TOP > イククルコラム > 「助監督サユリが明かすAVの裏側」セックスレスから脱出するには?

「助監督サユリが明かすAVの裏側」セックスレスから脱出するには?

  • 2015年06月12日  助監督 サユリ  



    ある調査結果では、セックスレスの夫婦の割合が40%を超えているとか。アダルトビデオを撮影していると、日本がセックスレス大国とは思えないくらい、元気な男性が多い。今回は、AV業界で働く助監督サユリが、社会問題とも言える「セックスレス」についてお話しします。

     

    あなたには定期的にセックスをする彼氏や夫と言ったパートナーはいますか?セックスは長い間していないけれど、彼氏や夫という関係の相手はいるという人や、反対にセックスはするけれど、彼氏でも夫でもないという人もいるかもしれません。女性にとってどちらが幸せなのかは人それぞれですが、セックスをしている人の方が、していない人より長生きの傾向があるという医学の研究結果もあるくらい、セックスレスは実は大きな問題なのです。

     

    ■セックスレスから脱出するには、積極的になること!

    セックスレスになってしまうカップルや夫婦の特徴として、女性側が受け身というのがあります。男性の方が、仕事で疲れていたり何か悩み事などがあると、セックスの回数が減り、やがてセックスレスになってしまいます。受け身の女性は、自分から“セックスがしたい”と言えず、セックスレスの期間が延びていきます。

    AV業界では、彼女とはセックスレスだけれど、撮影や風俗ではセックスすることができると言う男性スタッフがいました。彼の場合は、一般人と違って、彼女とセックスレスの場合でも、仕事としてセックスする機会があるので、本当の“セックスレス”になることはなかったのです。しかし、風俗などに抵抗がある一般男性は、パートナーとセックスレスになってしまうと、そのままセックス自体を何か月、何年もしない事になります。

    彼女や奥さんにだけセックスレスの男性の場合は、セックスレスから脱出するのは意外と簡単です。彼女や奥さんの方から“セックスに誘う”。実はこれが一番の“セックスレスから脱出する方法”なのです。さらに男性側が元々は性欲が強いのに、セックスを我慢していた場合、セックスレスから一気に回数が増える可能性があります。男性と女性のセックスの満足度は違うので、どうすれば気持ちよいか、お互いが気持ちよくなるように愛撫に時間を掛けているか。この気遣いの差が、“またしたい”と思える次へのセックスに繋がるのです。

     

    ■女性向けAVは憧れのセックス

    まだまだ主流にはなりませんが、女性向けAVというのがあります。大きな声では言えませんが、女性向けAVのニーズがあるように、女性にだって性欲はあるのです。女性向けAVでは、イケメンの男優さんと、今風の綺麗な女優さんが、ちゃんとしたストーリー物の設定の中でセックスをします。男性器ももちろん映りますが、モザイクなので男性向けAVと視覚的には近いです。

    男性向けAVと違って、セックス中にいちゃいちゃしたり、男性側から女性に「どこが気持ちよいか」「どうしてほしいのか」などを聞く会話もあります。男性向けAVの射精が目的なのと違って、女性向けAVはセックスの中の会話やスキンシップを重要としています。男優さんによっては、恋人同士のような雰囲気を作るのがうまい人も多く、たまに撮影を見ている女性スタッフの方がぽーっとなってしまう事も。

    今、セックスレスで悩んでいるカップルや夫婦がいたら、一緒にAVを見るのがお勧めです。男性向けが苦手と言う人は、女性向けAVも最近は種類が多くシチュエーションや男優で選ぶことができます。

    女性向けAVに出てくるような、男性から頭を撫でられたり、腕枕をされたり、優しくクンニされるようなセックスができたら、セックスレスの目安である一か月間セックスをしていなかったとしても、女性の方には“セックスレス”という意識は芽生えないと断言できます。

    女性にとってのセックスレスとは、セックスをしていない間の間隔と言うよりも、“自分が満足できるセックスができたか”が大きいと言えます。たとえ、月二、三回セックスしていても、男性主体で射精が済めばすぐに寝てしまう相手だったりすると、女性にとっては“もうしたくない”相手から“セックスレス”に陥ります。

    女性が満足できるようなセックスをしていれば、男性が仕事が忙しくて毎月はセックスできなくても、自然に愛撫が始まってセックスレスにならないでいられると言えます。

     

    ■男性は自由を愛する生き物

    セックスレスから脱出するためには、なるべく自然に過ごすのが重要かもしれません。AV業界の男性スタッフ達を見ていると、恋愛に関して自由に行動している人ほどセックスレスとは無縁の生活でした。あるカップルは、セックスレス防止のために曜日で“この日にセックスする”と言うように決めたのですが、逆に男性側が女性を避けるようになったようです。

    この日にセックスをする、というような決まりごとは、男性が一番嫌うと言う風に覚えておいた方が良いかもしれません。

    AVを見ていても、あくまで男性主体で、女性の方が「したい」という雰囲気を作るのが喜ばれるようです。セックスしなくても、身体のスキンシップは欠かさない。お互いがイケるような丁寧な愛撫のセックスをする。これが“またしたい”という原動力になって、セックスレスから脱出する秘訣になるのではないでしょうか。