TOP > イククルコラム > 『元風俗嬢のエロテクBOX』女性の心と体を癒すプロってご存知?

『元風俗嬢のエロテクBOX』女性の心と体を癒すプロってご存知?

  • 2014年10月06日  本田 あい  



    好きな人も恋人もセフレもいない一人きりの夜。
    電話をすれば家族や友達と繋がるけれど…それはもちろん楽しいけれど…。この寂しさを紛らわしてくれるのは異性だけってコト、ありませんか?
     
     
    ひとり寂しい夜。男であれば風俗へ行って人肌を感じたりすることが出来ますが、女性には寂しさを紛らわせる場所がありません。「出会い系サイトに行けば、相手はすぐに見つかるでしょ?」って男性は言いますが、男性が風俗で好みの女性を指名するように、私たち女性だって肌を合わせる男性は選びたいのです!
    また、容姿やスタイルに優れた若い女性であれば相手はすぐに見つかるかもしれませんが、そうでない場合は正直言って絶望的! 風俗を引退した今、お金を払えば人肌に触れることが出来る男性を羨ましく思うことが時々あるのですが…、日本の風俗産業って本当に凄いんですよ。
     
    ■女性用風俗って何?
    私はいつも「男はお金さえ払えば、どんなにブサイクでも年を取っていても、若い女と遊べるんだからいいよね!」と愚痴っています(笑)。それを知っている風俗店の経営者さんがある日、一人の男性を飲み会の席に連れてきたのです。話を聞くと、彼は“女性用風俗店(出張ホスト)”で働いているとのこと。馴染みのない言葉に首をかしげると、「女性もお金を払えば、若い男性と触れ合うことが出来るんだよ」と教えていただきました。
     
    女性用風俗は、男性用風俗とは違い“性欲処理”に重点を置いていません。お客さんが望めば体の関係を持つこともあるそうですが、ほとんどは添い寝をしたり一晩中愚痴を聞いたりと、“癒し”がメインの内容が多いと言います。
    料金も極端に高いわけではなく、男性用風俗と同額くらいなので、ホストにハマるよりかは経済的にも良いのではないかと思います。
     
    ■女性には、ただぎゅっと男性に抱かれて眠りたい夜がある
    女性用風俗で働いている彼が仕事内容を私に話してくれている時、男性用風俗店の経営者さんは「わからない」と何度も言いました。「添い寝をしてくれたり、愚痴を聞いてくれるだけの相手に1万も2万も払う女がいるのか?」と…。確かにムダな行為にお金を払っているように見えるかもしれませんが、何の見返りも求めず自分を癒してくれる男なんていないってこと、女性ならわかりますよね…。
     
    男性は基本的に女性の長い話を嫌がります。体の関係を持つ前や付き合い始めのころは優しく耳を傾けてくれたとしても、付き合いが長くなればなるほど話を聞いてくれなくなります。メールやLINEも適当になりますし、そうなれば女性は話すことを諦めるしかありません。
    また、性的な意味などなく、ただぎゅっと男性に抱かれて眠りたい夜があっても、それを許してくれる男性はいませんよね。体の関係を求められた挙句、行為が終われば興味を無くしたように眠ってしまう…。それがどんなに女性の心を寂しくさせているのか男性は知りませんし、考えもしないのでしょう。
     
    女性用風俗で働いている男性は、お金という見返りを求めはしますが、女性の心理をよく知っています。実際、男性用風俗店の経営者さんと話すより、すごーく楽しかった(笑)
    それなりに容姿にも優れていますので、ナンパされた男性と寂しさを誤魔化すかのように一晩を過ごすよりかは、確実に“当たり”だと思いますよ。
     
    ■女性用風俗店を利用する人は、どんな人?
    実際、どんな女性が女性用風俗を利用しているのか気になった私は彼に尋ねてみました。外見的にモテないだろうという人も利用するようですが、すぐに素敵な彼氏が見つかりそうな人も多く利用なさっているそうです。年齢も大学生から50代の主婦まで多種多様。そのすべての女性に対して平等にサービスするという彼…。
    確かに風俗嬢も、男性の容姿や年齢によってプレイ内容を変えたりはしないので(テンションは違いますが。笑)、容姿に優れないせいでイケメンに微笑まれたことがない人も、美人でイケメンにもてはやされている人も“平等”なのが嬉しいですよね。
     
    なにより彼らは、素晴らしいテクニックを持っています。風俗店に“男性をイカせるマニュアル”があるように、女性用風俗にだって“女性をイカせるマニュアル”があるのだそう! いくら避妊をしたとしても、セックスによるリスクを背負うのは女性側ですので、最後まで彼とセックスするのかどうかは女性客次第だそうですが…プロのテクニックとは如何ほどのものか体験してみるのも良いかもしれませんね。
     
    ■最後に
    ネットで検索すると、女性用風俗店がドンドン増えているのがわかります。それは“女性にとって素敵な男性”がいかに少ないのかを物語っていると思いますが…、“女性にとって素敵な男性”は“女性にとって都合の良い男性”であり、女性の理想を求められる男性の辛い心理も理解しなくてはいけません。
     
    それでもやっぱり、自分を癒してくれる男性に出会いたいのが女心というもの! イケメンに優しく癒されたい人は、女性風俗を利用なさってみてはいかがでしょうか?