TOP > イククルコラム > 『元風俗嬢のエロテクBOX』究極の愛情プレイ★ソフトSMはいかが?

『元風俗嬢のエロテクBOX』究極の愛情プレイ★ソフトSMはいかが?

  • 2014年09月11日  本田 あい  



    何だか怖そうなセックスプレイである“SM”ですが、そこに“ソフト”という言葉を付け加えるだけで、8割の女性が興味を示しています。
    目隠し☆手首の拘束☆ローター☆言葉責め! お気に入りのプレイを見つけた後は、パートナーと楽しんでみてくださいね。
     
     
    パートナーにムチでパシーンと叩かれたり、ロウソクを垂らされたり、「跪いて足をお舐め!」と命令されたり、野外で露出を強要されたり……。痛くて苦しくて恥ずかしいことが“SM”だと思っている人がとても多いのですが、実は“SM”はお互いを知り尽くしたパートナー同士でなければできない究極のセックス!
    今回はその“SM”よりももっと手軽に楽しめる“ソフトSM”について語らせてもらいます。
     
    ■SとM
    近頃では、ごく一般的に使われる用語でもある“S”と“M”。責める方を“S”、責められるを“M”と呼びます。“SM”をよく知らない人にとっては、『“S”はただ単に“M”を苛めればよい』と思うかもしれませんが、それは大間違い!
     
    確かに“S”の思うがままにセックスは進み、“M”はただひたすら受け入れるという形であることは否定しませんが、精神面を考えてみてください。“S”の人は“M”の人に感じてもらうためだけに様々な手法を凝らして責め、またその快感を引き出すために“M”の細かい心理を読み取る努力も必要となります。
     
    一見、主導権は“S”が握っているように見える“SM”ですが、“M”の人が感じなければ“SM”は成立しません。実際のところは“M”がすべての主導権を握っているということ。その本質を見誤れば、“SMプレイ”はただの暴力にしかならないのです。
     
    ■ソフトSM
    400人の女性に『SMプレイに興味があるか』というアンケートを実施した結果、約8割の女性が「興味がある」と答えています。
    目隠し、手首の拘束、ローター、言葉責め…。これらも立派な“SMプレイ”のひとつ。マンネリ防止としてセックスに取り入れているカップルもたくさんいるようです。
     
    ☆目隠し
    「自分は何も見えていないけれど、相手にはすべて見られている」という精神的な羞恥が前提となるプレイですので、いつもより照明を明るくしてプレイしてみましょう。
    最初は手のひらで相手の目をふさぐだけでもOKですが、アイマスクは簡単に手に入れることが出来るのでオススメ! なによりベッドサイドに置いておいてもおかしくないアイテムなので、「そうだ、これ使ってみない?」とちょっとイタズラを思い浮かんだスタンスで彼に提案してみましょう。
     
    ☆手首の拘束
    手や足の自由を奪われると不安になりませんか? 自分が持つ自由をすべてパートナーに譲り渡さなければならない拘束プレイは、信頼できる相手としかできない行為です。
    自由を奪われたうえで与えられる快感は、いつもと同じであってもまったく違うもの。目隠し同様、手でパートナーの手首を拘束するのも良いですが、ネクタイやタオルなどで簡単に拘束できるので気軽に遊んでみてほしいと思います。
     
    ☆ローター
    風俗界では定番オプションであるローターは、目隠しや手首の拘束と比べるとちょっとハードなプレイかもしれませんね。でも本当にロータープレイは男性から人気のあるオプションですので、あなたの彼氏が興味を持っていても不思議はありません。
    しかもね、私…ローターが付属されている雑誌(BL系マンガではありますが…)を発見したことがあります。大手ディスカウントストアにて、ジョーク商品としてローターが売られているのを見たことがありますし、スマホからローターアプリをダウンロードすることも可能ですよ(笑)。ぜひぜひ、ロータープレイをパートナーと楽しんでみてください!
     
    ☆言葉責め
    男性に「言葉で責めて」とお願いした場合、ほとんどの人が「メス豚」「淫乱」という言葉を使って責めてきます。私はいつも「そうじゃねーー!」と心の中で叫ぶのですが…、それが言葉責めプレイの難しさでもあります。
    “S”が“M”の体を自分好みに調教するように、“M”だって自分好みの“S”となるように調教するべきだと感じた一瞬ですね(笑)。
    激しい言葉で責められたい女性もいるでしょうが、“ソフトSM”に少し興味をもつ程度の女性であれば「いつもより濡れてる」という言葉と共にちょっとした焦らしを与えてほしいという感じでしょう。
    普段から「私、いつもより濡れてない?」「どうしたの?今日はいつもより感じる」という言葉をあなたが口にして、彼に「確かにいつもより濡れてる」という言葉を言わせることにより、次第に彼もそういう言葉を発するのが自然なんだと思い込んできます。
    セックス中に言葉でのコミュニケーションを取れるカップルは、お互いの快感を高め合うことが出来ます。まずはあなたから積極的に言葉を発してみましょう。