TOP > イククルコラム > 「舞子ママの酔いどれ恋話」“優しい人が理想”と言う女は婚期を逃すわ

「舞子ママの酔いどれ恋話」“優しい人が理想”と言う女は婚期を逃すわ

  • 2017年08月09日  水沢 舞子  



    「どんな男と結婚したい?」と尋ねられた時、「優しい人なら誰でも」って答えた私。でもバツ3ホステスに「だからダメなのよ」って言われて、ハッと目が覚めたの。
    優しい男なんて、石を投げれば当たるくらいこの世にたくさんいるわ。でも彼らと結婚しない私は…、もっと違う“理想”を求めているってことなのよね〜。
     
     
    23歳を過ぎると地味だった友人にも恋人ができ、26歳になると結婚式の招待状がアチコチから届くの。30歳を超えると『新しい家族が誕生しました』なんていうお年賀がポストに入っていて…。相手もいないのに「結婚したいなぁ」とボヤいてしまうのが毎年の恒例になっているわ。ホステスっていう仕事柄、出会いはたくさんあるはずなのに、恋や結婚って遠いのよねぇ…。
     
     
    ■バツ3ホステスの教え
     
    私の店には、25歳バツ3のホステスがいるの。ひとり目の旦那さんはDV男で散々な思いをしたから、ふたり目は暴力を振るわない男を選んだらしいけど、ギャンブル依存症な男だったらしくてね。生活苦に嫌気がさしてバツ2になった彼女は、「3度目の正直!」と言ってバーで出会った男と籍を入れたの。その男、DVとギャンブルはしなかったけど、これでもか! と浮気をしていたわ…。慰謝料を貰って離婚した彼女は今、4度目の結婚に意欲的。理想とする結婚相手は『DVとギャンブルと浮気をしない男』だそうよ。
     
    新年早々「結婚したい」と愚痴る私に、“結婚のスペシャリスト”…と呼ぶには若干頼りない、バツ3ホステスが「ママはどんな人と結婚したいの?」と尋ねてきたの。私は即「優しい人」って答えたんだけど、それを聞いた彼女は「だから結婚できないのよ」とバッサリ。彼女いわく、『優しい人ならどんな人でも』なんて言っている女に、素敵な出会いや結婚なんてやって来ないらしいわ…。
     
     
    ■「優しい人がタイプ」って言うのは良いけれど
     
    よくよく考えてみれば、「優しい人がタイプです」って、とても便利で優秀な回答よね。心の中では『高収入な男性が良い!』『見た目が良くないと絶対にイヤ!』と思っていても、それを口に出せば聞き手が引いちゃうってみんな知っているもの。実際、お客様に理想のタイプを尋ねられた時、私はいつも「優しい人」って答えているわ。
    だからきっと、合コンやパーティーで異性に「好みのタイプは?」と聞かれたときに「優しい人」と答えるのは大正解な答えだと思うの。
     
    でも、バツ3ホステスに「優しければ年収が100万の男でも良いの?」「優しければ、お風呂に1か月も入らない不潔な男でも良いの?」って尋ねられたとき「無理」って即答しちゃったのよね〜。周りを見渡せば、バーの店員や男友達、お客様の中にも優しい男はたくさんいるわ。だけど私が「この人と恋愛しよう」って思わないのは…えぇ、そう。私が求めているのは優しさだけではないからなのよね。
     
     
    ■“理想の生活&男”って、つい欲張っちゃう(笑)
     
    というわけで、ヒマなホステスたちと“理想の生活&男”について考えてみたの。仕事の後、お酒片手に適当に語り合っているだけの話し合いだったんだけど、理想の生活を考え出すと「アレも!」「コレも!」って欲張っちゃうからビックリ! 『年商100億の社長と結婚して、優雅なセレブ生活』『ハリウッドスターと結婚して、パーティー三昧なハデハデ生活』『梨園の嫁になって――』。話しているうちに、なぜ私たちが結婚できないのかがよく分かったわ(笑)。
     
    最終的に『子どもが欲しい』『仕事を続けたい』『専業主婦になりたい』っていう感じに落ち着いたけれど、『イケメン』も『趣味が合う』っていうのも捨てがたい理想。できれば介護もしたくないし、持病のない男が良いし、料理とか家事ができる男と結婚できれば最高! ってそんな“パーフェクト男子”が自分を選ぶわけがないって気付いて撃沈。理想の生活&男について考える前に、自分自身を客観的に見る必要があるかもしれないわ…。
     
     
    ■理想ではない男性像もシッカリね!
     
    そうそう。みんなで話していると「ギャンブラー男は嫌」「借金のある男は無理」みたいな話にもなったわ。どちらかというと“理想の男”より“ダメな男”の方に引っかかっちゃう女が多いから…、“理想ではない生活&男”について考えておくのも大切だと思ったの。自分が理想とする『年商100億の社長』『ハリウッドスター』に出会ったとしても、『ギャンブラー』だったら怖いものね。お金持ちだからこそ、借金をするときは物凄い額になるハズよ。
     
    そんな非現実な相手じゃなくても、理想とする『イケメン』や『趣味が合う』人と出会っても、『ギャンブラーや借金アリの男とは絶対に付き合わない』って自分の中でシッカリと決めておけば、うっかり相手の男にハマって人生を狂わす…っていう心配もなくなるわよね。ダメ男にハマりやすい女は、理想&理想ではない男性像を持っておいた方がいいと思ったわ。