TOP > イククルコラム > 《吾輩はおっさん女子である》過度な自分磨きは異性を遠ざける?

《吾輩はおっさん女子である》過度な自分磨きは異性を遠ざける?

  • 2017年08月05日  霜降 どいや  



    自分磨きはさらに素敵な自分を目指して、よりモテるための手段としてかなりメジャーだと思う。けれど、その反面で自分磨きを極めれば極めるほど、次の恋愛のハードルを上げることになるような気がするんだよな。

     

    ・自分磨きを極めている友人

    彼氏と激しいバトルを繰り広げたのちに別れて、ずっと「もっと良い恋愛をしよう!」と自分磨きに精を出している友人がいる。彼女の自分磨きっぷりはもう、それはそれはすごくて「私は彼女の爪の垢を煎じて飲めば面倒くさがりが直って脱おっさんできるんじゃねえのか?」って思わせてくれるレベルだった。

    ひたむきに自分磨きをしている彼女からは「自分磨きに夢中になれるほどに元気になって良かった。次はもっと素敵な恋愛に巡りあって欲しいな」って素直に感じたよ。こう思えるのは彼女と仲が良くて、彼女が盛大にバトルを繰り広げたり別れてショックを受けたりした姿を見たせいもあるんだろうけど。

    自分磨きを極めつつある友人は、自分磨き自体にハマってしまったみたいなんだよな。最初は「良い男性と出会って恋愛をするために」と始めたエステやジム通い諸々の自分磨きにどっぷりハマってるみたいでよ。それこそ、「もう男なんていなくても充実して暮らせられるし」みたいなオーラを感じ取れるくらい。実際、彼女からは恋愛に関する話題が出なくなったし。それはそれで良いんだよ、自分磨きを趣味として楽しんでいる彼女の姿は輝いてるし、共通の趣味に関して一緒に盛り上がれるのは楽しいから。

     

    ・モテるための第一歩としての自分磨き

    友人を見ていると「より魅力的な人間になりたいな」「次の恋愛に繋げるために良い人になりたい」と思ってまず何から着手するかと言えば、やっぱり「自分磨き」だなあって痛感させられる。実際、恋愛を頑張っていてモテたくて仕方なかった昔の私も、自分を磨きまくっていたし。そりゃあ恋愛が面倒になってモテるための努力をしなくなった今の私からは想像できないほどの自分磨きをしたよ。逆に、身の丈に合わねえ努力をしたその反動で、今のおっさんみたいな私があるのかもしれねえけどよ。

    そんな自分磨きの方法には「自分のここをもっと改善したいな」って部分に応じて、それこそ人の数だけ自分磨きの方法はあるはずだ。たくさんの本を読んだり音楽を聴いたり映画を観たりして考え方をはじめとした内面から自分を変えようとしたり、スポーツやエステで見た目を磨いたり。でも、自分磨きを「モテるために自分磨きをする」「より素敵な恋愛のためにチャンスを増やす」って始めても、自分磨きに精を出し過ぎると逆に異性に恵まれなくなるような気がするんだよな。

    っていうのも、分磨きをするにあたって、よっぽど意識しないと異性との出会いの場に恵まれ無さそうなんだよ。映画をめちゃくちゃ観ていた頃の私は、自宅に引きこもったり映画館に行ったりするだけで男の気配が全く無かったし。自分磨きを極めまくっている彼女も、ジムやエステ通い諸々の自分磨きがかなりのウェイトを占めているように思う。ジムだとまだ異性との出会いがあるかもしれないけど、各々筋トレに励むばかりでそれどころじゃ無さそうだしなあとも感じられるし。

     

    ・自分磨きの先には一体何があるのか

    自分磨きをどんどん極めて行くと同時に「自己評価」も高まって異性への条件も狭くなっていくような気がしてならねえんだよ。自分磨きを極めて「理想の自分」へとどんどん近づけることができれば、「今の私は最高だから、最高な私にはこういう人が相応しいんじゃないかな」って相手に求める理想も高くなりそうだし。私でも今より抜群にスタイルが良くなったら相手に求める何かも増えそうだし。

    と考えると案外、「次の恋愛に向けての準備としての自分磨き」こそが、1番新たな恋愛や出会いの邪魔をするとも言えるんだよな。なんだよ、「新たな恋愛のために始めた自分磨きのせいでそのチャンスを逃す」って本末転倒過ぎるじゃねえかよ。自分磨きを極めつつある友人の口から出る「次の恋愛での理想」や「今度の恋愛ではこういう人と幸せになりたい」って希望のハードルがどんどん高くなっているあたり、「自分磨きのせいで恋愛のハードルも高くなる」ってのは私の勘違いでは済まされなさそうなのが怖い。

    おっさんをこじらせて恋愛が面倒になっている私のような人間は、言うまでもなく異性との出会いのチャンスが無い。これはもう恋愛のための努力云々以前の問題なんだよな。でも、新たな恋愛のためにと自分磨きをしまくっても、異性との出会いや恋愛に発展するチャンスが少なくなるとすれば、もうどうすれば良いのか分かんねえよな。それこそもうどうしろってんだよって話だよ。