TOP > イククルコラム > 「舞子ママの酔いどれ恋話」キレイ好きな女がモテるのは…嘘?

「舞子ママの酔いどれ恋話」キレイ好きな女がモテるのは…嘘?

  • 2017年04月05日  水沢 舞子  



    最近流行りの“モノを持たない生活”に憧れている人も多いわよね。キレイ好きなのは良いことなんだけど、度を超すと男に嫌われる部屋を作ってしまう可能性も…。彼氏もキレイ好きなら問題はないけれど、そうでないなら…ミニマリストを目指すのは止めた方がいいわよ。
     
     
    春の陽気に誘われて街をブラブラしていたときのことよ。ふと目に入った本屋さんに立ち寄ったんだけど、収納やお片付け本の多さにビックリしちゃったの。そういえばホステスの口からも『断捨離』や『ミニマリスト』って言葉が飛び交っているわ。有名な美人女優が「服は数着しか持っていない」と告白し、話題になったこともあったわね。
     
    モノを持たない生活というのは、自分に必要なモノだけに囲まれて暮らすってこと。「素敵だなぁ」と思った私は本を数冊選んでレジに向かったんだけど…ふと思ったのよ。モノを持たない女って同性ウケはするけれど、果たして男ウケはどうなのかしらって。私的には絶対にウケがよくないと思ったのよねぇ。
     
     
    ■モノで溢れるホステスの部屋
     
    ハッキリ言って、ホステスの部屋はモノで溢れている人が多いわ。世間では高級なバッグやアクセサリーばかりを男から貢がれていると思っている人もいるようだけど、そんなのは本当に少数なの。実際は店に来る前にUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみや香水、ビンゴ大会での不必要な景品を「あげる」って寄越されるのよ。もちろん「わぁ〜、うれしい〜!」って喜ぶけれど内心では「粗大ごみって出すの大変なのに…」って思っているわ。
    ううん、捨てられるゴミならいいの。中途半端に可愛いかったり、実用的なモノだと捨てるに捨てられず部屋にどんどんモノが積み重なっていっちゃう。最近だと結婚式帰りだというお客様から引き出物の和食器を頂いたわね〜。名前も知らない人からの“幸せ”をおすそ分けされて、妙な気持になっちゃったわ(笑)。
     
    そんなモノで溢れるホステスの家だけど、彼氏たちは「落ち着く〜」という人が多いみたい。もちろんキレイな家の方が好感度は高いんだけど、その部屋で暮らすとなると別なのよね。
     
     
    ■キレイ好きな女
     
    これは20代のお客様から聞いた話よ。お友達に紹介してもらった女性と出会ってすぐ意気投合。マンションまで送って行った帰り、「あがらない?」と誘われ部屋に行くことになったんですって。突然の訪問にもかかわらず、彼女の部屋はとてもスッキリとしていて清潔感に溢れていたらしいの。お客様はすぐに彼女との結婚を夢見て、交際をスタートさせたらしいんだけど…。
    自分が彼女の部屋にいる時間、コレがあれば便利だなと思うものも、一切持ち込ませてくれなかったというの。週に1回お泊りに行くのに、いつまでたってもハブラシは使い捨てで、お客様は「もしかして俺は2番目の男…? 浮気相手…?」と自分の存在を疑ったんですって。
     
    自分の気持ちを伝えたところ、彼女はただキレイな部屋をキープしたかっただけだというわ。けれど付き合う日数を重ねるごとに、彼女と同じ空間にいるのがしんどくなって、ついに別れてしまったの。極端な話だと思うかもしれないけれど、キレイ好きな友人にこの話をしたら「わかる〜! 自分の部屋にモノを持ち込まれるのが一番イヤ!!」と言っていたから、キレイな部屋をキープしたいがために男に捨てられる女って多いんだろうなって思うの。えぇ、私の友人も美人なのにフラれ続けているわよ…。
     
     
    ■モノを持たない女
     
    モノを持たないということは、1からすべてを作らなければいけないってことよね。これもお客様の話なんだけど、「彼女がモノを持たないから苦労してる」ってため息をはいていたわ。まず、どこの家庭にもあるハズの炊飯器が彼女の家にはなくて、毎回お鍋で米を炊いているそうよ。調理器具はそのお鍋ひとつしかないから、煮物と炒め物…と同時進行で調理することが不可能だというの。自然とお惣菜メインの食卓になってしまうわよね。
    そして、洗濯や食器洗いには特に苦労しているらしくて、なんにでも使える石けんひとつしか彼女は買わないから、石けんを削って洗濯や掃除をしているんですって。メモやペンはなく、訴えても「スマホがあればメモができる」と言って譲らないみたい。
     
    面白くて優しい女性だから別れは考えていないみたいだけど、やっぱり結婚となるといろいろ心配だと話していたわ。「いい出会いがあれば、そちらへ行ってしまうかも…」と常々言っているし、キレイ好きも度を超すとダメっていうことよね。ほどほどにキレイな部屋であれば男性はホッとするものよ。
    店だって、あまりにキレイすぎたら「お酒をこぼしたらどうしよう」って緊張しちゃうわよね。絶対にお客様は落ち着かないわ。肩の力を少し抜いたくらいの部屋こそが、男が望む居場所。適度が一番よ!