TOP > イククルコラム > 「舞子ママの酔いどれ恋話」歩き方って恋には重要なポイントよ♪

「舞子ママの酔いどれ恋話」歩き方って恋には重要なポイントよ♪

  • 2017年07月05日  水沢 舞子  



    笑ったときの表情、食べるときの仕草、話すときの言葉遣いと同じように“歩き方”をチェックしてる男って多いわ。チェックっていうか、自然と見てしまう動きのひとつなの。
    見られるってわかっているなら、可愛い歩き方をしたいわよね〜。
     
     
    男からよく見られたいって思うのは、女として当然のこと。でも、最近は『男の目線なんて気にしない!』っていう自立した女子が同性からの好感を得ているようね。だけど、長い人生を共に歩くのは男だし、彼らがいないと子どもも産めないわ。男に頼ってばかりいる女は私も「うーん」って思うけれど、良い男と出会うために努力をしている女は嫌いじゃないの。
     
    男からの自立を目指す自分も、好きな人から「可愛い」って思われる自分も、どちらも大事にしたいわよね。ただ、女が自立を目指すとどうしても「可愛い」を排除しがちになるの。特に歩き方にはそれが顕著に表れるから気をつけたい部分だったりするのよ。
     
     
    ■ガニ股歩きだったあの子
     
    私がまだ学生だったころ、ガニ股でドカドカと歩く同性の同級生がいたの。その子は長身で体格もよかったから、物凄く迫力があって…同じクラスになっても、なかなか話しかけることができなかったわ。その子と授業で班を組むことになったときは、友人たちが「頑張れ!」って応援してくれたんだけど、イザ彼女と話してみると、外見を裏切る可愛さ&面白さでビックリしたの! よく見たら可愛らしい顔をしているし、今でいう“愛されマシュマロ女子”そのものだったのよ。
     
    そんな彼女と十数年ぶりに再会したの。身長も体系も当時のままだったけれど、歩き方は随分変わっていて、スカートの裾をキレイにひるがえしながらフワフワと歩いていたわ。まるで雲の上を歩いているかのようにね。この再会が“初めての出会い”だったら、私は彼女のことを『迫力のある子』とは思わなかったハズ。ホント、歩き方で随分印象が変わるんだなって実感した出来事だったわね。
     
     
    ■歩き方ひとつで印象が変わる
     
    同じ人が歩いてこちらにやってくるにしても、シャキシャキ歩いていれば“デキる女”に見えるし、フワフワ歩いていれば“可愛い女”に見える。音を立ててドカドカと歩いていれば“怖い女”、フラフラよそ見をしながら歩いていれば“不思議ちゃん女”、スキップをしていれば…“痛い女”かしら?(笑)
     
    そんな風に、ただ歩くだけでも相手が受け取る印象って変わってくるの。男ウケが良いのはやっぱり、“可愛く歩く女”よ。デートのとき、腕を絡ませてフワフワ歩いていたら可愛く見えるんじゃないかしら。ちょっと弾むように歩けば「私は今、楽しいですよ」って伝わるし、そんな彼女を見る男の目はきっと蕩けているでしょうね〜。
     
     
    ■髪をいりじながら歩くと印象UP?
     
    そうそう、可愛く歩くためには仕草にも気をつけたいところ。店で働いているホステスが足取り軽く、耳に髪をかけながら歩いていると、男ってロコツな視線を向けているの。前髪を引っ張りながら上目遣いをしたり、枝毛チェックをしたり、髪を指に絡ませてクルクル…なんていうのも割と男から人気のある仕草。中には「髪をいじるなんて不潔」という男もいるから、食事中は髪を触らないようにしなきゃいけないけれど、歩いているときくらいならOKなハズよ。
    髪って女を象徴するものだし、利用しない手はないわね。他にもピアスやネックレスを触りながら歩いていると、男って性的なアレコレを連想するみたい。試してみると面白い結果が得られるかもね(笑)。
     
     
    ■高いヒールや個性的な靴って素敵だけど…
     
    ホステスたちは自前のパンプスやミュールを履いて仕事をしているんだけど、最近ものすごく高いヒールや変わった形をしたパンプスを見るようになったわ。最初に話したような“自立した女”を目指すと、どうして女は高いヒールを履きたくなっちゃうのかしらね。「男から見下されるのが嫌」という理由で高いヒールを履いているホステスもいるけれど、歩き方は決してキレイではないの…。6〜9センチのヒールは、脚をキレイに見せるには効果的だけど、それ以上のヒールは…はっきり言って醜いだけ。高すぎるヒールはデメリットだらけよ。
     
    それに個性的なパンプスも履きこなせないなら意味はないわ。街中でも脚と腰をガクガクと揺らしながら歩いている女の子がいるけれど、「可愛い」「素敵!」とは思わないものね。――なんていう私だって、ガラスのような靴を見ればときめくし、誰も持っていないようなデザインの靴を見れば「個性的で素敵!」と思うのよ。
    けれどやっぱり、歩き方って人の印象を左右するものだって知っているから…高いヒールも個性的な靴も見てるだけ。3〜6センチのパンプスを可愛く履きこなして、毎日を生きているわ(笑)。