TOP > イククルコラム > 『元風俗嬢のエロテクBOX』へそが快感ポイントだって知ってる?

『元風俗嬢のエロテクBOX』へそが快感ポイントだって知ってる?

  • 2015年02月19日  本田 あい  



    人には様々な性感帯があります。元恋人も知らない、パートナーの快感ポイントを見つけたときは嬉しくなってしまうものですが、快感ポイントには限りがあるのも事実。
    今回は、あまり知られていない部位として“おへそ”をご紹介させていただきますね。
     
     
    風俗では、ローションと舌を使って男性の全身を舐めまわすマッサージがあります。店舗型の風俗店ではほとんどの店が取り入れているのではないでしょうか? 全身マッサージを拒否するお客さんに出会ったことがないことを考えても、男性は全身を舐めまわされるのが好きなのでしょう。「くすぐったい」と言いながらも、その人が感じるポイントに触れたときは可愛らしい声を聞かせてくれたり(笑)
     
    そんな全身マッサージで、多くの男性が声を上げる場所の中に『へそ』があります。「え?ヘソは感じないでしょ?」と思ったあなたも、やり方次第で、どこよりも感じる部位になってしまうかもしれませんよ。
     
     
    ■なぜ『へそ』が感じるのか
     
    乳首や性器が感じるのはもちろんですが、脚の付け根や首筋なども感じるポイントとして知られています。感じるポイントに共通しているのは皮膚が薄いこと。また、くすぐったがり屋サンの方が、より多くの快感を得られるようです。
    ヘソはとても皮膚が薄い場所。通常は体脂肪や筋肉の層が皮膚の内側にあるのですが、へそには腹膜しかない&毛細血管も多く集まっているので敏感になってしまうのです。また、へその周りにはツボがいくつかあり、中でも『天枢(てんすう)』というツボは性感帯として知られている部位。風俗のマニュアルにも『へそを積極的に責めろ!』と書かれています。
     
     
    ■『へそ』の責め方
     
    ★指の腹&舌で
    基本的には乳首を責めるときと同じです。外側から中心に向かってじわりじわりと責めていくのですが、へそから約4cm(指2本分)のところにある『天枢』の存在を意識すると良いでしょう。『天枢』のラインにそって指の腹や舌先でペロペロと円を描きます。その時に舌を細かく動かしたり、皮膚を押すように舐めたりとバリエーションを加え、パートナーの反応を見ながら中心へと移動していってくださいね。
     
    ★ローションを使って
    唾液でも十分ですが、ローションを使ってぬるぬる感を出すとより快感が深まるかも。どのようにしたら気持ちが良いのかイマイチ把握できない方は、お風呂の時にボディーソープを使用し、自分の体で試してみてはいかがでしょうか? パートナーの体を洗うフリして、おへそを責めて反応を伺って見るのもいいかも!
     
    ★道具を使って
    筆や綿棒、羽など体を責める道具はたくさんありますし、AVなどで“へそ責め”の映像をいくつか見たことがありますが、おへそはとってもデリケート。「おへその掃除をしたらお腹が痛くなる」という話を聞いたことがある方もいるでしょうが、あながち間違いではありません。
    おへそを責めるときは優しく丁寧に、が基本。筆や羽の先でそっとなでたり、綿棒でコソコソくすぐったりするだけで十分なので、強い力で責めるのは止めましょう。
     
     
    ■『ヘソ』を清潔に保つ方法
     
    たくさんのお客様のおへそを舐め続けていた私ですが、へそにはいくつの細菌が存在しているかを聞いたとき絶句しました。へそに詰まっている黒いゴマは、垢やせっけんカスだとご存知ですか? そこには有害細菌が100万個以上で、これは大便と同じレベルなのだとか…。ね? 絶句しますよね……。
    かといって、風俗店での基本プレイである舌による全身マッサージを拒否することなどできません。考えた末、私はお客さんすべてにおへそ掃除をすることにしました。
     
    1:ベビーオイルと綿棒とティッシュを用意
    2:仰向けに寝転ばせ、おへそにベビーオイルを数滴たらす
    3:少し時間を置いて、綿棒とティッシュでふき取る
     
    オイルを垂らした後、10分程度置くのが理想ですが、接客時間には限りがあります。先ほど『綿棒でへそをコソコソくすぐるだけで十分』と書いたのには理由があり、このオイルマッサージで声をあげる男性の多いこと! おへそも綺麗になりますし、気持ちも良いし、おへそマッサージって結構人気でしたよ。
    中にはどうしてもオイルでへそを綺麗にされたくないと言う方もいましたが、お風呂上りだと垢がふやけているのでティッシュで拭うだけでもOKという場合も。頑なに「へそに触らないで」と言うお客様には、言われた通り全身マッサージでもへそに触れるのは止めておりましたが…おへその掃除ってクセになるほど面白いのでオススメ! 週2回をめどにお掃除しましょう。
     
     
    ■最後に
     
    私もへそを責められると下半身に痺れのような快感が走ります。そういった女性は多いようで、積極的にへそを責めてくる男性もいました。未体験の方にはぜひ経験してもらいたい部位ですが、やりすぎと垢には注意ですよ(笑)。