくさんの友人がいる。私みたいなおっさん女子にも分け隔てなく仲良くしてくれるくらいだから、そりゃあもう友人と呼べる人間が男女問わず大勢いる。たぶん、私のスマフォの連絡帳に登録されている何倍もの名前が、彼女のそれには登録されていると思うよ。けれど、「良い子ちゃん」な彼女は、恋愛では失敗を繰り返している。性格が良いから多くの人に好かれているけれど、誰かの一番にはなれてねえんだ。

    そんな彼女の友人として私はめちゃくちゃ腹が立つ。なんでこんなに良い子なのに!男の見る目が無さすぎるんじゃねえのか!?言っちゃあ悪いけど、そんな女よりもこの子のほうがずっと良い子だろうがよ!!って言いたくなる。だけど、外野の私がギャーギャー言ったって仕方ねえ。恋愛だけは、当事者間の問題だからな。私がどんなに「良い子ちゃん」な友人のいろんなところを魅力的に感じたとしても、友人が思いを寄せる男がそう思わなければ意味がねえんだから。私が友人の「良い子ちゃん」たる様々な魅力をプレゼンをしたところで、「うぜえ友人がいるのかよ」と引かれるだけだ。

    だけど、「良い子ちゃん」な友人が誰かの一番になれない理由ってのも分からなくはねえんだよ。性格が良くて愛嬌もある、そんな「良い子ちゃん」な魅力や長所は、もしかすると裏目に出るのかもしれねえなって思うんだよ。誰にも迷惑をかけないように我慢をするし、気を遣う。優しくて、性格が良くて、自分よりも誰かを優先するような「いい子ちゃん」な性格は、時には都合よく思われてしまうのかもなって。男心を完全に理解しているわけじゃねえけど、ひょっとすると「良い子ちゃん」な性格は、男にしてみれば物足りねえのかもしれねえな。

     

    ・だから私は恋愛が苦手なんだよ

    「良い子ちゃん」な性格の女の子と出会ったら、きっとどんな人でも仲良くなれるはずだ。相手の嫌がることをしたり・言ったりなんてことは絶対にねえし、こっちに合わせてくれるし。だからこその「良い子ちゃん」なわけだしな。でも、だからと言って「良い子ちゃん」が誰かの一番になれるかといえば、実際そうならないこともある。誰とでも仲良くできるけれど、誰かの恋人にはなれねえってやつだ。現に、私の「良い子ちゃん」な友人がそれに当てはまる。これに関しては、誰に対しても「良い子ちゃん」だからこそ、男の人が「特別な存在」としての自覚を持てないのかもしれないって思ってんだよ。

    「良い子ちゃん」は誰に対しても「良い子ちゃん」だ。でも、だからこそ意中の男性に対して特別な感情を抱いて魅力的な女性としての「良い子ちゃん」なアプローチをしても、「いつもの良い子ちゃん」で終わってしまう。ある意味ギャップがねえから、特別な感情を抱かれているかもしれないんだよな。そう考えると、恋愛では「いい子ちゃん」すぎるよりは、ワガママだったり構ってちゃんだったり、自分の本音を相手に伝えられるような人のほうが、相手に特別な感情を抱かせるのかもな。

    ワガママだったり構ってちゃんだったりな女より、俄然「良い子ちゃん」に惹かれる私だけれど、男が「この女性にとって俺・僕は特別な存在だ」「この子の意外な一面は俺・僕だけが知っている」っていう一種の優越感を抱きやすくて特別な感情から恋愛に発展しやすいのは、前者のような女性なんだろうなって勝手にぼんやりと考える。だから、私は恋愛っていうのが苦手なんだよ。押したり引いたりな計算が必要になるし、良い人であれば必ず成功するとは限らねえのが恋愛だから。恋愛について知れば知るほど厄介だなって印象しか抱かねえし、果たして私はいつの日かもう一度恋愛ができる時がくるのかって思う。