TOP > イククルコラム > 『×1女史の恋愛通信簿』絶対彼にはしたくない“細かすぎる男”

『×1女史の恋愛通信簿』絶対彼にはしたくない“細かすぎる男”

  • 2016年08月23日  黒崎 ハナ  



    皆さんこんにちは。あなたは今まで付き合ってきたオトコの中で、なにに対しても神経質なオトコっていたかしら?自分にこだわりがある部分だけが繊細なのは理解できるし共感できるけど、わたしが最近出会ったオトコはとにかく細かすぎて…もう絶対彼にはしたくないと思ったわ。今回は、そんなハイスペックのくせに細かすぎるオトコについて評価していっちゃうわよ!

     

    【高収入でイケメン。だけど…】

    彼との出会いは、異業種交流会と称した地元の活性化のための経営者や企業家の集まりよ。志高い男性とたくさんお逢いできるかと思って楽しみにしていったら、その中でも顔面ハイスペックで目を引いたのが彼だったの。聞けば、ネット関連企業の社長さんで、稼ぎはわたしの20倍以上。高収入でイケメンだなんて最高!と思って、真っ先に連絡先を交換したのよ。メールでのやり取りはとても律儀な感じで、年齢もわたしより少し上くらい。打算計算を含めたうえで、一生のパートナーとしてどうかしら…と本気で考えたくらいだったんだけど、そんな彼にも致命的な欠点があってね。彼は、メールの返信が少しでも遅れると「なにかあったの?」とやけに聞いてくるの。ただ、寂しがりやさんなのか…それともわたしに興味を持ってくれているのか…と期待しちゃったんだけど、残念ながらどっちもNO。彼は、メールの返信のタイミングも、メールに使う顔文字も、こだわりが強い人だったの。

    「その顔文字ってことは、怒ってるんだよね?」と何度聞かれたことか!別に、そういう意味で使っているわけではなくてもとにかく絡んでくる。彼の細かさには飽き飽きするくらいで、自分の価値観で推し量ってはケンカを売ってくるから…そういう意味で顔文字を使ったワケではないからと何度言ったことか。

     

    【お祭りでドン引き。もはやクレーマー!】

    彼が細かいのは、メールだけではなかったの。季節的なこともあって、祭りへ一緒に行ったんだけど、そこで焼きイカに虫が付きそうだったのよね。そりゃ虫くらい、おいしそうなものに向かって飛んでくるわよと思った平気で居たら「それはもう食べられないでしょ。交換してもらおう」といって、出店のお姉さんにくってかかる始末。いいかた…といっても収まらず、せっかくのお祭りがなんだかつまらないものになってしまったわ。ちょっと虫がついたくらい全然いいのに、そのくらいでゴネるなんて…お金は持ってるくせに、心の余裕がないのねと思ったら、彼の下で働く従業員の方がかわいそうだと思えてきたくらいよ。細かいオトコという括りを通りこして、クレーマーの域に突入しているわよね。

     

    【“理想の彼女像”もウザイ】

    そんな彼の“理想の彼女像”も、聞けば聞くほどこだわりが強くて細かくてウザイのよ。まず、家庭的であること。彼のいう家庭的だというのは、食事は家でとるようにして、外食やお惣菜には頼らないってこと…だから、料理スキルは必須ということね。あと、掃除洗濯は毎日隅々まで行える人。トイレ掃除を週に2回とかだとNGだねと話していたのよ。もちろん、専業主婦になってくれることも挙げていたわね。そんなに細かく彼女像を設定していたら彼女なんて出来ないわよね。彼、もちろんフリー。あの顔面スペックで仕事のことも考えたら、彼女ナシというのは相当性格で足を引っ張ってるとしか思えないわね。

    将来は家のことをしっかりしてもらいたいから、女性選びにはこだわってると自分を正当化していたけど、彼の細かさについていける女性なんているのかしら…。出会いからわずか4か月で、彼とはもう連絡をとらなくなってしまったわ。

     

    【細かくてウンザリな彼の評価はこれよ!】

    仕事の充実と信頼はピカイチ。見た目もイケメンで、スペック的にはなんの問題もない、むしろ優れているくらいの彼。でも、細かすぎる性格が災いしてか、彼女ナシ生活が続いている…そんな彼の評価を見ていきましょ!

    ・ルックス---5
    ・経済力---5
    ・将来性---5
    ・恋愛適応能力---1
    ・神経質度---5

    彼の難点はなんといっても神経質度合いね。細かい部分は誰にでもあると思うの。それが、彼の場合度が行き過ぎているということ。自分に干渉してほしくない部分のことまで細かに言われたら、誰だってストレスに感じてしまうわよね。彼の悪いところは、その性格で周囲を遠ざけているという事実に気付いていないということ。彼自身が、自分の細かさに気づけば少しは変わってくれると思うんだけど、「周りが自分に合わせろ」という姿勢だからかイマイチ響かないのよね。仕事に関しては信頼がおける人なんだろうけど、プライベートでは全く信頼のおけない、友達として関わるのもウザったいくらいのオトコだったわ。わたし、一度持った縁は結構大事にするほうなの。知り合いの多さなら、自信があるくらい。それなのに、彼とはもう連絡をとらなくていいかしら…と思って放置したくらいだから相当よ。どんな人でも基本的には受け入れ、言うべきところのみに対して細かさを発揮するようになれれば、彼にもきっといい女性が付くと思うわ。それでは次回も、お楽しみに!