TOP > イククルコラム > 『元風俗嬢のエロテクBOX』女性の一人エッチのススメ

『元風俗嬢のエロテクBOX』女性の一人エッチのススメ

  • 2014年05月14日  本田 あい  



    あなたは女性が一人で快感を追うことに対して、どのようなイメージを抱いていますか? 
    自身が作り上げた枷(かせ)のせいで勿体ないことをしている人も多いかも……。“セルフプレジャー”にはメリットも多いので、ぜひ自分自身の体に触れてみてください。
     
     
    “セルフプレジャー”という言葉を耳にしたことがないでしょうか? この言葉は“女性のオナニー”をあらわす言葉として一般的に使用されるようになりつつあるもの。
    プレジャーとは、娯楽・快楽・満足といった意味があります。“オナニー”や“自慰”などといえば男性的な印象が強く、女性が使うには嫌悪感を覚える人もいるでしょう。“セルフプレジャー”という言葉であれば、なんとなく優しい雰囲気がありますね。
     
    さて、この“セルフプレジャー”ですが、女性同士で気軽に話せるものではありません。
    私はこの世の女性すべてが“セルフプレジャー”経験があると思っているのですが、一人ですることによって罪悪感を覚える女性も多いそうですね。
    ……罪悪感のせいで快感を追うことを諦めるだなんて、本当に勿体ない話! 今回は“セルフプレジャー”が女性に与えてくれるメリットについてお話させていただこうと思います。
     
    ■どうして罪悪感が湧くんだろう?
    男性は体の構造的に精子を外に出さなければならないため“一人でする必要がある”と判断されます。女性は必ずそれをしなければならないという理由がありません。
    また快感を求める女性のことを“はしたない”という目で見る風潮があるせいで、女性は自らが持つ“性欲”を隠さざるを得ないのでしょう。
     
    性にオープンな女性が集まる風俗の待機室では、「今日コンビニに寄って帰ろう」というくらいの感覚で、「今日は上手なお客さんがいなくて欲求不満だから、ひとりでして寝よう」という会話が日常茶飯事的に行われています。
    このような環境で暮らしていれば、“セルフプレジャー”に対する罪悪感など生まれないでしょうね。当然私も、「一人でして何が悪いの?」という考えを持つ女の一人です。
     
    ■“セルフプレジャー”の効能
    なぜ私が“セルフプレジャー”をオススメするのかという理由は、以下の4つにあります。
     
    1)イクことにより寝つきが良くなる
    2)ホルモンバランスが整う
    3)自分の良い場所を知ることにより、セックスがさらに気持ち良くなる
    4)相手のことを考える必要がない
     
    特に不眠症で悩んでいる女性に試していただきたいのですが、極度の快感は体に心地よい疲労感を与えてくれます。体もホカホカしているので良質な眠りを取るのに最適な状態。当然、よく眠れば目覚めも良好ですよね。
    結果的にホルモンバランスが整い、健康的な体と肌を手に入れることが出来るのです。何よりイクことにより女性ホルモンも活性化されますので、良いこと尽くしでしょう。
     
    「イクことが出来ない」という女性にもオススメ。最初は少し怖いかもしれませんが、自分の体を自分で触ってみるのも感じやすい体を作るためには必要なこと。
    セックスでイクことが出来るようになれば、今の何倍もセックスが気持ち良くなりますし楽しくなります。男性を楽しませることも出来るようになりますので、寝る前のリラックスした時間にでも軽く触れてみてくださいね。
     
    また、好きな時にして、好きな時にやめられるのも“セルフプレジャー”最大のメリット。セックスは1対1で行う行為だからこそ、疲れていても相手が望むままに続けなければいけません。
    相手がいないからこそイッた後すぐ、落ちるように眠るのはとても気持ち良い! ベッドに体が沈み込むあの感覚は“セルフプレジャー”だからこそ手に入れられる快感ですね。
     
    ■罪悪感なんて持つ必要はない!
    「やめなきゃいけない、してはいけないと思いつつやめられない」と苦しんでいる女性もいるようですが、“セルフプレジャー”はセルフだからこそ誰にもバレません。私からすると「してはいけない」と思い込むことで、自身の快感を高めているとしか思えない(笑)
     
    何より男性は女性に奥ゆかしさを 求めると同時に、エッチな一面も求めるのです。女性の一人エッチ物のAVがどれほど販売されていると思いますか? また風俗で働いているとき、何度お客さんからリクエストされたことか……。
    気に病む必要など、これっぽっちもないのです!
     
    ■最後に
    女性の“セルフプレジャー”に対する概念が変わりつつある証拠として、男性向けのオナニーグッズを扱うメーカーからも多数の女性用の“セルフプレジャー”グッズが販売されています。
    自分ではどうしても気持ち良くなれないと言う女性は、このようなグッズを使うこともオススメ。今は配送に注意を払ってくださるサイトも多いので、手軽に購入することが出来ますよ。
     
    メリットばかりを書きましたが、もちろんデメリットもあります。道具を使うのなら清潔にしておかないと予期せぬトラブルに合う可能性もありますし、長い爪で触れていれば炎症を起こすこともあります。
    “セルフプレジャー”をするのであれば、清潔第一を心掛けましょうね。