TOP > イククルコラム > 『×1女史の恋愛通信簿』2次元にハマっている“異次元の男”

『×1女史の恋愛通信簿』2次元にハマっている“異次元の男”

  • 2016年05月03日  黒崎 ハナ  



    皆さんこんにちは。あなたは今まで付き合ってきたオトコの中で、2次元にハマっているオトコを引いたことがあるかしら。今回は、アニメが好きとかゲームが好きという次元では収まりきらない、結構ヤバい2次元のオトコとの出会いについてお話していこうと思うわ。異次元とリアルとの差がわからなくなってしまっているイターイ男について評価していくわよ!

     

    【オンラインゲームでの出会い】

    自分の空いた時間に好きなだけ、好きなように遊べたらいいなと思って…わたしは一時期、オンラインゲームをしていたの。知人が自分でパソコンを構築できる人だったから、市販のものよりも安くハイスペックなデスクトップパソコンを手に入れることが出来たってこともあって、結構な頻度でログインしていたわ。なにが良いかっていえば、それはなんといっても自分を待ってくれている友達がオンラインゲームの中に出来るってことね。ログインする頻度が下がると、ログインした日には「最近来ないけどどうしたの?」って言ってくれるのよ。リアルにはない優しさ溢れていて、仕事がうまくいかないときなんかはかなりハマっていたわね。そんなときに彼と出会ったの。わたしが上手くいかないクエストに一緒について行ってくれて、わたしがログインしたときにはいつも彼がいる…いつも傍に居てくれて、頼りになる存在だったわね。

     

    【連絡は主にSkypeかゲーム内限定】

    そんな彼との連絡はSkypeをしながらオンラインゲームをするか、そのゲーム内のメッセージ機能を用いてのみ。リアルな彼のアドレスも電話番号も、ずっと教えてもらえなかったわ。Skypeだって、音声のみ。彼が一体何歳くらいでどんな顔面スペックなのか…正直気になっていたけど、教えてもらえるキッカケがなかったの。これは、もしかしたらオンラインゲームの世界と自分のリアルな世界を混ぜないために、ゲームはゲームの関わりって割り切っての行動なのかしらと思っていたわ。

    オンラインゲームにハマってしまった人って、リアルにも支障をきたしてくるって言うじゃない?実際にわたしも仕事がうまくいかないとゲームの世界に逃げ込んで、ゲームの世界での友達に愚痴って励ましてもらって…とした経験もあるし、わからなくはない感覚。だから、彼はそういったことにならないようにと気を遣っているのかもと勝手に解釈していたのよ。彼に実際に会うことになるまでは、ね。

     

    【婚約者の存在が明るみに。しかし…】

    珍しく彼から積極的にゲーム内でのメッセージが積極的でびっくりした夜があったの。なにかあったのかな…と思って、Skypeを始めたわ。すると、「相談したいことがある」なんていうのよ。きっとリアルでなにかあったのねと思って色々話していたら、やっぱりリアルで問題が発生していたみたい。ここでわたしからちょっとイジワルなお誘いをしてみたのよ、「相談に乗ってもいいけど、その代わりお茶しない?ごちそうしてくれたらいいよ!」なんて内容。そしたら彼、意外にもすんなりOKをしてくれたの。こんなに簡単に会ってくれるなら、なんで今まで会ってくれなかったのかしらと不思議になったくらいよ。

    待ち合わせ場所には、彼はきちんと時間通りにきてくれたわ。見た目はそこそこ、身長も普通で細身。おしゃれセンスこそそこまで秀でてなかったけど、まぁまあ普通に恋愛ができそうな人な感じがしたわ。でもね、話を聞いて衝撃が走ったの。彼は開口一番「彼女に結婚しようっていわれてさ」って。あ…彼女いたのねって気持ちになったの。「でも、ゲームが好きなの知ってて、ゲームとわたしどっち大切なのとかキレてきて。結婚してゲームやめろって言ってきたから、別れてきた」っていうのよ。これって、いいの?!と思いながら、あーこの子はもうゲームの世界に暮らしているんだなって、もう助けようも相談にのりようもないなって。リアルよりもそっちを優先してしまうんだったら、もうリアルを充実させることってできないと思うわ。これは彼女さん、悲惨だったな…となんだか可哀想になったと同時に、わたし自身もオンラインゲーム熱が冷めていった感じね。

     

    【異次元で暮らす彼の通信簿、こうなったわ】

    オンラインゲームにハマりすぎて、ゲームの世界から出られなくなってしまったオトコ。彼女よりもゲームを選ぶなんてことまさか自分が…と思うでしょうけど、これって誰にでも有り得ることなんじゃないかしらね。自分を肯定して受け入れてくれる世界が、彼にはきっとオンラインゲームという二次元しか存在しなかったんだと思うの。そして結果、彼はなにを大切にしたら良いかもわからなくなってしまったようね。さ、そんな彼の通信簿を見ていきましょ!

    ・ルックス---3
    ・現実逃避度---5
    ・交友関係---1
    ・常識人具合---1
    ・将来性---1

    彼の決定的な欠陥は、常識に欠けるということ。ゲームで知り合った初対面の女性に、彼女と別れた話をするっていうことがナンセンスよね。誰にどんな話をすべきかがわかっていない、人との付き合い方が根本からわかっていない人間だっていうことが分かったわ。ルックスは人並みでも、その他の項目は最低ランク。間違っても彼氏になんかしたくはないわね。まずはリアルとゲームの区別をすること。そして、何を優先すべきかを冷静に考えることから始めて、異次元暮らしからリアルに帰ってきてもらいたいところよ。あなたの周りにも二次元にハマりすぎた子はいないかしら?気を付けて接してちょうだい!