TOP > イククルコラム > 『元風俗嬢のエロテクBOX』体を武器に使ったその後は…?

『元風俗嬢のエロテクBOX』体を武器に使ったその後は…?

  • 2014年12月04日  本田 あい  



    『気持ちよりも先に体を繋げてしまった…』という経験をしたことがある人はいませんか?
    「彼女になりたい」と願っても、女性にとって『最大の武器』と言われている体を先に使ってしまった場合、良い関係に持って行くのは困難なもの…。
    体の関係があるにも関わらず、同じ男性から指名を取り続ける風俗嬢のテクをご紹介しますので、ぜひ実践してみてください!
     
     
    合コンや打ち上げで盛り上がり、美味しいお酒にちょっとした下ネタが加わればエロい気分になりますよね。飲み会の後、気の合う男性とホテルへ…なんていう話はマンガやドラマだけでなく、現実にもよくある話です。
    これが一夜限りの関係であれば「楽しかったね」で終えることが出来るのですが、女性は『体を許す=心を許す』と言われていますので、あなたが彼を好きになっても不思議ではありません。体から始まった関係の場合、どのように彼の関心を惹き続ければ良いのでしょうか。
     
     
    ■体は最大の武器
     
    男にはコレといった武器はありませんが、女にはいくつかの『武器』があります。「女の涙に男は弱い」と言いますし、『甘える仕草』や『上目づかい』も男を落とす立派な武器ですよね。『化粧』や『香水』『ネイル』などもそうかもしれません。
    このような武器を駆使してこそ、モテる女が出来上がるわけですが…中でも最大の武器は『体』です。男は本能的にたくさんの女を抱きたいとプログラミングされている生き物。胸や脚を露出することで異性の関心を集めることが出来るのはご存知だと思います。また「あの女はどんな体をしているのか」「あの女を抱きたい」という好奇心があってこそ、男性は必死になって女性を追います。
     
    そんな最大の武器をあなたは最初に使ってしまったのです! あなたのすべてを知ってしまった男性は、もうすでにあなたへの関心度が薄れてしまっているかも…。まずはそのことを理解しておくことが大切です。
     
     
    ■風俗嬢が指名を取り続けるためにしていること
     
    色んな女性を抱きたいと望む男性の本能をストップさせて、自分に関心を惹きつけておくテクニックは風俗嬢なら誰でも実践しているもの。同じ男性から2度目の指名を貰うことは至難の業で、その確率はわずか5%ほどだと風俗店のオーナーがおっしゃっていました。
     
    ★悲しい顔で「さようなら」
    「あぁ、さっぱりした!」という気持ちで帰られてしまっては、絶対に次の指名に繋がりません。かといってプレイ中に「○○してほしいの?じゃあ、次に指名してくれた時にね」なんていう焦らし行為で次の指名へ繋げようとすれば、たちまち苦情となってしまいます。
    なので「今日は凄く楽しかった」という言葉と共に「さようならが悲しい」ということを素直に伝えます。気にいった男性には笑顔でバイバイした方が良いと思っている人も多いですが、相手に満足感を与えたと思った男性の気持ちは次へいってしまう…。少し「あれ?」と思わせるくらいが丁度よいのです。
     
    ★体を繋げたからこそ見せる顔を用意する
    体を繋げた相手に、今までとは違う自分の顔を見せるのは効果的。周りにサッパリとした印象を与える女性であれば、少し甘えた仕草や表情を。いつも元気なキャラなら、彼の前ではセクシーな仕草を…。
    『体を繋げた』からこそ見せるスキがあれば、「こんな一面があったんだ」と彼は興味を持ちます。「もっと違う一面が見えるかも」「違うセックスが出来るのかも」と、あなたとの今後にワクワクするでしょう。
     
    ★これは『特別な人だけ』という部分を作る
    そもそも異性に体を見せるという行為自体が『特別な人だけのもの』なのですが、風俗の世界ではそんな理屈、通用しません。もちろん最後まで行為をしていないので「『仲良くなったら最後まで…』といって客を呼び寄せればいいじゃん?」と思うかもしれませんが、会うたびに「エッチはまだ?」「前に約束したでしょ?」と言われる苦痛を考えれば、簡単に『最後まで』なんていう約束は出来ません。
    仲良くなったお客さんと風俗嬢がよくしている行為とはいえば『仲良くなったらLINEでやりとりをする』『お酒を呑みに行く』『シャワー(うがい)を浴びる前にキスをする』などがありますが、プライベートでは使えないものばかりですね(笑)
     
    プライベートで大切なのは『家に入れない・相手の家に行かない』こと。これは彼に対する壁をわかりやすいカタチで相手に伝える行為です。「誰とでも簡単に性行為をするのでは?」と彼は思っているハズなので、こういうキッチリとした部分を見せることは大切。何よりエッチをするたび、ホテルに行っていては金銭面が圧迫していきます。ダラダラとした関係を続けていても『セフレ』にしかなれないので、早い段階で「彼女」かどうかの判断をしてもらった方が良いでしょう。
     
    逆に「アレは酔っていたから…」「私はそんな女じゃない」と、彼に対して言い訳をしたり、取り繕うのはやめましょう。いくら上品なフリをしても『付き合っていない男性と性行為をした』という事実は覆せません。いっそ「あなただからしたんだよ」と、男性の大好きなフレーズでもある『あなただけ』を強調した方が、印象はグンッとUPします