TOP > イククルコラム > 「舞子ママの酔いどれ恋話」3股4股をかける女の心理はね…

「舞子ママの酔いどれ恋話」3股4股をかける女の心理はね…

  • 2017年03月02日  仮屋園 ユイ   



    動物や子どもにしか愛されない人もいれば、芸能人のように何万人からも愛される人もいるんだから、ホント世の中不公平!
    でも…たくさんの人に愛されるからって、すべての人に愛を返すのはNGよね。
     
     
    寂しいからといって、好きでもない男と付き合う女もいれば、一人で一生を過ごす! と覚悟している女もいる。私も含め、いろいろなタイプの女がいるけれど、一番「ん?」と思うのはやっぱり本命がいながらもほかの男と付き合うことができる女よね。いえいえ、私だって夜の世界で働く女ですもの。2股くらいはOKだと思うのよ。世の中にはいい男がたくさんいるし、出会いだってたくさんあるもの。だけどね、3股4股と節操がないのは、さすがにどうかと思うのよねぇ。
     
     
    ■女としての価値を知りたい
     
    1年前、お金持ちの男を渡り歩いて生活している友人が「永遠の愛はどこにあるのかしら?」って言ったの。私は「そんな生活をしている限り、永遠の愛は見つからないわね」って笑ったんだけど、その数か月後、友人は見た目が良く、経済力もバッチリな男を連れてきて「永遠の愛を見つけた!」ってふんぞり返ったわ。話した感じ、悪い人ではなさそう。っていうか、むしろ私に頂戴! って思うようないい男。どこで見つけたのか根掘り葉掘り聞きだしちゃったわ。
     
    友人はお付き合いのあった男を全部切り、私の店で生活費を稼ぐように。恋人もそれを認めていて、何とも言えない幸福感が漂っていたんだけど、ある日「私、老けた?」って言うの。私と同じ年だから、アラサー…いえ、アラフォーに片足を突っ込んでいるような年齢よ。「そりゃあ、若い頃に比べたらね」と答えたんだけど、これがいけなかったのかもしれない。
    とっても素敵な恋人がいるにも関わらず、お客様と3股4股交際をし始めた友人。別れては次、別れては次…ってあまりに節操がなかったので、「恋人が悲しむよ!」と??ったら「女として、価値があることを知りたい」って泣き出しちゃったの。
     
    友人が欲していたのは“永遠の愛”だったハズなのに、いざそうなると“多数の男から愛されたい”と望みだす。もちろんそこには“老い”という女が避けては通れない大きな問題があるのは事実だけど、何とも言えない気持ちになるわね。恋人がもっと友人のことをチヤホヤ可愛がっていたら状況は変わっていたんでしょうけど、そこまでできる男って日本にはいないと思うわ。
     
     
    ■女へのマウンティング
     
    自分が浮気や不倫をしていたら、絶対に他人には話さないけれど…3股4股をしている女って、それを周りに公表するのが大好きなのよね。理由は簡単。「私はこんなにも男に愛されています」ということを周りに自慢したいの。多数の男と付き合う女って“自己顕示欲”が強いの。周りの女に、自分の美しさや魅力をアピールする手段として男を使うのは昔からよくある手。つまり、「私はあなたよりも優れた女」ってことを言っているわけで、効率よくマウンティングしているってワケ。
    私、本当にこの手を使う女が大嫌い! 時々私の店にもこういう女が現れるんだけど、一緒に仕事をしていてイライライライラするの。だけど男への媚び方が上手くて、見事な売り上げを出してくれるんだから…何も言えなくなるの。それがまた腹立つんだけどね(笑)。
     
     
    ■男をキープする女
     
    あと3股4股をする女に多いのは、男をツナギ…つまり、キープしている女よ。「自分にはもっとふさわしい男がいるハズ」だけど、「この男を手放すのも惜しい」。だから、「とりあえずキープしておきましょう」という女、いったい何人見てきたかしら。
    いかにいい男をGETするかは、女としての幸せをかけた戦いでもあるけれど――実は私の店に来るお客様って、女にキープされているのでは? と思うような男がチラホラいるのよね。夜遊び歩けるような男って、多少なりと世間よりは良いお給料をもらっているから、賢い女にキープされていても不思議はないのよ。
     
    この前も「バレンタインデーは彼女が忙しくてデートをする時間はなかったけれど、ちゃんとチョコはもらえたよ」と嬉しそうに報告してくれたお客様がいたの。チョコレートの写メを見せてくれたんだけど、どうみても500円前後で売っていそうな品だったから、ホステス一同「あぁ…」と言葉を失ったわ。30歳を過ぎた女が本命(世間でいう優良物件なオトコ)に、500円のチョコは渡さないもの…。
     
    つまりね、私が何を言いたいかというと、私の友人にもたくさん「結婚したい!」と言っている女がいるのよ。ひとりの女が3人も4人も結婚適齢期の男をキープするのはズルイ! って思わない? 決して嫉妬じゃないの、卑屈にもなっていないわ。ただ、お金と同じく、良い男も上手にみんなで回さなくっちゃねってコトを私は言いたいの(笑)。