TOP > イククルコラム > 『×1女史の恋愛通信簿』汚部屋にウッ…片付け出来ない“不潔な男”

『×1女史の恋愛通信簿』汚部屋にウッ…片付け出来ない“不潔な男”

  • 2016年04月19日  黒崎 ハナ  



    皆さんこんにちは。あなたは今まで付き合ってきたオトコの中で、片付けが出来ないオトコを引いたことがあるかしら。いつも彼の家はキレイだった?それとも、散らかっていたかしら?今回は、わたしが珍しく引き当てた大ハズレ、片付けのできない不潔な男について評価しちゃうわよ!
     
     
    【服装はイマイチだけど、見た目は良好!】
     
    彼との出会いは社会人になってそう経っていない頃だったかしらね。まだまだオトコの免疫がついていなかった当時のわたし的に、顔面スペックは相当高めのオトコだったのを鮮明に覚えているわ。会社終わりのジム通いをしていたわたしが、そのジムで出会ったんだけど…周りの人も「あの人、カッコイイよね」と噂するくらいの顔だったの。背はそこまで高くなかったけど、整った顔は向井理みたいな感じで目の保養になったわ。そんなイケメンがジムで汗を流しているんだから、ちょっとお近づきになりたいと思うじゃない?だから、彼と同じ機械でトレーニングを初めて、最初は挨拶から…段々と世間話をするまでになって、やっと連絡先を交換できたってワケ。
    服装こそ、なんかちょっとイモっぽいというか…田舎者っぽい感じで残念だったけど、それでも許せるくらいの顔面スペックだったから気にしなかったわ。ジム帰りに飲みに行くのが定番コース、その後はわたしを自宅に連れ込むワケでもなく、はたまたわたしの家に転がり込むワケでもなく…と、もどかしい付き合いが続いたの。
     
     
    【俺の家来ない?となかなか言ってこない】
     
    酔わせていい感じにしたら、「俺の家、来ない?」なんて声かけが定番よね。もうこの距離感がジレったい、早くヤりたい…そんな気持ちを全面に押し出した「俺んち来ない?」発言が、彼の口からはなかなか出てこなかったの。わたしに魅力が足りなかったのかしらね。いや、それにはワケがあったんだけど、それはもう少し待ってよね。だから、わたしは今まで以上にセクシーな服を着たり、彼へのボディータッチを増やしていったの。それでも俺の家に…とはならなくて、やっと肉体関係を求めてきたと思ったら、「ラブホテル行こう」って。うーん、これはもしかしたら妻帯者?なんて勘ぐったりもしたのよ。だからもうここはストレートに「あなたの家、行ってみたいな」と可愛く甘えてみたのよ。こんなキャラは嫌だと思ってたけど、仕方なかったのよ。そうしたら少し考えて彼は「いいけど、嫌いにならないかな…と思って。うち、ボロアパートだし、狭いしさ」って。そんなことで嫌いになったりしないわよね。うーん、あまりのボロでお金がなさそうだったら、付き合い方を考えるかもしれないけど…それでも、とにかく気になる彼の家だもの行ってみましょ!とワクワクして向かったの。そしたらもう、彼の家の中が大変なことになっていたのよ。
     
     
    【家に入ってビックリ…そしてドン引き】
     
    ちょっと狭いとかボロいのが問題なワケじゃなくて、大問題なのは彼が片付けをしていないことだったの。どんな次元での片付けかっていったら、思い出すだけでも吐き気がしそうだけど…食べ終わったお弁当のごみを置きっぱなしとか、飲み終わったビールの缶をそのままにしてあるとか、ね。それがもう何十日分もたまっているみたいで、足の踏み場もないような感じだったわ。これは女どころか男友達さえも呼べないレベル。ニオイは強烈だし、虫だっていたからもうお手上げよ。「俺、片付けが苦手なんだ。どこから片付けて良いかわからなくて」って言い訳していたけど、そもそも片付け云々の次元じゃなかったわね。毎日、当たり前のことをやっていたら、こんなことにはならなかったはずよ。わたしが出会ったオトコの中でも、最悪に汚い部屋だったわ。
     
     
    【即お別れよ!彼の通信簿、こうなったわ】
     
    あんなにカッコよかった彼の本性が、ただの汚男だったなんて…わたしとしたことが大失敗よ。あんなオトコにラブホテルだったとはいえ抱かれてしまったのは、なんだか自分の体にバイ菌がついていないか心配になってしまうくらいよ。さあ、見た目とのギャップでガッカリどころの騒ぎでは済まない、片付け出来ない彼の通信簿、いくわよ!
     
    ・ルックス---5
    ・清潔感---1 
    ・SEXテク---2
    ・ファッションセンス---1 
    ・将来性---3
     
    見た目は未だに素晴らしいと思える素材よ。目の保養だけ考えるなら、彼は素晴らしい顔面をお持ちだったわね。ただ、片付け出来ないというのを通り越してもうあの汚部屋はヒド過ぎたわ。どんなに大好きな彼氏だとしても、あの部屋をどうにかしようと思える女性は少ないでしょうね。もちろんわたしもお手上げ、あの部屋を見て即お別れしたわ。片付けが出来ないっていうのは、将来的にもプラスに働くとは思えないから将来性もイマイチの評価にしたの。ただ、今後彼にとって何かしらの出会いや意識改善するキッカケがあって少しマトモに片付け出来るようになる可能性も考えて、中間値の評価にしたの。よほどのもの好きでなければ、彼の相手を続けられないでしょうね。わたしは、自分と深い関係を持つ男にはとにかく清潔であってほしいと思ってるの。だから、今回紹介したオトコは完全にNGよ!