TOP > イククルコラム > 「助監督サユリが明かすAVの裏側」出会いがないのはなぜ?

「助監督サユリが明かすAVの裏側」出会いがないのはなぜ?

  • 2015年07月14日  助監督 サユリ  



    恋愛の悩みで必ず上位にくるのが「出会いがない」。なぜか女性の方が「異性の友人がいない、少ない」と言う悩みが多い様子。AV業界で働いていると、ある意味、毎日が出会いの連続です。今日は、AV業界で働く助監督サユリが、「男女の出会い」についてお話しします。

     

    学生時代と違い、社会人になると毎日同じ場所の往復で、自分から出歩かなければ出会いには恵まれません。合コンから始まり、出会い系、ナンパ、街コン。今まで避けていた場所にこそ、実は出会いが潜んでいるかもしれません。

     

    ■イケメンAV男優の趣味はナンパ

    イケメンAV男優として、女性に人気のある男優さん。エレベーターなどでスタッフと一緒になると、向こうの方から挨拶をしてくれたり、海外ロケのお土産を買ってきてくれたり。正直「モテる」外見以上に、女性に気を使う姿勢がますます女性スタッフの人気を博していました。

    近くにいくと香水の良い匂いがする彼は、半袖のシャツから伸びる腕は筋肉質で、見るからに「肉食系イケメン」。そんな彼に、打ち合わせの後の予定を聞いてみたら、なんと「ナンパ」!それだけ人気があれば、彼女やセフレに困らないのでは?と思うのに、自分の事を知らない女性に声を掛ける(ナンパ)することで、トークスキルやコミュニケーション力を磨いているそう。確かに、見ず知らずの男性に声を掛けられても、わざわざ立ち止まって話を聞く女性は少ない。ナンパした子と一緒にカラオケに行ったり、最終的にはホテルまで口説くと言うのは、ルックスだけではなく、トークスキルが必要と言えます。

    「出会いが少ない」と嘆く女性の中には、居酒屋やクラブなどで声を掛けてきたりする男性とは口もきかないと言う人もいるのでは?男性から声を掛けられるようなクラブや、バーという場所に行く機会がない女性も、実はそれが「出会いの場」だと気づいていない可能性が高いです。「出会いがない」と本当に危機感を持っている場合、プライドなど捨てて、いわゆる「ナンパ待ち」をしてみるのも手です。

    ナンパをしてくる男性は、確かに「彼女」になるような相手を探しているのではないかもしれません。いわゆる「出会いが少ない」と感じている女性にとって、男性側が盛り上げ上手だったり、コミュニケーション力が高い場合、女性にとっても恋愛のスキルアップの機会になります。女性が多い職場などで、男性と会話をする機会がない女性ほど、「ナンパ好き」な男性と会話してみるのが良いかもしれません。この場合、出会い=彼氏と考えないのがポイントです。ナンパ好きの男性は、社交的なので同性の友人も多く、そこから男性を紹介してもらうと言うのも「アリ」です。

     

    ■職場でナンパされる魔性の女

    清楚系なルックスのある企画女優さん。地味目な外見なので、OL姿やキャビンアテンダントなど、職業物のコスプレがよく似合うという特技を持っていました。アイドル的な人気の女優さんとは違い、AVでは脇役の立場が多かったですが、かなりの魔性っぷりで、男性スタッフの人気も高かったのです。

    彼女は元々、某携帯電話のショップスタッフ。スタッフ時代も、接客をした男性から食事に誘われたりすることが何度かあったそう。化粧品スタッフとして、某ビルで働いていた時には、同じビル内にあるスタジオで撮影していた芸能人から、エレベーターで一緒になった時に、連絡先を聞かれたとか。

    どちらも、彼女にとっては仕事場であり日常生活の中で、男性から声を掛けられたのです。つまり「出会い」は、毎日の生活の中でもあるのです。それを「出会い」にするか、「無視をする」のかは、自分次第なのです。このように、意外と男性は女性を観察していて、「いつ」「どこで」見ているのかわからないので、いつでも声を掛けられても良いという心構えでいるのが「モテる」秘訣なのかもしれません。

     

    ■AV業界の定番は意外にも「出会い系」 

    みなさんは「出会い系」と呼ばれるアプリや、サイトを試したことがありますか?「出会い系」こそ、究極の「出会いの場」なのです。電車の中でも、昼休みの合間でも、携帯一つあれば、メッセージの確認や男性のプロフィールの確認ができる「出会い系」は、男性とすぐに会うのに抵抗がある女性に適しています。

    AVのスタッフは、男女ともに意外と出会い系にプロフィールを登録している人が多いのです。撮影が続くと、帰宅時間が深夜や朝方になってしまうので、いつでもメッセージの確認ができる出会い系は、労働時間が固定しない職業にとって利用しやすいのです。

    AV業界にいる女性スタッフの場合も、メッセージのやりとりだけでもちょっとした「恋人気分」が味わえるので、すぐに会う事を目的にしなくても、「出会い」のきっかけとして「出会い系」をうまく利用しています。

    女性は、知らない男性に対して誰でも警戒心があるのは当然ですが、職場や友人の紹介以外での出会いを探す場合は、少し開放的になってそれまでの選択肢として考えなかった「ナンパ」「出会い系」なども、相手を見極めてつきあってみるのもよいかもしれません。