TOP > イククルコラム > 『元風俗嬢のエロテクBOX』男性が理想とするバストと現実

『元風俗嬢のエロテクBOX』男性が理想とするバストと現実

  • 2015年01月15日  本田 あい  



    男性はおっぱいが大好き★…ってことを世の中の女子は知っています。だからこそ、自分のバストに対する悩みが次から次へと溢れてくるんですよね。
    けれど案ずることはありません!男性が理想とするバストを持っている女性なんて、本当に稀ですから(笑)
     
     
    若い男性は『理想のバスト』を追い求めるかもしれませんし、デリカシーのない一言を発することもあるでしょう。しかし男性も次第に理想と現実を区別し始めます。外見よりも中身重視というのでしょうか…?風俗でも年若い男性はスタイルや容姿を重視して指名しますが、次第に性格の合う人・安らげる人・プレイの好みが合う人を指名するようになります(もちろん、風俗だからこそ理想の女性と遊びたい!という人もいますよ)
     
     
    ■男性が理想とするバスト
     
    雑誌やネットでは、男性の理想として以下のようなことが書かれているのをよく見ます。
     
    ★白くてツヤのある肌質
    ★最低でも片手に納まるくらい。理想を言うなら片手に余るくらい
    ★触り心地は柔らかくてフワフワ
    ★乳首の色は薄いピンクで小さめ
    ★乳輪も薄いピンク&小さめ
     
    『美乳』の条件
    ★大きさの理想=身長×0.53
    ★バストの黄金比率=鎖骨と鎖骨の真ん中から左右のバストトップを結ぶラインが正三角形になる状態
     
     
    ■でも現実は…?
     
    上記の条件と自分のバストを比較してみると…、私はとてもじゃないけれど男性に裸を見せることなんてできません!体を売ってお金を稼いでいる風俗嬢のバストだって、男性の理想からグッとかけ離れている人ばかりです。
    グラビアアイドルや人気AV女優のバストは『男の理想』そのものですが、本当に稀。だからこそ『高額な商品』となるのです。風俗で働いている女性の中には「もっと胸が綺麗ならAVでガッツリ稼いだのに」なんて言う子も結構いるんですよ。なのでバストで稼いでいる女性のバストと自分のバストを比べて、ガックリと落ち込んでいる方が間違い!
     
    『男が理想とするバストはコレ!』という記事を鵜呑みにしすぎると、自分の首を絞めるだけではなく、恋愛自体が出来なくなります。現実を知りたいなら若い女性の多い温泉(プールに付属しているスパ・リゾート系の温泉)に行って、上記の条件に当てはまる女性が一体何人いるのか数えた方が良いでしょう。1人見つかれば良い方だと思いますよ。
     
    そもそも男性だって「“おわん型”のバストが理想!」と思い、服の上からバストを想像→現実を見てガックリ→次の女性こそ理想のバストをしているはず!→ガックリ→次こそ!→ガックリ…を繰り返して「性格の良い子がいいや」と思うようになるのかもしれません(笑)
    また、もっと恐ろしい例をあげるならば、女性は年を取るとバストが垂れてきます。乳首の色も黒ずみますし、何より出産をすれば…授乳をすれば……。バストで男性の気を引いた女性の方が、後々辛い思いをすることになるかもしれませんよ?
     
     
    ■バストコンプレックスを武器に
     
    それでも男性が理想とするバストに近付きたい!という思いから、サプリを飲んだりエステに通ったりマッサージに時間をかける女性も多いようです。努力することは立派だと思うのですが、男性が理想とするバストばかりを追って大金を使うのはチョット…と思います。
    というのも、私は本当にバストに自信がなく風俗の面接時にアレコレと説明しました。「実は私の胸は小さいんです。乳首はアレだし、カタチはこうで…」と詳しく(笑)。それでも採用してもらえましたし、実際に2000人ほどの男性に裸を見せてきたわけですが、トラブルになったことはありませんでした。
     
    陥没乳首の子・胸と胸が外に向いている鳩胸の子もいましたが、私と同様に働いていました。「実は私、胸にコンプレックスをもってて…」と恥ずかしがる仕草がツボという男性もいますし、なにより男性自身も自分の体にコンプレックスを持っている人も多く、そういう人からすると、コンプレックスを持っている女性の方が安らげるようです。
     
     
    ■豊胸ってどうなの?
     
    風俗には数人、豊胸手術をしている女性がいました。手触りも自然ですし、本当にカタチがよくて『男性の理想』そのものだったので豊胸手術に憧れる風俗嬢が多かったことを覚えています。今は乳首の色をピンクにするクリームもあるし、陥没乳首を治す手術もあるし、バスト脱毛なんていうものもあるんですよ。
     
    しかし風俗店からは「なるべくバストに関する手術はしないでほしい」と言われていました。整形はOKなのに豊胸はNGなのです。「お客様にバレるんですか?」と尋ねるとそうではなく、「個性がなくなるから」だとか。「いろいろな顔の女性がいるように、いろいろなバストの女性がいる。それ自体が男性の理想でありロマン」だそうです…。私はこの言葉の意味がいまだによくわかっていないのですが、不況の最中にありながら店に多くのお客さんを呼び込んでいたオーナーが言うのですから、間違いないと思っています。