TOP > イククルコラム > 「助監督サユリが明かすAVの裏側」どうして男性は風俗に行くの?

「助監督サユリが明かすAVの裏側」どうして男性は風俗に行くの?

  • 2015年05月22日  助監督 サユリ  



    あなたはつきあっている男性に、“風俗に行ったことがあるか”聞いたことがありますか?風俗と言っても、サービスの形態は様々でどこから浮気と判断するかは難しいところです。今回は、「どうして男性は風俗に行くのか」、AV業界で働く助監督サユリがお話しします。

     

    AV業界で働いていると、男性と日常的に“エロ”について語り合っているので、男性が風俗に行くことに対して、偏見を持たなくなってきます。風俗に行ったことがない男性はこの世にいるのかな?と錯覚するほど、話してみると、素朴そうな外見の男性でも、真面目そうな男性でも、みんな風俗に行ったことがあるのです。

     

    ■男社会のつきあいとしての「風俗」

    AV業界で働くようになって、AV女優さんが風俗嬢の設定で出演する作品も多くあり、“ヘルス”“ソープ”“ピンサロ”など、一般的には「風俗」の一言でくくられてしまう性産業のサービスの区別がつくようになりました。 よく男性側の言い訳で「風俗は浮気ではない」と言う人もいますが、実際にセックスをするサービスと、フェラチオや手コキなど射精はするけれど挿入はしないサービスでは、男性側の“浮気の価値観”が違うようです。

    AV業界で働いているスタッフは、撮影で女優さんの裸やセックスシーンを見ても、実際には「見るだけ」で行為ができない場合がほとんどです。男性が興奮するためのAVを撮影しているので、撮影後にムラムラしてしまった男性スタッフ達は、よく集団で“ヘルス”や“ピンサロ”と呼ばれる風俗へ出向いていました。

    女性には理解しがたい“集団で風俗へ行く”男性の行動ですが、意外と日常的に見かける光景で、AV業界以外の男友達とにも「風俗に行ったことがある?」と聞いてみると、「酔った勢いで連れて行かれた」「先輩のおごりで行った」など、「自分の意志ではないけれど風俗に行ったことがある」という男性は多いのだと感じました。

    彼らに共通するのが「風俗は浮気ではない」「(ヘルスやピンサロのような挿入していない風俗は)つきあいみたいなもの」という感覚です。このような男性の価値観を女性側が理解できないと、「風俗に行った=浮気」と考え、「自分の事が好きではないのでは?」といった不安につながってしまいます。

    そのため、大多数の男性は風俗に行ったことを奥さんや恋人には隠すようになるのです。この過去に行ったことがあるのを含め、「風俗に行くのを隠す」タイプは要注意です。風俗に行くのを隠していくタイプの男性は、その後ろめたさから風俗にハマってしまい通うのを止められない人が多かったです。

    パートナーに自分から行ったことは言わなくても良いですが、“自分は真面目である”というアピールをする男性ほど、意外と風俗に通っていたりするのです。なぜなら、彼女に「こういうプレイがしたい」「もっとフェラチオをしてほしい」と言うような願望を言えないので、代わりに風俗で満たしているのです。こういう男性は、罪悪感に乏しいので風俗通いがバレた時、「遊びだった」と言います。遊びでも通うようになったら、「本気」なので、また繰り返すと言えるでしょう。

     

    ■風俗勤務がバレてしまった女優

    ある人気企画女優さんは、ソープの勤務経験のある女性でした。最初は、固い職業のお仕事物の設定でデビューし、清楚系女優として主演作がヒットしました。しかし、作品を見たユーザーから、女優さんのブログに嘘の設定である固い職業の女性ではないのではないか?という書き込みが殺到したのです。とにかくユーザーからの反応は「エロい」という評価で、大乱交のシーンで代わる代わる男性を求める姿に、「普段は固い仕事の女性なのに、凄い」という反響があったのです。

    不思議なのですが、なかには彼女がソープで働いているのではないか、という書き込みもありました。風俗が天職のような女性が、AV女優さんの場合いるのですが、素人や違う職業の設定でデビューしても、見る人が見れば風俗嬢だったという事がバレてしまうのです。こういうタイプには、男性客をリピートさせてしまう“魔性”が多いそうです。

    風俗勤務を経験していたある女優さんのエピソードですが、常連客の男性の中で、サービス料を払ってなにもしてこなかった人もいたそうです。意外と、そういう“紳士”をきどる男性もいるらしく、ずっとベッドで会話をしたりいちゃいちゃして過ごすそうです。これは、男性側が風俗のサービスを受けられるのにしないことで、相手の女性に覚えて貰おうと言う下心があるらしいのです。

    AV業界で働くまでは“風俗”に良いイメージはなかったのですが、そこは男女の出会いの場。色々なエピソードがあるようで、簡単に“浮気”とは言い切れないようです。

     

    ■もしも彼氏が風俗に行っていたら

    もしもあなたの彼氏が風俗に行っていたのがわかったらどうしますか?まずはすぐに怒らずに、どうしていったのか?誰と行ったのか聞いてみるのも良いかもしれません。彼の態度が、隠そうとせずに「たいしたことなかったよ」「べつにこんなもんかって感じだったよ」と素直に感想を言ったなら、それは本当に“浮気”ではなく、“つきあい”の遊びだったと言えます。何事もなかったように女性の方が振る舞うと、意外と男性の方が反省したりする場合もあるので、たまには見逃すのも女の器量かもしれません。