TOP > イククルコラム > 『×1女史の恋愛通信簿』手書き大好き“文房具に凝っている男”

『×1女史の恋愛通信簿』手書き大好き“文房具に凝っている男”

  • 2017年07月25日  黒崎 ハナ  



    皆さんこんにちは。皆さんは、普段どういった筆記用具を使っているかしら?最近はスマホで事が足りるせいもあって、文房具を手にしていない…なんて人もいるかもしれないわね。最近、IT時代に逆行したような“文房具好き”のオトコと出会ったの。そこで今回は、会社のマニュアルでさえ手書きで作ってしまうほど文房具が大好きなオトコについて紹介するわ!早速、一緒に見ていきましょ!

     

    【パソコンでの書類が味気なく感じる】

    今では一般的になったパソコンを使っての仕事。どんな会社でも、データの送受信や周知事項をパソコンで作成していることでしょう。でも、そんなパソコンで作成された書類がなんとなく味気なく感じるというのが、今回お話ししていく男性よ。彼とわたしが実際に出会いを果たしたわけではないんだけど、友達から聞いて面白かったから内容を紹介していくわね。

    「うちの上司が本当に変わり者なの。女子みたいにたくさんの筆記用具を持ってるのよ。デスクの中にはマステやらふせんやら…。で、しまいにはスーパーのPOPみたいに手書きで可愛らしい文書を作って部内に掲示したりするんだから!」

    そんな上司は40代半ばだという。彼女はいると言っているらしいけど、いるいる詐欺でもしかしたら強がっているだけかもしれないわよね。で、彼がなぜ手書きの文書なんかを共有するのかというと、パソコンで打ち込んで作った文書のことを味気なく感じるんだとか!わたしはもう、仕事に関する文書はパソコン画面が当たり前だし、パソコンで作った書類じゃないとむしろ落ち着かないし…。でも、そんな彼にとっては手書きが温かみがあって良いと感じられるのかしらね。

     

    【子どもの頃に触った懐かしい文房具も保持】

    どんな時代も、筆記用具の流行ってあると思うの。わたしが子どもの頃に流行ったのは、ミルキーペンとかいう黒い紙にでも乗る、ミルキーなインクが特徴のペンだったんだけど、その上司はそのペンも持ってたまに使うんだとか!あとは、漫画家を目指した子なら一度は触ったことがあるコピックなんかも上司は持っていて、掲示物を作るときなんかに書き入れるミニキャラの色塗りに使っているというから可愛いわよね。

    「子どもっぽい掲示物をよく書いて貼るんですよ。部内ではもう言ってもムダだって感じで野放しにされています。それでも彼はそんなに害がないというか…ただ手書きラブなだけで、仕事と決められたことはするし、むしろ仕事の応対マニュアルとかヒヤリハットなんかの共有するプリントを手書きでわかりやすく書いてくれたり。上司のこと悪く思っている人もいるけど、個人的にはいいキャラしていると思ってて」

    同じ職場で働いている以上、個性があまりに強い人がいると正直困るという意見もあると思うの。でも、彼の手書き愛は掲示物のみならず、部署内で皆が共有するようなマニュアルなんかも手書きで行っているというから驚きよね。見てわかりやすく、親しみも持つことが出来るマニュアルを手書きで作ってくれるとあって、敵対視している人は少数に留まっているみたいよ。

     

    【ふせん、ハサミ、マステ…文房具をフル活用中】

    電話応対はよくあることよね。ちょうど席をはずしてしまっている人に電話がかかってくるってことはしょっちゅうあると思うの。そんなとき、彼の会社ではデスク上のパソコンにふせんを貼って、何時何分にどこの誰からこんな問い合わせがありましたよ!って知らせるんですって。そんなふせんにも、彼のセンスが光っているという話を聞くことができたわ。

    「ふせんひとつとっても、めっちゃ可愛いのを使っていたりする!みんな会社がまとめて買っている消耗品の事務用品を使ってるけど、上司は自分で文房具屋さんで買ってきているのを使ってる。今までで一番ホッコリしたのは、猫のふせん。猫がまったりしているふせんで、思わず和んじゃった!」

    さらに、ちょっとした便利グッズも持っているといい、ちょっとベタついた面でもよく切れるハサミや、ポップな柄からスーツを着た猫の着せ替えが出来るようなマステまで様々なんだとか!会社で用いるものだとしても自腹を切っていて、お気に入りの文房具をフル活用しているというから、可愛げのあるオトコよね。

     

    【文房具をこよなく愛する彼の評価は、いかに…】

    会社で用意してくれている事務用品では満足できず、自分で文房具を開拓し使っている彼。仕事は難なくこなしながらも、自分が大好きな文房具でマニュアルの整備や掲示物の作成をしているという個性派…そんな彼の評価は、こうなったわ!

    ・ルックス---3
    ・経済力---3
    ・文房具への愛---5
    ・コミュニケーション能力---5
    ・将来性---3

    彼のルックスは並程度ということ、そして稼ぎもその年齢なら妥当かなっていうくらいだったので、平均的な評価にさせてもらったわ。彼の長所はなんといっても文房具への愛ね。誰かにそれを強要することもなく、むしろ調和してうまくやっていっている様子を聞くと彼の個性に毒はないし、迷惑にもならないし、コスパも良いし実用的だし…でとってもイイ好みだといえるんじゃないかしわね。それでは次回も、お楽しみに!