TOP > イククルコラム > 【ねむみの切り捨て御免】下心があってもいいじゃない!

【ねむみの切り捨て御免】下心があってもいいじゃない!

  • 2014年07月29日  安眠亭 ねむみ  



    「下心がある人は嫌だ」という人が多いよね。逆に「自分の中にある下心が嫌になる」っていう人もいるけれど、下心ってそんなに毛嫌いする必要はないと思うんだよね。「下心」から始まる恋愛があったっていいじゃん。

     

    ・下心が不快に感じられた学生時代

    グラマーな私は、高校時分からその頭角が現れ始めていたんだよね。中学の頃は全然そんなことなかったのに、高校生になってから急成長。4サイズぐらい急に大きくなって下着を買い換えるのが大変だったよ。高校入学当初とサイズが全然違うから、制服のバストサイズが合わなくてやたらめったらに胸が飛び出ていたわけ。

    高校といえば、男女問わず性に多感な時期じゃん。そりゃもう同学年の男子生徒からの視線を痛いほどに浴びていたね。学内で「なんか胸がでかい奴」って感じでちょっとした有名人になっていたほどだよ。学内でもそんな感じだから、通学で乗るバスや電車の中でもサラリーマンのおっさんに舐めるように見られたりもした。何回も痴漢にも遭ったし、そのせいで胸が大きいのがコンプレックスになった。自分の大きな胸に向けられる男性の露骨な下心に不快感しか抱かなかったな。「性の対象として見られる」ことがとてつもなく嫌だった。

     

    ・ビバ☆下心となった暗黒ビッチ時代

    そんな純粋な私も、歳相応に、いやそれ以上の多くの男性と体を重ねていくうちに自分の大きな胸を武器にしていくようになったんだよね。その武器が大変役に立ったのが暗黒ビッチ時代の頃。胸元が大きく開いた服を着て、1人でお酒を飲んでいるだけで男性が声をかけてくるんだもん、私がビッチになれたのは私の大きな胸さまさまだったと思う。かつては毛嫌いしていた異性の下心を逆手に取り始めたってわけ。そりゃ何回も痴漢に遭って嫌な思いしていたらコンプレックスにもなるけれど、それさえ突破したら「そんなに男が胸の好きな生き物だってんなら、それで男を釣ってやろうじゃん」ってある意味吹っ切れたね、私は。

    でも、メンヘラをとことんこじらせた時は性欲すら無くなっちゃってさ。自分は胸で相手を釣るけれど、私自身は性欲がこれっぽっちもないわけで。そのうち、派手な露出度の高い服も着なくなって、家に引きこもりがちになって。最終的には異性が欲しいとすら思えなくなっちゃったんだよね。異性に必要性を感じなくなったせいで、恋もしたくなくなった。そんな経験をしたこともあって、「相手に下心を抱けるのは健康な証拠なんだ」って思えた。「ヤりたい」ってのは健康だからこそ抱ける感情、それに性欲なんて人間の欲求なんだから下心は抱いても仕方ない感情なんだってね。そりゃもちろん訳の分からないおっさんに下心を向けられたら不快に感じるよ。でも、自分自身が下心を抱くことや、「良いな」って思う異性に対して下心を抱くことは決して悪いことじゃないんだっていう考えに行き着いた。

     

    ・「下心」を向けられるのは魅力があるからこそ

    それにね、下心と言えども誰彼に対して芽生えるものじゃないよ。少なくとも自分の中にある何らかのレーダーに引っかからない限りは発生しないんじゃないかな。だって私も中年の太ったおっさんに下心なんて芽生えないし(笑)。下心を向けられるっていうのは、「この人とセックスがしたい」あるいは「この人とならセックスができるな」って判断されたってことだと思うんだよね。それって恋愛ですごく大事。異性としての魅力を感じられるってのは、本当に恋愛を発展させる上で重要になると思うんだよね。だってさ、どうして恋愛するかって言うと突き詰めれば「セックスをして子孫を残すため」じゃん。それをしたいって思えるのは、素敵なことじゃない?逆に、「この人とセックスするなんて無理」と思える人と恋愛ができるかよって話だし。だから、下心から始まる恋愛は全然アリだよ。

    ビッチは「ふしだらだ」と嫌われる人種だからかもしれないけれど、女性は下心をやたらと隠したがるし、下心を向けられることを極端に嫌う印象がある。でも、下心を抱くことは全然悪いことじゃないし、むしろ「この人とセックスがしたいな」と思えるほどに相手に惹かれている証拠でしょ。下心を向けられているってことは、「セックスがしたい」と本能的に相手が魅了されてる証じゃん。そんな下心を真っ向から否定するのは、少し勿体無いよ。それから始まるかもしれない恋のチャンスを逃すことにもなるし。

     

    ・下心に素直になると楽しい

    正直、もうすぐ旦那になる今の彼氏と初めて会った時には「この人とセックスしたいな」って思ったよ。最初は割とその感情の占める割合が多かったけれど、セックスするために仲良くなろうとするうちに彼の人間性とかに惹かれちゃってさ。下心がきっかけだったけれど、結果的には結婚しようかっていう幸せなところまで来たわけで。下心がきっかけで人を好きになってもいいよ。それに下心を抱けるのは人間として健康で正常ってことなんだし、下心がある自分を否定するのは良くないよ。

    むしろ下心のせいで自分や人を嫌いになるのは、勿体無い。だから、下心も立派な恋愛感情として受け入れると一層ハッピーな恋愛ができるよ、少なくとも私はそうだった。下心で始まる恋愛も、良いし最高だよ?